スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スターダストクルセイダーズ

 書斎に隠りっきりだと「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダーズ」をなかなか視聴できないので、ニコニコ動画のポイントを購入してみました。
 かなり良く出来ていますね。
 作画も違和感ありませんし、よく動きます。
 二十五年経ってようやく当時の荒木先生の作品をアニメに出来る所まで技術が追いついた訳です。
 感慨深いものがありますね。

 「黄金バット」のときもそうでしたが、こういう作品は他の視聴者のコメントを眺めながら見ると楽しさが増します。
 こんな時代が来るなんて当時は考えもしませんでした。

 第一話でスタンド登場時に「ペルソナ?」というコメントがありましたが、あれはゲームのほうがスタンドをパクったものです。
 ゲーム業界もそうですが、「ジョジョ」が他の作品に与えた影響は小さくありません。
 キャラクターデザインなどは置いておいても、漫画では特に「能力バトル」と言われるジャンルを確立したのが大きいですね。
 業界で長いこと不治の病とされていた「強さのインフレ」を克服できたんですから。
 抗生物質が登場したくらいのインパクトはありましたよ。

 まあでも、未だにこれに苦しんでる作家さんはいますけど。

 その「ジョジョ」も「北斗の拳」が無かったらおそらく無かったでしょう。
 そんな漫画の歴史をリアルタイムで見て来たのは幸運だった…んですかね。
 幸運だったと思うほうがお得かもしれません。

 ヒット作が時代を生むのか時代がヒット作を生むのか。
 この辺はよくわかりませんが、ヒット作が生まれるのにはその作品を受け入れる土壌みたいなものが用意されているという気がします。
 「ドラゴンボール」を生んだのは、「ジャッキー・チェン」のブームでしょうし。
 「沈黙の艦隊」の大ヒット時はアメリカに対する反感みたいなものがありました。

 この土壌が見えるようになると漫画家は楽なんだろうなあと思います。
 そんな土壌どころか、最近は原稿用紙の線も見えません。
 いや、老眼とかそういう訳ではなく「絵の引くべき正解のライン」が見えないんですよ。
 若い時は見えてたような気がするんですが。

 なんか寂しい話になってしまいましたね。

 でも、「描けるもの」は年々増えていってるんですよ。
 連載用の企画会議とかに一度に二・三本くらいずつ出せるほど。
 年齢とともに増えるアドバンテージって、そんなことくらいしかないんですかね。
 人生の残り時間を予想して、あとどれくらいの作品が描けるのかなと考えたりもします。

 やっぱり寂しい話になってしまいますねえ。 
スポンサーサイト

自主規制

 「めちゃイケ」、小保方氏をパロディーに? 放送予告の「阿呆方さん緊急会見」がネットで物議

 『「STAP細胞」論文の不正疑惑に揺れる小保方晴子氏が、2014年5月3日に放送されるバラエティー番組「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)で笑いの「ネタ」にされるようだ。
公式サイトの次回オンエア情報で明らかになったもので、インターネット上では問題視する声も少なくない。』


 結局放送されなかったみたいですが、先月の「いいとも」最終回のテレフォンショッキングで、たけしさんが佐村河内氏はいじっても小保方氏はいじらなかったのをご記憶でしょうか。
 共に旬の話題でしたが、たけしさんは「小保方氏では笑いは取れない」と判断した訳です。
 こうしてみるとやっぱりその嗅覚は正しかったということでしょうねえ。

 いえ、私は現在STAP細胞に関しては様子見と言うか、かなり懐疑的に見ているんですが、それは別としてこのネタが「有りか無しか」と聞かれれば「有り」ですかねえ。
 例の「美味しんぼ」の件に関しても、有り無しで言えば「有り」だと思うんですよ。
 表現て基本的に自由であるべきだと思うので。
 まあ時と場合、手段は考えたほうが良いのはもちろんでしょう。

 ただ、全ての意見とか表現が公正に発表する機会を与えられているならともかく、現実には資本力によって機会も規模も差が出て来る訳です。
 批判はその「不公正さ」にも向けられてるんじゃないかなと思ったりします。
 
 他には昔萩本欽一さんが言ってましたが、舞台で女性の芸人さんを叩いたり突き飛ばしたりするのは非常に難しいらしいです。
 例えば押されて倒れる時も、派手かつ痛くないようなリアクションが要求されるわけです。
 そうしないとお客さんが引いてしまうらしいんですよね。
 そんなことも思い出しました。
 
 *

 電子書籍で桜玉吉さんの「漫喫漫玉日記 四コマ便」を購入しました。
 なんとかこのまま復活して欲しいんですが、何かの拍子にまたガクンと行きそうな綱渡り感が。
 励ますとかえってまずいような気がするので、購入して応援します。
 

「いいとも」終了

 「せいぜい3年といわれ」「おれはタモさんだけ駄目になればいいなと…」

 『3月31日、フジテレビ系バラエティー番組「笑っていいとも!」の最終回のテレフォンショッキングのゲストとして登場したビートたけしさん。司会のタモリさんが普段通り「今日のゲストはビートたけしさんです」と紹介すると、会場は一気に盛り上がった。』

 いやあ、たけしさんの表彰状冒頭「すべてゴーストライターが書いたものであり私は一切関係 ないことをご了承ください」
でもう爆笑です。
 毒舌でありつつも、全体としてギリギリ感を守ってるあたりさすがのバランス感覚。
 私もこういうつつき方が出来るようになりたいと思います。

 例えば旬の人間を扱うにしても、小保方晴子氏じゃなくて佐村河内氏の方を持って来るでしょう?
 私的な感想なんですけれど、ここで小保方氏のほうをつついてしまうと、笑っていいのかどうかわからない微妙な雰囲気になってしまうと思うんですよ。
 
 この辺は事件の性質の違いとかいろいろありますが、最終的には「嗅覚」だと思うんですよね。
 自分の発言に対してどんな反応が還って来るかを予想する勘の良さ。
 いえ、単に勘の良さなのか観察や勉強の成せる技なのかはわかりませんが、この鋭さがあればこそ何十年も芸能界の第一戦でやって来れたんだろうなと思います。
 「それを聞いたとき私はショックのあまり耳が聴こえなくなりました 」とか「私は思わず聴こえなかった耳が回復し」のくだりなんて、私は怖くてとても使えないフレーズです。

 でもやっぱり、滑舌は衰えられましたねえ。 
 DVDの「北野ファンクラブ」なんかであの全盛時のマシンガンみたいな話し方を聞いていると、やっぱりちょっと寂しいです。
 
 一方のタモリさんは32年間、本当に変わりませんねえ。
 子供時代の私にとって、タモリさんは「オレたちひょうきん族」とかで目にすることの多かったたけしさんやさんまさんと比べて、「いつの間にか大御所になっていた不思議なタレント」でした。
 最も、当時のタモリさんは眼帯やサングラスの特異な風貌が漫画で描かれることが多く、存在の認知はしていたんですけどね。
 主な活動の場が深夜番組だったから、漫画家はよく見ていたんですかねえ。

 80年代は日本中が笑うことに貪欲な時代でした。
 その象徴が「いいとも」であり「ひょうきん族」であり「フジテレビ」だったのだと思います。
 今、その時代がひとつ終わりを告げたということでしょう。
 32年間、お疲れ様でした。
 願わくは、次の時代がもっと「心から、明るく笑える」時代であると良いですね。

 *

 日本の調査捕鯨は条約違反 国際司法裁判所
 
『【ハーグ=宮下日出男】反捕鯨国のオーストラリアが、日本による南極海での調査捕鯨は国際捕鯨取締条約に違反するとして中止を求めた訴訟で、国際司法裁判所(オランダ・ハーグ)のトムカ裁判長は31日、日本の調査捕鯨は「研究目的ではない」と述べ、条約違反と認定、今後実施しないよう命じた。』

 う〜ん。
 今後竹島問題や、いわゆる従軍慰安婦問題にも影響を与えそうな判決ですね。
 
 まあ私も、現在の調査捕鯨の有り様は中途半端だと思います。
 ノルウェーやアイスランドのように堂々と穫るか、すっぱりやめるか、どちらかにすべきではないでしょうか。
 

黒子のバスケ

 「作者にやっかみ」大阪・東成の派遣社員を送検 威力業務妨害容疑

 『渡辺博史容疑者は、逮捕時に「ごめんなさい。負けました」などと供述。昨年10月以降、500通に上る脅迫文を関連施設などに送りつけたことを認める一方、「黒子のバスケ」作者の藤巻忠俊さんと面識はなく「漫画で成功した作者にやっかみがあった」と供述しているという。』

 負けるも何も最初から「勝敗」で語るような事象ではないし、作者の藤巻さんもこの人がやっかみを感じるようなレベルには居ない人じゃないかと思うんですがねえ。 
 これから民事でもとんでもない額を請求されることになると思うんですが、どう考えても賠償の支払い能力は無さそうですね。
 私も最初からそんな大層な人物がやってるとは思ってませんでしたが、まったくもって絡まれ損というか、災難としか言えません。
 昔からこの業界には「アンチは最も熱心な読者」なんて言葉がありますが、こういうのが出て来るとそうも言ってられませんねえ。

 今回の件では脅迫を受けたお店が、店頭からコミックスを撤去したりしたことも問題だったと思います。
 規模はショボイですが、この男のやったことは紛れも無いテロ活動であり、日本社会が意外なほどテロの恐怖に弱いことを見せつけてしまった。

 今後様々な模倣犯が出て来そうですね。
 困ったものです。

ファンロード復活

 防空識別圏を設定して一日も経たずに腰砕けとなった中共に、乾いた笑いが出て来る今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
 自分も心当たりありますが、小心者を追いつめると暴発の危険性があるのでここで煽るのは自重しましょう。
 中共のこの失敗は今後ターニングポイントとなるかもしれません。
 
 *

 古のマニア雑誌、「ファンロード」が復活したようですねえ。
 と言っても電子書籍ですが。

 http://www.miragepress.net/index.html 

 あとで買おうかなと思ったけれど、90年代に入って自分の嗜好とズレを感じるようになって購読をやめた雑誌ですからねえ。
 今読んで楽しめるのかな?

 結局漫画・アニメ業界のパワーダウンと合わせて勢いも無くなり、休刊となりました。
 同人活動を別にすれば、当時はマニアの情熱の捌け口ってこういう読者投稿型雑誌しか無かったんですが、現在はネットがありますからねえ。
 でもこの雑誌、私の人生に結構影響を与えた気がします。

 一度くらい投稿とかしてみれば良かったかも。
 「台湾ゲゲボツアー」とかにも行ってみたかったなあ。
 
 *

 電子書籍版「最後のレストラン」の一巻が結構売れて、スタッフのパソコン代くらいになりそうです。
 ありがとうございます。
 これで作業が楽になると良いですねえ。
 
 さらに仕事は続きます。
来訪者数
愉快な仲間たち
プロフィール

藤栄道彦

Author:藤栄道彦
漫画家 藤栄道彦です。
月刊コミックゼノン
「コンシェルジュ
 インペリアル」

月刊コミック@バンチ
「最後のレストラン」

くらげバンチ
「妖怪の飼育員さん」
連載中です。

「コンシェルジュ」全21巻
「コンシェルジュプラチナム」全10巻
「コンシェルジュインペリアル」1〜4巻
「最後のレストラン」1〜8巻
「妖怪の飼育員さん」1巻
発売中。

Twitter「@michihikotoei」
michihiko1971@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。