スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだ慌てるような

 時間じゃなななななな…あわあわななな…あわらば!

 現在絶賛修羅場中で、作業が終わりません。
 軽くパニクっています。
 
 仕事は押しまくってますが、車も適当に動かさないとバッテリーが心配です。
 長い間タイヤのチェックをしていなかったので、オートバックスで窒素を入れてもらいました。
 ナイト2000のタイヤの空気圧は240kgです。
 無駄な知識が増えましたね皆さん。

 いや、「どれくらい入れますか」って聞かれて少し戸惑ったんですよ。
 タイヤの空気圧って、車種によって決まってるらしいです。
 ふと、どこかで「ドアの厚みの部分に貼ってあるステッカーに書いてある」と目にした記憶があるので見てみたら、ちゃんと書いてありました。
 知識は大切ですね。

 走ってみた所、やや振動が軽減された気がします。
 窒素云々は置いておくとしても、空気が少し減っていたんじゃないかな。
 これからタイヤの空気圧はひと月に一度くらいは見てもらう事にします。

 *

 2013-2-27.jpg

 ヤフオクで「迷WAN MAX」を購入。
 これは現在ナイト2000に付いている野島昭生さんのナビと同型機です。
 現在、AVコードを紛失してしまっているので、DVDやバックカメラなどの映像が映りません。
 生産中止の上、メーカーも消滅してしまっているので困っていたんですが、これでより充実した機能が使えるというものです。
 
 本体は分解してもらって、ナビの音声を外部出力できるかどうか調べてもらいましょう。
スポンサーサイト

1975年

 私が持っている「ザ・テレビ欄」(TOブックス)から引用。
 1975年10月13日のテレビ欄です。

 2012-2-25.jpg

 ああ、この頃に戻りたい。
 戻って一日中テレビを見ていたい。
 朝から深夜まで、テレビを消しておく時間がもったいない。
 こんな時代もあったんですよねえ。

 「ピンポンパン」の酒井ゆきえおねえさんは、ひょっとしたら私の初恋の女性かもしれません。
 その後「ひらけ!ポンキッキ」と子供向け番組が続いた後に、突然小川宏ショーの「女子高生売春の実体」とか「ポルノ紙芝居」とか、刺激的な単語が並ぶ鬼畜。

 こうしてみると、時間帯の住み分けがよくわかるんですよね。
 14時・15時はお昼の後片付けを終え、夕飯にもまだ時間がある主婦向け。
 夕方になって、主婦層が見ないときは老人向け再放送。
 ゴールデンにはアニメ・ドリフ・キックボクシング・プロレスといったキラーコンテンツが並ぶ。
 
 夜になってお父さんしか見ない時間帯時間帯になると、「プレイガールQ」などのセクシー路線。
 本当、はっきりしてます。

 現代はなかなか、これだけはっきりした分け方は難しいでしょうねえ。
 当時私は四歳。
 弟は生まれてたはずだなあ。
 テレビ番組って、思い出の付箋ですよね。

 *

 書店さん向けペーパーの作業に、思ったより時間がかかりました。
 ネームもとりあえずまとまったので、これに大急ぎでラフを入れ、突貫工事で仕上げないといけません。
 
 睡眠時間を短縮するのは無理そうです。
 四時間半くらいの睡眠でもリフレッシュできるはず…なんですが、我が家の場合、必ず猫どもが起しに来ます。
 無理に起きても、机の前でダウンしている時間が発生してしまって、作業にかける時間はトータルでは変わらないです。

 あえて 寝る!

ハッ ハッ

 ハッとすりゃスタタのタ。

 アニメ『忍者ハットリ君』の続編が放送決定! 「製作はインド」の巻

 『藤子不二雄Aの人気漫画である『忍者ハットリ君』のアニメの続編が25年ぶりに放送されることになった。実写版の様なガッカリ作品ではなく、想い出補正たっぷりな例のハットリ君である。実はハットリ君はインドで大人気であり、パナソニック(インド法人)のエアコンのCMで起用されていたり、子供達が「ニンニン」と言う程である。』

 「実写版の様なガッカリ作品ではなく」
 ここで言う実写版とは

 ズンズン ズンバラリン
 チャンチャン チャンバラリン
 ハットリカンゾウ 忍者でござる

 の主題歌のほうじゃないでしょうね。
 うん、まあ、うん。

 私の知ってるハットリ君も「山を飛び 谷を越え」のほうですね。
 しかし、インドで人気とは知りませんでした。
 ここ数年、さりげなくA先生のブームが来ているのかな。

 先生が難色を示されているそうですが、「魔太郎が来る!」とかは今映像化したらヒットするんじゃないかなあ。
 でも、あれがヒットするような世の中というのもそれはそれで問題な気はしますが。

 *

 話題の入りに主題歌のフレーズを使いましたけれど、日本のアニメ・特撮ソングって本当に曲調が独特ですよね。
 どういうルーツで発生したのかなあ。

 特撮に限って言えば、「月光仮面」なんかは児童向け唱歌の流れから来ているとわかるんですが、「仮面ライダー」から大きく変わるんですよね。
 「勇壮さ」と「悲壮感」が混在した、独特の曲調になって来る。
 そう、日本のヒーローは悲しいのですよ。
 
 アニメの主題歌だと、「デビルマン」あたりから主題歌に悲劇性が入って来ますかね。
 こういった「勇壮さ」「悲壮感」に加えて「希望」まで感じさせる、ヒーローアニメ主題歌の完成型って「ボルテスV」じゃないかな。
 「宇宙戦艦ヤマト」の主題歌には明るさがあまり無いし。

 「宇宙戦艦ヤマト」「ボルテスV」「ダイアポロン」
 ここらあたりが私の魂のアニメソングです。
 特撮なら「仮面ライダーV3」「超人バロム1」「ウルトラマンタロウ」かなあ。

 まあヒーローものに限らず、「天才バカボン」とか「ルパン三世」とか、あまりにも当時のクリエイターたちの力量は凄まじ過ぎましたよね。
 私もちょっとでも近づけるように努力しないと。

 なんだかとりとめの無い話になってしまいました。
 ひとまず今週でスタッフの皆との仕事はおしまい、ネーム作業に入ります。
 なんで二月は28日までしか無いかなあ。

 *

 本日は竹島の日。
 「ニャン ニャン ニャン」で「猫の日」でもあります。
 何か猫娘グッズでも買ってみようか。

 しかし、「ニンニンの日」でもあったとは知らなかったでござるよ。ニンニン。

回鍋肉

 お昼に出たんですけれど、中にピーマンが入っていたんですよ。
 私は自分で作るときは、回鍋肉にはピーマンは入れません。
 肉とキャベツとネギだけ。
 別にピーマンが嫌いというわけじゃないんですが、個人的に

 ピーマンてどの料理にも合わない

 気がするんですよ。
 基本、ぺペロンチーノを作るときなんかに薬味みたいにして少量入れるだけで、匂いと苦味が強すぎるんですよね。
 回鍋肉に入れると、せっかくの味噌のまろやかな旨みが台無しになる気がするんです。

 食材の立ち位置としては、ゴーヤと近いですよね。
 ゴーヤチャンプルーと同じ調理法でならいけるかもしれません。
 ただ、そこまでして食べたい食材ではないのも確か。

 少し話は変わりますが、テレビで「おいしい野菜」を扱うときって、必ず「甘い」って言いますよね。
 トウモロコシ、トマト、ネギ、ダイコン。
 実際、果物並みの糖度を持つものもありますし。
 
 でも、そこまで甘い野菜って、逆に料理に使いづらい気がするんですよ。

 化学調味料はたいていのグルメ漫画で「素材の味を塗りつぶしてしまう」というような理由で悪役にされますが、やたらめったら糖度のみが突出した野菜だって、甘味で野菜本来の味を塗りつぶしていることにはならんのかなと。
 野菜に限らず、肉でも魚でも、何かというと褒めるときに「甘い」という表現が出てくるのは、考え物なんじゃないかな。

 反面、お菓子を褒めるときは「甘さ控えめで」って言い方をされることが多いですよね。
 なんだかわかりゃしません。

 私は柑橘類は八朔が一番好きなんですが、あまり甘くないのが良いんですよ。
 清涼感があるので。
 野菜だって肉だって魚だって、甘さ控えめがおいしいということはあり得るんじゃないでしょうか。

 *

 レッドバロンにバイクを預けてトラブルになった人のブログが話題ですね。

 バイクを壊して開き直り?レッドバロンに真相を取材 

 同じように絶版車に乗っている人間としては、同情してしまいますねえ。

 うちのナイト2000もマニアは欲しがるかもしれませんし、カスタムにそれなりの費用もかかっていますが、車としての評価額ってほとんど無いに等しいですからね。
 万が一誰かに事故をもらって廃車なんてことになったとき、弁償してもらっても車両本体の評価のみの金額じゃあ、二度とナイト2000には乗れないわけですし。

 でも、話半分に聞くとしてもひどい対応だなあ。
 いつかバイクを買うことがあっても、ここはやめておくべきなのかな。

 
 *
 
 週間「ロビ」

 これは欲しい。
 自分なりにカスタムとかしてみたい。

 販売終了後に故障とかになったらどうするのかな?
 アイボの例があるし。

ヤバヤバ

 いかん、寝てしまいました。
 逃げているんじゃない、積極的休養というやつだ。

 なぜに二月は28日までしかないのやら。
 今月は月の頭に前月の仕事を引っ張った上、コミックスの作業でさりげなく進行がヤバイです。
 「最後のレストラン」と「コンシェルジュ プラチナム」を平行して進めないといかんかもしれない。
 夜十時に寝て、朝三時に起きる生活サイクルです。
 
 それでも寝てるだけぬる過ぎるというもの。
 今月は二本で作業時間使い切る感じでないと難しいかなあ。

 なんとなく描くスピードはアップしているように感じるんですが、逆に「やれば すぐだから」という考え方をしてしまって、作業が遅れがちです。
 駄目な大人だなあ。
 最近、自分の年齢を言うのが恥ずかしいんですよね。

 *

 長年働いてくれていた、職場のパソコンがついにお亡くなりになったご様子。
 予備があるからさしあたって作業に支障は無いですが、ギリギリの台数でやっていると何かあったときにパニックになるから、もう一台手配しておいたほうが良いのかなあ。
 お金ばっかりかかって、もう。

 *

 ナイト2000のスピードメーターは、電圧の増幅器を取り付けてようやく時速7km以下の速度も表示してくれるようになりました。
 これで万全…と言いたいのですが、どうもミッションで発生するノイズを拾ってしまうらしく、時々とんでもない数字が表示されます。
 通常走行時は正確に表示されるし、誤表示は一瞬なんですけどね。
 低速時によく起こるようです。

 これは基盤じゃなく、車両本体の問題だからなあ。
 まあ運転には支障はないので、差し当たって気にしないことにします。
 あとでどこかのパーツを作るときに、あまり極端な数字の変動がある時は表示しないよう、プログラムを書き換えてもらえばOKじゃないのかな。

 *

 とにかく、今週中にネームを仕上げてしまえば…。

東北ずん子

 VOICEROID+ 東北ずん子

 『VOICEROID+東北ずん子」は、声優・佐藤聡美の声を元にした、ほんわかしたかわいらしい声の入力文字読み上げソフトです』

 「遠野物語」を読み上げてもらおうかと思って購入してみました。
 同じ会社の「民安ともえ」「結月ゆかり」に比べて操作性が格段に進化しています。
 読み上げの一時停止ができるようになったのは大きいですね。

 あと、台詞の読み上げに情感が出て来てる気がします。
 横光利一の「蠅」などを読んでもらいましたが、昔の日本人ののほほんとした言い回しをうまく再現してくれます。
 民話や昔話などを読んでもらうには最適じゃないでしょうか。
 
 難点はNGワードの多さ。
 エロ関係のものだけでなく、差別語などにも厳しい。
 古典を読んでもらうには、これがとにかく痛い。

 試しに「半七捕物帳」を読んでもらおうとしたのですが「中共」という言葉がNG。
 中国共産党が「半七〜」劇中に登場するわけが無いので、どこかで「一日中共に」とかみたいな言葉が使われているんだと思うんですが、膨大なテキストの中からその言葉を選択して、削除するなりしないと読んでくれません。
 「唖」とかも駄目。
 誰だこんな余計な仕様にしたの。

 他にも「鮮人」や「支那」などに引っかかるようです。
 「鮮人」はともかく、支那は差別語じゃないだろ。
 孫文とかも遣っていた正式な呼称です。
 
 むしろ「中国」「中華」といった言葉のほうが、自国以外を未開の蛮族と見なす差別語の要素を孕んでいると思うんですけどね。
 地域の名称が差別語になるというのも凄まじい話だよなあ。
 日本人に「日本!」と呼びかけて何か侮辱した事になるんですかね。

 いっそ、全部英語にしたら良いんじゃないのかな。
 「気違い」は駄目でも「クレイジー」や「マッド」は良いというお国柄だし。
 「獄門島」でも和尚さんが「クレイジーじゃが仕方が無い」と呟くわけです。
 金田一も悩むでしょうね。

 そういえばこないだ、アメリカ人が「JAP」って蔑称だったのかと驚いたという記事を読みました。
 まあその辺はこれ以上は突っ込みません。

 *

 当初の予定通り「遠野物語」を朗読してもらいましたが、文章の編集や単語登録にかなりの手間がかかります。
 仕事の合間に全部やろうと思ったら、一年ぐらいかかりそうだ。
 
 *

 「最後のレストラン」三巻の作業は終了。
 あとは発売を待つばかりです。

バレンタインである

 うちのお袋がケーキを焼こうと思ったら、近所のスーパーで無塩バターが売り切れて無くなっていたのだそうな。
 やはり手作りチョコにチャレンジしようという野生の乙女が買い漁っているのだろうか。
 今スーパーに行けばチョコが安くなっているかもしれませんが、一気にホワイトデーの商品に入れ替わっている可能性もあります。
 タイミングの見極めが難しい。

 いや、ウルトラマンの容器に入ったチョコとか、バレンタインを抜きにして欲しい商品があったりするんですよ。
 メーカーも罪な事をしてくれる。

 *

 片田珠美(23)世の「非モテ男」に捧ぐ

 『今年1月、この連載の19回目で取り上げた遠隔操作ウイルス事件で、容疑者の男が逮捕された。容疑を否認しており、真相は捜査の進展を待たねばならないが、モテなさそうというのが第一印象である。

 そういえば、昨年10月に連載8回目で取り上げたiPS騒動男も、モテそうになかった。彼が性愛的に満たされていたら、虚言によって自己愛や自己顕示欲を満たそうとするようなことはなかったのではないか。』


 ネタでしょ?
 ネタですよね?

 失礼ですよこの記事。

 ゆうすけ君はまだ「容疑者」であって、犯人と確定したわけじゃありません。 J( 'ー`)し 
 確定した犯人だって基本的人権は尊重されるべきで、なんでこんな縁もゆかりも無い人間に容姿を中傷されなきゃならぬやら。
 これで冤罪だったらどうするつもりなんでしょうか。

 私の人生の中で、「なんでこの人がそんなにモテてるの?」というケースに遭遇したことは、一度や二度じゃありません。
 蓼食う虫も好きずきなんて言葉もありますし、軽々に自分の主観で判断していいことじゃないです。
 
 『自分がモテないのは、女を独り占めしているようなモテ男がこの世にいるせいだと思いこんでいる男性も少なくない。』
 
 「もてる男を皆殺しにする さればその分ナオンがこっちに流れてくるんじゃよ」
 「配線工事じゃあるまいし 思い通りにいくか」(神聖モテモテ王国)
 
 『モテない男に何となく親近感を覚えるのは、「精神医学界の沢尻エリカ」と自称するほどの美貌でありながら、私自身も同じような悲哀を味わってきたからだ。』

 ツッコミませんよだ。

 まあいくらなんでもバレンタイン用のネタ記事であって、真面目に書いた物じゃないんでしょうが、「精神科医」という肩書きで書くにしてはちょっと内容が良くない気がします。

 *

 クーポン共同購入サイトにてトラブル “キッチンとらじろう”がクーポン客に対してありえない接客

 『楽天が運営する共同購入サイト『Shareee(シェアリー)』はお得なクーポンをあり得ない値段で購入できるというサイト。似たようなサイトで『グルーポン』などあるが、この『Shareee』に掲載されていたハンバーグ店“キッチンとらじろう”にてあり得ない接客が行われたと客の証言から発覚。

クーポン内容は、「粗挽きハンバーグセット通常1850円」を半額以下の850円で購入できるというもの。そのクーポンが1008枚も売れ現在は販売終了となっている。しかしこのクーポンを実際に使った客からは次のようなクレームが寄せられている。』
 

 『実際にクーポン客が殺到すると“キッチンとらじろう”側はTwitterにて「心底、クーポンやって後悔してます。 逆に言うと来ないでいただきたいです。 ソレが解っただけクーポンやって良かったかもです」と発言。クーポン客といえどもお金を払っている客に違いはないはず。それに対して「来ないでいただきたい」は如何なものなのだろうか。
この“キッチンとらじろう”の口コミは『Yahoo!ロコ』にまで広がりを見せ利用者からの書き込みが相次いでいる』


 顛末がよくわからないのですが、つまりサイト運営会社から清算されるのはやや先のクーポン券を持ってお客が殺到したため、お店が一時的にただ働きをさせられる事になり、そのイライラが高じて…ということなのかな?
 結構この手のトラブルってよく聞くようになりましたね。

 私は外食する時にクーポンとか割引券の類いは一切使用しない事にしています。
 なんだかケチ臭くて嫌なので。

 でも、題材としてはなかなか面白いかもしれません。
 「コンシェルジュ」と「最後のレストラン」のどちらで扱おうかな?

面白そう

"Er ist wieder da"

 現代に蘇った「感じの良いヒトラー」が70年前と同じ主張を繰り広げる、興味深くも危険なベストセラー
 
 『私なら、「ヒトラーの復活」と訳すだろうか。原題は"Er ist wieder da"、そのまま英語にすれば、"He is here again"となる。去年出版されて、秋のフランクフルトのブックフェアで話題になり、今年1月、12刷が出た。驚愕のベストセラーだ。

"彼"というのはヒトラーのことで、なぜか2011年の夏に、ベルリン市内のとある空き地で忽然と目を覚ます。頭上には青空。敵機襲来の気配はない。横になったまま考えるが、状況が把握できない。夕べは何をしていただろうか。エファと一緒にソファに座って、そうそう、古いピストルを彼女に見せたっけ。でも、それからが思い出せない・・・。

ようやく起き上がる。総統のユニフォームの埃を払う。ちょっと頭痛がするが、けがもない。それはそうと、なぜユニフォームがこんなにガソリン臭いのだろう(注:ヒトラーの遺骸は、死後、すぐにガソリンをかけて焼却された)。

サッカーをしていたヒトラーユーゲントの少年たちに、ボルマン(ヒトラーの側近)の居所を聞いても埒が明かない。それよりも、誰も"総統"に気づかず、ハイル・ヒトラーの敬礼も忘れているとはどうしたことか!

ベルリン市街のがれきはすでに撤去されたようだ。静かで、平和で、外国人が我が物顔に歩いている。トルコ人!あれほど中立を守ると言い張ったトルコを、我々の味方に付ける説得がやっと実ったらしい。デーニッツ(海軍元帥)の功績か?いずれにしても、この明るいムードからすると、トルコ人の投入は戦況を決定的に好転させたに違いない。そうだ、まずは情報が必要だ。

そして、売店で新聞を見たヒトラーは愕然とする。2011年8月30日!!』


 日本語版はまだ出てないみたいですが、出たら読んでみたいですねえ。
 なかなか面白そうです。
 
 もともと私が人生で始めてヒトラーの存在を知ったのは、Xライダーのヒトデヒットラーだと思います。
 当時の特撮やアニメでは、敵役としてナチスドイツやナチス残党が登場する作品が多く、どこで「ナチス」という存在を認識したかは定かではありません。
 安孫子先生の「ひっとらあ伯父さん」や「魔太郎が来る」。
 鴨川つばめ先生の「マカロニほうれん荘」でもナチスドイツの服装やらなんやらが印象的な使われ方をしており、他にもあれやこれやとまあ変な話ですが、日本人には馴染みの深い題材なんじゃないかと思ったりします。

 ですのでヒトラーの描き方も多種多様、脚本家や漫画家がいろんな解釈を入れる事ができて、日本における「ヒトラー像」はステロタイプな悪人になりがちな欧米のそれと比べても面白いと思うんですよね。
 でも、こういう作品が出て来ると言う事は、少しずつ違って来てるのかなと。

 「最後のレストラン」を描く時にもちょっと調べましたが、晩年のヒトラーって病気のせいもあるのか、性格が変質しているような気がするんですよね。
 若い頃のヒトラーって、さぞかし魅力的な人物だったんだろうなと。
 言ってる事・やってる事にも皆が共感したんだろうし、だから支持された。
 そこに恐ろしさがあるんだと思うんです。

 まあできればその辺もじっくり描きたかった所ですが、いかんせんページ数が足りませんし。
 でもこの作品、題材とか切り口は面白いですけれど、映像化できるのかなあ?

 *

 ナチスドイツで思い出しましたが、「ジョジョの奇妙な冒険」アニメの評判はなかなか良いみたいですね。
 ブルーレイを買うかどうか迷うなあ。

 「うる星やつら」のブルーレイも発売されますが、ドラマでも特撮でもアニメでも、すでに自分の血となり肉となってしまってる作品のソフトって買いにくいんですよね。
 何回も見直して覚えてしまってますし。

 でも「うる星〜」は背景その他にスタッフのお遊びがたくさん入ってる作品なので、ブルーレイの高画質で見たらまた新しい発見があるかもしれません。
 そう、ドラえもんDVDのように。



 税理士さんに見てもらう書類をまとめようと思ったら、入力ができません。
 ひとまずこれは後回しにして、ネーム作業に入ります。
 
 やることが多過ぎて、いろんなことを忘れてしまってます。
 関係者の皆さん、すみません。

施設訪問

 今年もBe Smile Project主催の児童支援施設訪問に参加して来ました。

 去年、初めてナイト2000と共に訪問したのですが、子供たちに好評だったらしく、今年もぜひというリクエストがあったそうです。
 車好きの子が多いらしく、今回は漫画家の本そういち先生もランボルギーニ・ディアブロでの参加。
 二台並べて皆で撮影会ということになりました。



 今回は最初からハプニング続出。
 私は八王子から埼玉の嵐山まで高速を使ったのですが、高速を降りるタイミングが掴めません。
 ナビが「およそ500m先 左方向です」と案内した時にはもう左に車線が延びていて、「500mも先なら、これじゃないよな…」と思っていると、いつの間にか「ルートを外れました」と注意されてしまう。

 結局桶川まで行ってしまい、引き返して川島で降りたのかな?余計な時間をかけてしまいました。
 しかも降りてからも嵐山バイパスが大渋滞している…。

 結局7時ちょっと過ぎに家を出て、施設に到着したのは10時過ぎくらいでした。
 去年も道に迷って遅刻したのですが、今年は本先生たちも大きく遅れてました。
 高速が大渋滞していたらしいです。
 しかも降りてからも渋滞。
 ランボルギーニやフェラーリで渋滞とは、なんと恐ろしい事でしょうか。
 クラッチがすぐ破損してしまうというのに。
 
 結局、お昼に予定していた子供たちとの撮影会を繰り上げ、先に到着していたナイト2000と一緒に写真を撮る事になりました。
 車を移動させると、押してもいないのに突如ホーンが鳴り響きます。
 慌ててオーバーヘッドコンソールを外して配線を外すも、全く鳴り止みません。
 ハンドルのスイッチのほうに原因があるようです。

 これじゃ撮影会どころじゃない、JAFを呼ぶか…とぐるぐる頭の中で考えていると、ピタッと鳴り止みました。
 どうやらハンドルの中の配線が不安定なようです。
 ともあれ、これで撮影会は開始。
 冷や汗ものですが、ほどなく本先生たちも到着しました。

 他にもエンジンはかかってるのにストール状態になったり、ここ一番で必ずアクシデント起しますねこの車。
 まあ、こちらはその後何にも症状が出ていないので、「何かの間違い」(?)なんでしょうけれど。
 冬場は色々あるのかもしれません。

 その後子供たちとの交流会を終え、皆で食事をして解散という事になりました。
 帰りも高速を使いましたが、スピードメーターは直してあるので安心です。
 制限速度で走っていると、皆ビュンビュン抜かして行く(笑)

 *

 ナイト2000の高速走行は問題無いようですね。
 メーターもおおむね正確に動いてくれますし。
 これからは有料道路も使えそうです。

 今年も子供たちからチョコレートをもらいました。

 2013-2-10-2.jpg


 今年は施設へ「ナイトライダー」のDVD全巻セットを寄付して来ました。
 来年、ナイトライダーファンの子供たちが増えてると良いですね。
 ターボジャンプとかねだられるかもしれないけれど。

雪ミク

2013-2-8.jpg

 あなたとコンビに ファミリーマート♪
 今まで深夜や早朝に何か食べたくなったときとかは近所のセブンイレブンに行っていたのですが、ファミリーマートも近くにあったのを思い出して足を運んでみました。
 初音ミク関連の商品があるので、こちらのほうが馴染めるかな。
 もうちょっとミクならではの特徴があると良いんですが。

 早朝に「最後のレストラン」三巻の原稿の修正。
 すぐ終わるかと思っていたのですが、手を入れ始めるとあそこも、ここも、といった感じになります。
 途中でコーヒーをぶちまけたり、アクシデントにも襲われ結局昼までかかってしまいました。

 *

 明日はボランティアで、子供たちの施設を訪問に埼玉まで出かけます。
 去年行った所ですね。
 せっかくですからナイト2000を洗車&コーティングしてもらってピカピカにしました。

 本当は今日中に税理士さんに見てもらう書類をまとめたかったのですが、無理でした。
 さらにこのあとコミックスのオマケ漫画も描かないといけないんですが、月の前半にしてすでにキツキツの進行です。
 
 明日は五時起きになると思うし、長距離のドライブですから睡眠もきちんと取っておかないと。

 子供たちが楽しみに待ってるんだ。
 などと死亡フラグを立ててみる。

情報ジャンキー

 現在手がけている作業は大詰め。今日もまた徹夜の作業です。
 コメントのお返事など遅れてしまって申し訳ありません。
 いつも励みにさせてもらっています。

 積極的に政治とか国際問題を扱うのは控えていますが、毎日きっちり勉強はしています。
 日本国内の新聞やテレビのニュースだけですとあてにならないので、海外のニュースサイトなんかも巡回しています。
 
 中国ならチャイナネットサーチナ
 韓国なら朝鮮日報中央日報
 はてはボイス・オブ・ロシア

 意外と海外の記事からのほうが、国内の動きがよく見えたりします。
 玉石混合なのが国内の識者のブログをまとめたBLOGOS
 的確な意見から電波まで、幅広く楽しめます。

 で、こういったサイトの記事を読み上げソフトに朗読してもらうわけですが、比較的すぐに読み終わってしまうものが多いので、今は怪談のコピペを集めたサイトばかり覗いています。
 霊感は無いくせに怪談は好きな私。

 *

 一人暮らしを始めてしばらくした頃。
 初めての住まいは築30年・家賃55000円の2LDKのマンションでした。
 
 ある日朝起きて来たら、洗面台の回りに水が垂れてるわけです。
 丁度、風呂場から誰かが体を拭かずに歩いて来たように、ぽつり、ぽつりと床が濡れている。
 
 「昨日風呂から上がった時に濡らしちゃったかな?」と思いつつ拭き取りましたが、二・三日するとまた同じように濡れている。
 自分が濡れたまま歩いているわけがないので、洗面台の下から水でも漏っているのではないか…と調べてみても、そんな様子はありません。
 洗濯機の排水溝が詰まって溢れてるのかもとも思いましたが、それなら水がもっと一箇所に集中するはずですし、水自体も下水に流れているような汚れたものではありません。

 鈍い私でも何日か続くと、「まさか、何者かのスタンド攻撃か!?」と思うようになりましたが、しばらくして謎は解けました。
 就寝中にポタポタ水音がするので起きて覗いてみたら、コンクリートの天井から滝みたいに水が滴っています。
 
 私は一階に住んでいたのですが、二階の住人が風呂の湯を溢れさせて洗い場に湯を溜めると、浴室の床の隙間からお湯が天井裏に流れ込んで、わずかな隙間から流れ落ちていたというわけです。
 結局二階の浴室の隙間をコーキング剤で埋めて対処してくれたようですが、一見隙間も穴も無い天井から水が湧き出ているのを見た時には呆然としましたよ。

 2013-2-6.jpg

 当時のマンション。
 居候どもがいついてしばらくした頃です。

だるま2013

 先月の達磨市には行けなかったのですが、今月の節分にも市が立つそうなので、去年の黒達磨を奉納して新しい達磨を購入して来ました。
 今年のはスタンダードな赤い奴です。

 

 これで5,000円くらいかな?
 張り子の猫とかも一緒に買って、8,000円にオマケしてもらいました。
 開封してみたら、目の部分が金箔で覆ってあります。
 バニラアイスにでも混ぜたらゴージャスそうです。

 去年のものよりも巨大なので、棚に入りません。
 さてどこに置いたものか。

 毎年毎年、目を入れるのが面倒くさくて、四月とか五月になっちゃうんですよね。
 実働半年くらいの楽なお仕事です。

 *

 ここの所人の運・不運とか、生き死にとかは、人間の力ではどうにもならないものなんだなという感覚が強くなってます。
 森羅万象、人の都合など考えてはくれません。
 何やったってうまく行く人は行く、行かない人は行かない。

 別に投げやりになりなさいと言っているわけではなくて、「人事を尽くして天命を待つ」。
 出来る事をきっちりとやったのなら、結果が吉と出ても凶と出ても、あまり考えなくて良い。
 所詮我々は自分でどうにもならない人生を生きてるんですからね。

 *

 昔は見かけなかった「恵方巻」 コンビニが流行らせ、すっかり定着

 『そもそも、「恵方巻」を全国区に押し上げたのはコンビニエンスストアの「セブン‐イレブン」とされる。同社のホームページには、「1989年、広島県のセブン‐イレブンで、当時、関西の風習としてあった『「節分の日にその年の縁起のいい方角(恵方)を向いて無言で太巻き寿司をまるかぶりする』という情報にもとづいて恵方巻を一部の店舗で販売したのが始まり」と記していて、それが全国に広まった。』

 『そんな「恵方巻」について、心理学者で、帯広畜産大学の渡邊芳之教授は自身のツイッターで、「恵方巻なんて10年くらい前まで誰も食べていなかった」と、つぶやいた。
そういったことを言わないと、「みんなが日本の古きよき伝統だとか思い始めるぞ」と、勘違いしかねないというのだ。』


 まあいいじゃないですか。
 こういう「いい加減さ」というか、「寛容さ」こそが日本の古き良き伝統なんですから。
 
 日本の行事って、食べ物とセットだと定着しやすい気がしますね。
 七夕とかも何か食べ物とタッグを組ませたら良いんじゃないかな?

 あ、すっかり忘れてましたが、二月二日は飛鳥五郎の命日でしたね。
 合掌。
 いつの間にか「ツインテールの日」なんてできてるんですが、なんじゃこりゃ。

入門漫画

 「漫画入門」じゃなくて「入門漫画」。
 つまり、あまり漫画を読み慣れていない人達のための漫画。
 ここ数年漫画市場が縮小しているのって、内容が複雑になりすぎて新しい消費者が入って来られないのも理由のひとつじゃないかなと思ったりするんですよ。
 ゲームと同じ轍を踏んでいるような。
 なので、こんな作品を集めた漫画雑誌ってどこか作ってくれないかなあと時々思います。

 最近、行きつけのコンビニが「本当にあった」系以外の四コマ誌をほとんど入れてくれなくなりました。
 この系統の四コマ誌は確実に売れますからね。
 なぜって、私が全部買ってるから。
 その他はどれもこれも萌え四コマ化が進んでしまって、もう手が出せません。
 電子書籍で購入するのも昔の作品ばかりですね。

 古典もそう馬鹿にしたものじゃありません。
 演出とか技術は確かに古くさいですが、「読ませる力」「伝える力」「テンポ」など、プロとして押さえるべき所はしっかり押さえてあります。
 大人になってから読んだほうが、発見は多いですね。

 「カムイ伝」なんかもそうですが、戦後の漫画って共産主義思想への憧れが垣間見れて興味深いです。
 「平等な社会」と「戦争の無い世界」が理想状態とする観念は、多かれ少なかれ大抵の作品に入ってますね。

 アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の鬼太郎がカマボコにされるエピソードでは半魚人が「おれは資本主義社会は必ず行き詰まると思ってんだ」なんて話したりしますし、「ワイルド7」のラスボスの火熊は日本を軍事国家にするのが目的でしたし。
 
 この観念の上に多くの素晴らしい作品が生まれて来たのは事実ですが、これからはそんな考え方も少し違って来るのかもしれないなと考えたりします。

 特に共産主義への憧れというのは一定の年齢以上の人達にはかなり存在しているようで、昔「コロコロコミック」に藤子不二雄両先生が中国を訪ね、毛沢東を讃えて「良い国だねえ」と感心する漫画が載っていた事があります。
 「幼年誌」にですよ?
 描いてたのはアシスタントさんでしたけれど。

 多分その頃は国交を正常化して十年も経ってなかったんじゃないかなと思いますが、当時小学校低学年だった私としては「泥棒がいないから、ホテルに鍵をつけない」というエピソードに、なにやら得体の知れないうさん臭さを感じた事を覚えています。
 「いない」んじゃなくて、「いないことになっている」んじゃないのかなと。

 *

 ナイト2000のスピードメーターは、車体の信号をパルス化する回路を取り付けてもらった結果、およそ7km以上から表示されるようになりました。
 想像以上に車体からの電気信号が弱いようです。
 トランジスタみたいなもので増幅する必要がありそうですね。

 ただ、一旦それ以上速度が出てしまえば表示は完璧です。
 車検に通るレベルになってるはずです。
 あと一息。
来訪者数
愉快な仲間たち
プロフィール

藤栄道彦

Author:藤栄道彦
漫画家 藤栄道彦です。
月刊コミックゼノン
「コンシェルジュ
 インペリアル」

月刊コミック@バンチ
「最後のレストラン」

くらげバンチ
「妖怪の飼育員さん」
連載中です。

「コンシェルジュ」全21巻
「コンシェルジュプラチナム」全10巻
「コンシェルジュインペリアル」1〜4巻
「最後のレストラン」1〜8巻
「妖怪の飼育員さん」1巻
発売中。

Twitter「@michihikotoei」
michihiko1971@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。