スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い込んだら試練の道を

 行くが男のド根性。

 園田監督が辞意表明「誠に申し訳ない」

 『ロンドン五輪の代表を含む柔道女子の国内トップ選手15人が、園田隆二代表監督やコーチから暴力やパワーハラスメントを受けたと告発した問題で、園田監督は31日、東京都文京区の講道館で記者会見し、今回の問題を謝罪した上で、責任を取って代表監督を辞任する意向を表明した。全日本柔道連盟に対し、会見後に進退伺を出す。』

 どうも日本のスポーツ界って、今だにこの手の「血の汗流せ 涙を拭くな」の精神論から抜け出せてない気がするんですよね。
 手塚師匠が唯一描けなかったジャンルがスポーツものですが、それは日本のスポーツものに欠かせない、封建的な上下関係とか、精神が技術や科学に優先されるという約束事に馴染めなかったという面もあるんじゃないかなと思います。

 スポーツ漫画に限らず、格闘漫画でも「馬鹿な!なぜ立って来れる」とか「精神が肉体を超越しているんだ!」なんて展開は枚挙にいとまがありませんし、怪我を隠して戦うとか肩が壊れても投げ抜くとか、非合理な事この上ありませんが日本人のメンタリティにはこれが一番響いて、共感できるようです。

 で、そういった精神万能論の裏付けになるのが「厳しい指導」であり「激しい練習」のわけですが、そういうのは漫画とかドラマの中だけに留めておいたほうが良いと私は思いますね。
 「的確な指導」と「効果的な練習」に勝るものはありません。

 「ウルトラマンレオ」の劇中ではダン隊長がゲンにいじめとしか思えない過酷な特訓を課す描写がありますが、フィクションの世界では必ず成功が約束されているから良いのであって、現実はそうではありません。

 レオの猛特訓は「レオしかいない」状態であり、「負ければ命は無い」からです。
 その戦いに全人類の命と未来がかかっているからこその地獄のしごきであって、レオを叱責するダン隊長には、そのことを自覚しろとの…って、あまりそこばかり掘り下げても仕方ないですね。
 
 アマにせよプロにせよ、体罰なんて必要ありません。
 やる気がない選手は排除すれば良いし、やる気がある選手は放っておいても勝手に伸びます。
 結局の所そういう所も含めて資質としか言えません。

 私が唯一体罰とか鉄拳制裁の効果として挙げられるのは、「忘れない」ことですかねえ。
 私が両親とか先生に殴られたり叩かれたりしたことって、ほとんど覚えてますし。
 痛みと一緒に覚えた記憶って忘れないものです。

 でも本当にそれだけですね。
 「殴ってくれた事に感謝」なんてした事がありません。

 うちにも今まで何人か未経験のアシスタントさんに来てもらいましたが、怒鳴ったり殴ったりする必要性を感じた事はありませんねえ。
 私は「何が問題なのか」「どうすればいいのか」口で指摘できますし。
 でも、何度言ってもわからない人は自然に呼ばなくなりますから、考えようによっては一番厳しいのかもしれません。

 *

 コミックゼノンの新年会で、カステラのお土産をもらいました。

 2013-1-30.jpg

 今週はなにやらお菓子がいっぱい溜まって行きます。
 誘惑に打ち勝つのが大変。
スポンサーサイト

コミックゼノン新年会



 昨日行われたコミックゼノンの新年会に参加して来ました。
 
 いや、のんきに参加していられる進行ではないのですが、この機会を逃すとまた一年ご挨拶もできないような作家さんもいますし、新人の作家さんとか新人賞をとった漫画家志望者さんとか、作家陣と顔を合わせるために来られてる人もいるんだと思うんですよ。
 ですので必ず参加するようにしています。

 今年で連載開始・プロの漫画家としてデビューしてから十年になります。
 当時は32歳。当時の「週刊コミックバンチ」の中では若手でも、気づくといつの間にか「ゼノン」「バンチ」どちらでも中堅のベテラン作家になっています。
 よくここまでやって来れたなあと思うと同時に、また今年一年をなんとか乗り切りたいものです。

 いくら描いても自信とか確信みたいなものが持てる稼業ではありませんが、描けるうちはあれこれ悩まず全力投球。
 どこかで「十周年記念作品」みたいなものが描けると良いですね。

 今回はナイト2000での参加。
 ホテルの地下駐車場が思いのほか狭く、縁石にタイヤを接触させるという初めての体験。
 来年はリベンジしてやるからな、覚えとけ。

 *

 現在のナイト2000の内装です。

 2013-29-1.jpg

 一昨年末の状態と見比べてみて下さい。
 
 2011-12-31.jpeg
 
 2013-1-29-4.jpg


 ダッシュボードやハンドル、コンソール類の形が整えられ、つや消し黒で塗装されています。
 メーターの化粧板も、ぐっと良い表情を見せてくれるようになりました。

 2013-1-29-3.jpg

 ロアコンソールのパイロットランプの一部不点灯は、玉が切れていただけだったようです。
 LEDを交換したら復活しました。

 ハンダで指を火傷してしまいましたが。

ナイト2000を作るというのは

 人生に似ている。
 三歩進んで二歩下がる。

 なんか作業が膨大過ぎて、時折哲学的な感傷にさえ捕らわれます。
 今日は午前中に埼玉のTen-Oneさんまで出向き、車を引き取って来ました。
 時間が無いので写真などはあとでアップしますが、パッと見は格段にレベルアップしました。
 しかし、細かく見ていくと問題点は山積みです。

 懸案だったスピードメーターは、きっかり実際の速度の半分で表示されます。
 これはパルスの調整で行けそうなんですが、なぜか速度が30kmくらいにならないとメーターに表示されません。
 基板をお願いしたショップさんのお話では、ミッションからの信号がパルス化されておらず、電圧の変化が遅いためではないかとのお話でした。
 これは回路を新造してくれるとの事なので、ひとまずお任せ。

 まあでも、帰りの運転中、表示は半分でも正確に数字が出てくれるとすごく安心感ありました。
 以前のメーターはメチャメチャでしたからね。
 レプリカ乗りは皆モヤモヤした気持ちを抱えつつ運転しているのかもしれませんが、もう一息で完璧なスピードメーターが出来上がります。
 GPSレーダーと見比べてもあまりに正確な表示に驚きました。
 これなら車検にも対応できるはず。

 それからロアコンソールのパイロットランプ。
 LEDが幾つも並んでいる、電力をただ消費するための装置。
 このランプがふたつほど点いていません。
 全部点灯させるのにどれだけの大電流使うねんという話です。

 並列で並べていればそれほど電力はいらないはずだと思うんですが、あちらさんのモノ作りっていい加減ですからねえ。
 まあこれもそのうち新造する必要があるかもしれません。

 おまけにダッシュボードの表面にに一部ひびが入ってしまいました。
 パテがうまく硬化してなかったのかな。
 時間さえあれば自分で直せない事もありませんが、せっかく作ってもらったばっかりなのに。

 現在の完成度は七割といった所です。
 一割上がったので、まあ良しとしましょう。
 
 *

 現在コミックスの作業中。
 「最後のレストラン」は表紙に結構時間がかかります。
 コミックスもそうですが、各話の扉絵も大変なんですよね。

漸近線



 ほら、どんどん座標軸に近付くというあれです。
 いくら近付いても決して交わらない。
 現在のナイト2000はそんな状態です。
 いつまで経っても軸(完成)に届かない。

 今回新たに不具合が発生したのはこのカウントダウンゲージ。
 劇中では奥のほうから順次四つのゲージが転倒していきます。
 ところが、四つ目のゲージが点きません。
 漫画で言うなら「起承転結」の「起承転」まで来て、オチが空白、そんな感じ。

 このゲージは劇中にイメージが近いので、私がe-bayで購入したんですけどね。
 以前のものとは幅が違ってたらしいんですよ。
 Ten-Oneさんでわざわざ幅に合わせて設置する溝を整形してくれたんですが、作り直す事になったら整形してもらった意味が無くなってしまうような気が。

 いや、それでもLEDの交換とかで済めばいいですが、基板とか回路の不具合の可能性もあります。
 向こうの基板てとにかく作りがいいかげんですし。
 なんでこうなるのかなあ。

 それでも…。

 2013-1-25-3.jpg
 
 以前より格段に完成度はアップしています。
 スピードメーター。

 2013-1-25-2.jpg

 回転計。

 2013-1-25-5.jpg

 この基板はレクトリック社、化粧板はジュピター社のものです。
 スピードメーターは穴の位置が合わなかったのですが、その他はだいたい流用が利きました。
 まあいずれもっと頑健なものに作り替えますが。

 車に載せてスイッチオン。

 2013-1-25-1.jpg

 ほ〜ら、点いてない(涙)
 そんなにLEDなんて簡単に切れるものじゃないだろうに。
 まさか作ったヤツがプラスとマイナスの端子を間違えているとか、そんなんじゃないだろうな。
 海外製品てそういう間抜けな事もあり得るからなあ。
 緑色の「NORMAL CRUISE」のランプもちょっと気合いが足りてないし、ここの基板も新造しないとダメかもしれません。

 2012-1-25-6.jpg

 これが今回の最大の目玉、KNIGHTOUEI式スピードメーターです。

 既製品では一番下に並んでいるのは、何の意味もない9桁の数字なのですが、時計と累積走行距離計にしました。
 こっちのほうが便利ですよね。

 まあ、すぐに完成してしまったら面白くないですよ。
 ライフワークとしてコツコツやっていきます。

 *

 今月号の「月刊コミックゼノン」に「コンシェルジュ プラチナム」28話掲載です。
 今回のお話は映画「レッド・ライト」とのコラボ企画になっています。

 初めての経験でしたが、こういうのも面白いですね。

うわあ…



 「さらに凄い事になっちゃったぞ!」

 俺は……夢でも見ているようだ……。
 どこの土産物屋のディスプレイですかって感じですね。
 お金持ちなら宝石やら高級時計やら並べられるんですが、今の私に可能なのはこんな所。

 しかもお目当てだった猫娘のストラップと来たら

2013-1-23-2.jpg

 微妙なコレジャナイ感が漂うのです。
 結局外して、今はスマートフォンをそのまま持ち歩いています。
 なんかスマートフォンの四角くて平べったい形に、ストラップは似合わない気がして来ました。
 今更そんなことに気がついたって、これだけのストラップをどうしよう?

 Amazonでは縁日でよく売られている、恐竜や海棲生物のゴムのオモチャなんかも大量にまとめて売られています。
 「小さいもの収拾マニア」にとってはたまりません。
 スーパーボールなんて三千円も出せば三百個くらい買えます。
 あれを風呂に浮かべて入浴を楽しむとかどうだろう。

 これなんかは100個入って2090円です。

 縁日すくい ミニ熱帯魚(50mm) 100個入り

 20,000円も出せば1,000個買えるわけですよ1,000個!





 買いませんけれど。
 でも、子供たちの施設を訪問する時にお土産として持って行くのはアリかなあ。 

 *

 元俳優・黒田勇樹が離婚調停へ 夫婦どちらがDVなのかドロ沼
 
 『「妻と息子を守るためこの半年間クチを閉ざしてきましたがさすがにこの『いともたやすく行われるえげつない行為』に対してクチを閉ざしているわけにはいられません」』

 芸能関係はあまり興味ありませんが、この『いともたやすく行われるえげつない行為』の一節にはちょいとクスリと来ました。
 D4Cですね。
 ドジャアア~~~ン。

 どこかに挟まないと発動しません。
 殴るのではなく、削り取って倒すと良いです。

 *

 本日から作業開始。
 「最後のレストラン」の第三巻は3月9日発売予定です。

うわあ



 「なんだか凄い事になっちゃったぞ」
 
 ああ、どうしてこんなことに。
 いや、猫娘のストラップがひとつあれば良かったのに、成り行きでこうなりました。
 だって、九つくらい入ったセットが千円しないんだもの。
 これでゲゲゲの鬼太郎ストラップに関しても修羅の道が開いたようです。
 困ったなあ。
 こんなにどうしよう?

 「フィギュアは増殖する」の法則にはまりつつあります。
 しかも結局スマートフォンに猫娘ストラップは付けられないという…。

 この「鬼太郎夜光根付」は蛍光素材で、暗闇でぼんやり光ります。
 だからなんだって話ですね。
 四十オヤジが集めるものじゃありません。

 いや、こういうのってひとつだけあればただのガラクタみたいなものですが、数を揃えたりコンプリートしてあるとなると、ちょっと意味や値打ちが変わって来るような気がしませんか?

 しませんか。
 しませんね。
 そうですね。

 どんどん書斎がカオスな空間になって行きます。

 *

 本日発売の「コミック@バンチ」に「最後のレストラン」15話掲載です。
 安徳天皇の後編。
 劇中で登場する「フレンチ風親子丼」は創作料理ですが、作れるとは思います。
 美味しそうなのでどこかで食べられないかなあ。

センター試験

 机の上がゴチャゴチャしてどうにもならないので、ノートパソコン用のアームを導入してみました。



 この位置だと、パソコン作業をしながらDVDも見られるわけです。
 机の上も広く使えて便利。
 アームを畳んだり伸ばしたりする動きも、ガンダムのコックピットの照準機を思わせていい感じです。

 *

 今日からセンター試験ですねえ。
 私が受けたときが、確か共通一次が廃止されて第一回目だったんじゃなかったかな。
 出来は散々でした。

 私は高校在学時にもう「漫画家を目指そう」と決めてましたからね。
 ただ卒業できれば良かったので、ほとんど勉強してなかったです。
 ずっと部室(動画部というアニメーション制作部)に入り浸りで。
 
 で、今になって思うんですが、やはり勉強はきちんとしておくべきでした。
 役に立つ・立たないじゃなくて、やるべきときにやるべきことをやらなかったという記憶が許せないんですよ。

 その時その時、きっちり努力して来た人間は、例え報われなくとも「自分はこれだけのことをしっかりとやってきた」という自信が残ると思うんですよね。
 過去の自分を考えた時に、「どうせ自分は漫画家になるんだから」という理屈で、努力する事を拒否して来なかったかなと。
 今現在確かに漫画家として食えてますし、学校を卒業してから得た知識のほうが大きい部分もありますけれど、当時をあまり真摯に生きて来なかったという負い目はなかなか辛いものがありますよ。

 ですので学生・受験生の皆さん、しっかり勉強して下さい。
 漫画家になってやっと気がついたんですが、退屈な教科なんて無いはずですよ。

 *

 ピンクのクラウン!悪趣味でも宣伝効果は抜群 したたかなトヨタのデザイン戦略

 『ピンクという高級車には不釣り合いなカラーデザインを採用したのは、購入者の大半が50~60代の男性といわれるクラウンで、女性や若者を取り込むのが狙い。昨年12月の発表会見で、豊田社長は「提案があったとき『まさか』」と驚いたことを明かしつつ、「みんなの総意で(ピンクも販売することが)決まった。女性が堂々と格好良く乗れる色が出てきた」と強調した。』

 こないだシャア専用オーリスが話題になっていましたが、こちらのほうが劇中の「赤い彗星」カラーに近いですね。
 屋根を小豆色に塗ればまんまです。
 次はタツノコと組んで、ドロンボー仕様の車なども出してもらいたい所。

 懸案だったナイト2000のスピードメーターですが、信号自体は拾えるようです。
 ただ、表示が半分くらいになってるみたい。

 おそらく、マイル表示になってるんでしょうね。
 このへんはプログラムで変えられるので、信号さえ取れればこっちのものです。

すんなり行かん

制御部3

 現在、ダッシュボードの加工に合わせて新造のスピードメーターをとりつけてもらっています。
 うちの83年式のファイアーバードはミッションからケーブルをつないでスピードメーターを回す構造になっているので、そのケーブルにパルスを発生させる装置をかまして、それをもとに表示させるわけです。

 ……当初の予定では。

 今日Ten-Oneさんから連絡があり、ミッションが後年式のものに取り替えられているとのこと。
 以前オーバーホールした時に交換されてしまったようですね。
 ダッシュ設置時にTen-Oneさんで取り付けたセンサーも脇にくくりつけられていたみたい。
 今までよくそれで信号を拾ってたなあ。
 本当、謎が多過ぎます。
 だって、バーLEDではそれなりに正確な速度を表示していたわけですから。

 ちょいと予定が狂いました。
 後年式のミッションには一応パルスを発生させる部品があるそうなので、それにつないで機能するか実験をしてみるとのこと。
 まあ、車速パルスを発生させる部品は他にもあるし、そのまま正確にパルスを拾ってくれればそれはそれで良いし、多分基板をお願いしたショップさんに頼めば調整してくれると思うし。

 大丈夫…だと思うんですが、万事計画通りに行きませんね。

 *

 ソニー、「PlayStation 4」を今春に発表か

『ソニーのホームエンターテインメント担当バイスプレジデントを務める坂本裕司氏は、次世代の「PlayStation 4」ゲーム機が数カ月以内に発表される可能性があることを示唆した。』

 『ソニーの次期ゲーム機に関するうわさは、PlayStation 4の仕様に、クアッドコアで動作クロックが2.9GHzのAMD製「A8-3850」をベースとするカスタムチップや、1Gバイトの専用メモリを搭載した1GHzのグラフィックスカードが含まれることを示唆している。これらは決して最先端のテクノロジではないが、同ゲーム機は低価格の実現を目指して設計されたとの報道もあり、それを考えるとこの仕様は意外ではない。』


 うあ。

 「ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル」と「ドリームクラブZERO」と「アイドルマスター2」のためにPS3を買おうかと思い始めた私になんてひどい仕打ちを。
 互換性あるのかな?

 しかし、何年か前に買った任天堂Wiiも、テレビにつなぐどころか箱から出してもいないんですよね。
 暇になったらやろうと思いつつ、暇な時間なんか作っていられないので。

 島本和彦先生風に言うなら

 人生 ゲームを溜める暇はあっても
 やる暇など無し!!

 ということでしょうか。

初雪

 心機一転、「新・漫画家奮闘日記」の開始です。
 こちらもよろしくお願いします。

 これからはこちらのブログが漫画家・藤栄道彦の「公式」ブログとなります。

 基本的なスタンスは今までと変わりませんが、新しく開始するにあたって、これからは政治とか国際ネタをあえて扱わないようにしようと思っています。
 理由はいくつかありますが、安倍政権が誕生してこれからは私たちのほうにも「信頼し・我慢して見守る期間」が必要だなと思ったのと、もうすでに一般の人達にも保守派の基本知識がある程度浸透して、繰り言を言わなくても良くなったように思え始めたことですね。
 少し安心して日常に向き合える気がしますので。

 ま、その分あれやこれや、いろんなことに手を出していこうと思っていますから、今年も一年どうぞお付き合い下さい。

 *

 日曜に千葉までナイト2000を運んでいったのですが、翌月曜日の積雪のまあ凄まじい事。
 我が家のカーポートなども重みで破損するんじゃないかと思える程です。

 昼に轟音が響いたので何かと思ったら、隣家の屋根から雪の固まりが落ちたみたい。
 
 家の前を少し雪かきしたら、凍結したコンクリートの上で派手に転倒しました。
 
 *

 スマートホンに何かストラップを付けようと思い、あれこれ探してみました。
 結局五期鬼太郎の猫娘が良いかなと思い、Amazonで調べた所数種類出ています。

 で

 まとめ買い!

 2013-1-15.jpg

 この「いっぱいある感じ」は良いですねえ。
 フィギュアを一体買うと、増殖していくという話もわかります。

 しかし、実際に付けてみるとあまり良い感じになりません。
 紐の部分が少々長過ぎるようです。
 どうやって取り付けるか現在検討中。

 え?なぜ五期猫娘かって?

 だって、五期猫娘って、もう「次が無い」気がするんです。
 六期鬼太郎があったとして、原作風の猫娘に先祖返りしそうで。
 私はかなり気に入ったデザインなんですけれど、今買っておかないと歴史の闇の中に葬られそうな気が。

 今年の目標は「整理整頓」。
 
 身の回りにあるものだけでなく、パソコンのデータとかも使いやすくまとめるようにしたいと思ってます。
 要らないものもできるだけ捨てるようにしませんとね。

 しかし、「無駄」を排除しようとすると、自分自身の人生を否定する事になる気がするんですよねえ。
 無駄な事の積み重ねの中から何かを生み出す、そんな生活ですから。

 *

 大島渚監督死去。

 世界の“オオシマ”最後まで映画へ執念 半身マヒをリハビリで克服
 
 『日本映画界で特異な存在感を放った大島渚さんが15日、亡くなった。カンヌ国際映画祭で最優秀監督賞を受賞するなど、世界の“オオシマ”をアピール。晩年に脳梗塞(こうそく)に見舞われたが、半身マヒをリハビリで克服して現場に復帰し、映画製作への執念は最後まで健在だった。』

 私にとっては映画より、「朝まで生テレビ」でおなじみの人でした。
 深夜にさしかかって参加者がだれて来た頃、突然切れて緊張感を回復させる役所でしたねえ。
 「大島さん、そろそろ怒って下さいってテロップで出るんでしょ」ってたけしさんに冷やかされてましたっけ。

 合掌。

暫定運営中

現在ブログの引っ越しを予定しています。
暫定的に運営中。
来訪者数
愉快な仲間たち
プロフィール

藤栄道彦

Author:藤栄道彦
漫画家 藤栄道彦です。
月刊コミックゼノン
「コンシェルジュ
 インペリアル」

月刊コミック@バンチ
「最後のレストラン」

くらげバンチ
「妖怪の飼育員さん」
連載中です。

「コンシェルジュ」全21巻
「コンシェルジュプラチナム」全10巻
「コンシェルジュインペリアル」1〜4巻
「最後のレストラン」1〜8巻
「妖怪の飼育員さん」1巻
発売中。

Twitter「@michihikotoei」
michihiko1971@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。