スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミックゼノン新年会

 
 
 吉祥寺で開かれたコミックゼノンの新年会に、今年も参加して来ました。
 大変肖像権に配慮した写真となっておりますが、ご容赦のほどを。

 今年は結婚のお祝いをいくつかいただきました。
 ありがとうございます。
 折をみてお礼をしておかないとなあ。

 お祝いと一緒に、「車は一体どうなるのか」と心配されてる人もいました。
 まあさすがに今までの様に好き勝手なことはできませんが、これからはDIY中心・できるだけお金を掛けない方向でカスタムを進めたいと思ってます。

 ところで、巷で話題のこのおじさん。

 雑誌で改造愛車アピール 「人見知りの印象」

 『編集者によると、阿部容疑者の愛車は新車で購入すると約70万円。スピーカーを付けたり、ライトに凝った改造が施されたりしており「改造費用だけで100万円ぐらいかかっていた」と推測する。平成24年8月号と12月号には、背中に大きく「正義」と書かれた白の上着姿で登場していた。』

 女房子供も居る契約社員が、アニメキャラのコスプレして・金かけた改造バイク乗り回して・49にもなって何考えてんだと最初は苦笑いしてたんですが、なんかそんな男を私も知ってる気がするんですよ。
 今年43になる妻帯者のくせに、テレビドラマのキャラクターの革ジャン着て・不安定な稼業にも関わらず金かけた改造車乗り回してるような失格者が。
 なんかすごく身近に居るような気がして、とたんに胸の辺りが締め付けられるような感覚に襲われました。
 あの男の姿はもしや六年後の…。

 想像もできない、遠い未来のような気がしていた50代。
 気づけばあともう7年です。

 早く大ヒット作描かなきゃ!

 そんなわけで、今年も年始からスパートかけますよ。
スポンサーサイト

これなーんだ?

 

 正解は




 ナイト2000のオイルフィラーキャップです。
 あれ?そんなもの取り外して平気なのかって?

 当然、平気ではありません。
 破損したので交換用に取り外し、整備工場さんに送りました。
 淵が欠けてるのがおわかりでしょうか。

 運転中になんだか何かが焼けてるような匂いがするので、昨日ボンネットを開けて点検してみました。
 はたして、このキャップ周りにオイルが吹き出した跡があります。
 これが熱されて匂っていたのではないかと。

 今月頭だったかなあ?オイルが減っているようだったので、足してみたんですよ。
 2ℓほどだったと思うんですが、チェックしてみたらなみなみと入ってしまった様子。
 走ってみた所不具合は無さげだったのでそのまま過ごしていたんですが、沸騰したオイルの圧力でキャップがちぎれて押し出されたのではと推測しています。
 破片は大部分キャップにつながったままでしたが、少し内部にゴムの破片が落ちたかも。

 オイルはオートバックスで交換してもらいました。
 クリアランスの大きい旧車に化学合成油は危険らしいので、10-30の鉱物油を入れています。
 だいたい5ℓくらいが適量のようです。
 またひとつ勉強になりましたね皆さん。
 知った所で何の役にも立たない知識ですが。
 27日にはコミックゼノンの新年会があるから、車で出かけたかったんだけどなあ。

 *

 工場従業員49歳男「覚えていない」と否認 偽計業務妨害容疑で逮捕

 『マルハニチロホールディングスの子会社アクリフーズの群馬工場(群馬県大泉町)で製造した冷凍食品から農薬「マラチオン」が検出された事件で、群馬県警捜査1課は25日、工場従業員の40代の男が関与したとして、偽計業務妨害の疑いで逮捕した。

 逮捕されたのは、群馬県大泉町古氷、契約社員、阿部利樹容疑者(49)で、「覚えていない」と容疑を否認しているという。』 


 「やってない」ではなく「覚えていない」というのがポイントですかねえ。
 暗に「やったかもしれない」と言ってるわけで。

 秋葉原のあれとかマツダのあれと同種の事件なんですかね。
 

シュレッダー導入

 これまでは大抵の書類は袋に入れてそのまま燃えるゴミに出していたんですが、個人情報ダダ漏れの怖れがあるのでシュレッダーを導入してみました。

 

 まあ私はどちらかというと「漏れたって構わない」というスタンスで生活していたんですが、家族も増えたことですし、手紙とかはきちんと対策しておかないと本人だけではなく知り合いの迷惑にもなるわけですしね。
 
 早速使ってみてますが、結構細かくなりますねえ。
 これって猫のトイレに使えたりしないかな?
 水を吸わないから難しそうですね。

 *

 所で、パソコンのメールソフトってフリーメールの管理もできたんですねえ。
 10年もパソコンを使ってるのに、今まで気がつきませんでした。
 早速メインの他に三つほどのアドレスを登録しましたけれど、こんなに有っても使い道がありません。
 むしろ迷惑メールを管理する手間が増えて面倒。

 Yahooのメールアドレスは使ったこと無いんですが、知らないうちに宣伝や広告のメールが入る様になってますね。
 登録と同時に業者に告知でもされるのかな?

 *

 すっかり忘れていましたが、明日は税理士さんがやって来る日です。
 これからデータを打ち込まないといけません。
 今月はコミックスの仕事や新年会もあるし、ちょっとスケジュールの見直しが必要になりそうです。

 仕事はもちろん締切に間に合わないといけないし、早め早めに上げて行くことも大切ですが、去年はそれにこだわるあまり少々仕事が雑になった感があります。
 今年はスケジュールを圧迫しない程度に丁寧な仕事も心がけたいですね。
 
 *

 年末年始のあれやこれやで体重が「びっくりしたなあもう」状態であります。
 「食事した後だから」とか「水をたくさん飲んだから」とか、せっせと自分を誤魔化してますがいつまでも続きません。
 来月は挙式を予定していますので、しばらくはビリー隊長とともに節制の期間となります。

 *

 目撃者「釣り船が衝突」 救助の2人と食い違い

 『広島県大竹市沖で海上自衛隊の輸送艦「おおすみ」と釣り船が衝突、2人が死亡した事故で、事故直前の両船の動きを現場近くの島から目撃した男性が18日、「釣り船がぶつかっていったように見えた」と証言した。』

 なだしおの衝突事件の時からずっと感じているんですが、この種の事件・事故が起こるとメディアが一斉に自衛隊への攻撃的報道を始めるのは良くないと思うんですよねえ。
 ひどいのになると「軍隊が有るからこんな事件が発生する」なんて意見までありますし。

 交通事故があるから車を無くすというわけにはいかないでしょう。
 どこかの新聞風に言えば「だがちょっと待って欲しい」というやつですね。
 

ジュニアチャンピオンコース

 昔、家に有ったので買ってみました。
 タンスの肥やしならぬ本棚の肥やしですね。
 レトロな部屋の演出に一役買ってくれそうですが、これは80年代ではない。
 おそらく70年代初期くらいの代物です。

 

 ちょっと開いてみましょうか。
 では、「名探偵登場」のほうを。

 2013-1-16-2.jpg

 !なんと、モンキーパンチ先生が描かれてるじゃありませんか。
 「ホームズVSルパン」。
 他にも何本か漫画仕立ての作品は掲載されてますが、目次では一人だけ別格扱いのようですね。
 
 中身は今で言う「名探偵コナン」のクイズブックみたいなものです。
 ちょっと読んでみたのですが、なかなか犯人あてが難しい。
 しかも「探偵」や「推理」とは全く関係ないクイズまで入ってる。

 「奇怪な宇宙生物達が我々の土地へ攻めて来た。」
 「やつらは皆同じような格好だったが、多少違うのは毛がいっぱい生えているのと、わりに少ないのがいることだった。」
 「物の形や位置をそれで決めるらしい二つの穴は、ときどき閉じられるが閉じないで開きっぱなしの穴がその下に二つある。」

 …「ところでこの奇怪な侵略生物は、地球に住む皆さんがよく知っている生物だ。なんという生物か推理してくれたまえ。」

 答えは「人間」なんですが、このクイズのタイトル「奇怪な宇宙生物」の横に「トリックをあばけ!」と書いてあるんですよ。
 何がトリックなのやら。
 人間の特徴を怪物風に描写してあることがトリックだと言うことなのですかねえ。

 ついでなのでさらにシュールな1ページを。
 
 2013-1-16-3.jpg

 やるなあ、学研。

 *

 細川元首相 「東京五輪辞退論」に陣営からも批判続出 公約づくり難航

 『 東京都知事選(23日告示、2月9日投開票)への出馬を決めた細川護(もり)煕(ひろ)元首相(76)は16日、公約を発表する17日の記者会見を20日以降に再延期すると発表した。「脱原発」や2020年東京五輪の対応で過去の自身の発言と自主的に支援する民主党などとの整合性が取れない上、東京佐川急便からの1億円借り入れ問題の説明の仕方に苦慮しているとみられる。』

 う〜ん…。

 どうなんだろ?
 これって、「誰を応援します」とか宣言するとまずいんですかね?

 今回は舛添氏か田母神氏かなあ…。
 五輪はあまり興味ありませんが、市都民税をもう少し手加減していただませんか(切実)
 

パソコン届く

 昨日、お願いしておいたスタッフ用のパソコンが届きました。

 

 これでウチにはMacが三台・Windows機が一台。
 Macは三台とも見た目が同じなので、テプラで番号を入れておきました。
 仕上げは皆パソコンでやってもらうことになるので、もうトーンは必要無くなります。
 ウチでは年間に30万円くらいトーン代が出ているので、一年で回収できそうですね。

 MacOSも新しくなったのですが、少し操作感が違います。
 古いソフトがいくつか使えなくなってるのがちょっと痛いと言うか、不安要素。
 旧機種の環境も残しておくべきでしたかねえ。
 まあ、問題が起こったらその都度対処して行くしか有りません。
 
 *

 カラシニコフ氏「懺悔の書簡」 昨年、露正教会に「痛み耐え難い」

 『書簡を入手した同紙によると、カラシニコフ氏は自らの開発した小銃で多数の人命が奪われたことについて、「心の痛みは耐え難い」と告白。「私には、たとえ敵のものであっても、人々の死に罪があるのか」「神は光と影、善と悪を不可分のものとして創りたまったのか」と問うている。

 正教会関係者は「祖国防衛を目的とした武器の開発や使用は支持される」との立場を同紙に説明し、「カラシニコフ氏は愛国主義の模範だ」とする返信をキリル総主教が出したことを明らかにした。

 カラシニコフ氏が第二次大戦での経験から開発したAKは信頼性と使いやすさから普及し、模造品も含めて世界に1億丁が存在すると推定されている。「世界で最も人を殺した武器」と評されることについて、生前の同氏は「和平合意できず、暴力に訴える政治家の責任だ」と語っていた。』


 う〜ん、「銃は人を殺さない、殺すのは人だ」というのは銃規制論が持ち上がる度にアメリカのライフル協会の人達が言う台詞でしたかね。
 私としては良いとも悪いとも言えません。
 
 どちらかといったら住友重機による自衛隊の機関銃データ改ざんのほうが許せないかなあ。

冷え冷え

 連日冷えますねえ。

 現在私の旧ベッドの上には猫どものためにホットカーペットが敷かれています。
 直接お袋がその上に毛がつくのを嫌がってカバーを掛けたのですが、ちびはめくって寝てしまう。

 で、洗濯バサミでカーペットにカバーを固定したみたいなんですけれど、結果は以下の通り。

 

 むしろちびにとっては都合の良い環境になったようです。
 他の二匹にはまだこのような知恵はありません。
 猫には「他の個体の行動を見て真似る」ということは無いのでしょうか。

 注文しておいた「マヌカハニー」が届いたので、早速ちびときじしろの口に塗ることにしました。
 抵抗しやがるのでなかなか大変です。

 *

 ほうき持つ女性型ロボットの表紙 人工知能学会の「お詫び」、過剰反応では

 『人工知能学会では13年12月25日、社会への情報発信を強めようと、学会誌の表紙をリニューアルしたことをサイト上で発表した。そこでは、腰にケーブルを付けた女性型ロボットが、手にほうきと本を持ってこちらを見つめているという、学会誌としては異例のイラストが載っていた。イラストは女性が描いたという。

ところが、発表後からは、ツイッターなどで、女性差別ではないかなどと不快感を訴える声も出るようになった。さらに、米MIT助教で現代アートを手がける「スプツニ子!」さんが26日、表紙について、「ひ ど す ぎ !!!」と女性の立場でツイートすると、著名人の発言だけに注目を集めた。「スプツニ子!」さんは、「例えばアメリカの学会誌表紙が黒人や黄色人種の掃除アンドロイドだったらというのを想像してほしい」として、表紙について国際的な視点が欠けていると批判している。
その後、ネット上では議論が続き、表紙については、賛否両論が出ている。脳科学者の茂木健一郎さんも「これは、スプちゃんの言う通りやな」とツイートするなどしたが、一方で、「そんな目くじら立てることかね?」などと過剰反応を戒める声は多い。』


 「ひ ど す ぎ !!!」という言葉だけだと何がひどいのかわかりませんが、「例えばアメリカの学会誌表紙が黒人や黄色人種の掃除アンドロイドだったらというのを想像してほしい」という言葉が続いているのを見ると「使役される存在のイメージとして女性を使用している」ということなんでしょうか?
 はて、このイラストのどこにそんな要素があるのやら。

 私には「自分の部屋を掃除している」ように見えますがねえ。
 右手には本が見えます。
 この本を「読みながら作業している」のか「本を片付けている」と取るかでまた印象が違って来るでしょうけれど、本を読めるなら、掃除しているから「掃除アンドロイド」というわけでもないでしょう。

 見る人間によって「絡み合う男女」に見えたり「イルカの群れ」に見えたりするが有りましたが、それと一緒じゃないのかなと。
 
 でもまあ、こうやって過剰反応を戒める声があがる様になったというのは良いことですね。
 20年くらい前だったらフェミの人達に一方的に潰されていた所です。

 学会誌の表紙も萌えの時代かあ。

勉強勉強

 ここの所作劇や構成でもそうですが、絵でも考え込むことが多くなったので、漫画家の深谷陽さんが紹介していた「伊藤彦造」のイラスト集を買ってみました。

 


 あまりに凄過ぎて参考とか勉強ってレベルにならん。

 こんな絵で漫画描いてたら、一本完成させるまでに何年かかるやら。
 う〜ん、でも、なんとなく自分の作品で応用できるような部分も有ります。
 これ、CGで再現できるような箇所はあるのかな?
 できるなら結構インパクトのある画面が作れそうです。
 
 今までは話題作とかヒット作とか、他の作家さんの作品はほとんど見なかったんですが、今年は一巻だけ購入して目を通すようにしたいと思っています。
 なぜ今まで見ないようにしていたかと言うと、単に悔しいから。
 結構他人の作品に嫉妬するタイプなんですよ。

 ただ、その嫉妬を作品に昇華する努力はきちんとしてきたつもりなんですけどね。
 「なんで売れているのか」「何が面白いのか」はわからなくて良いと思うんですけど、目を通すことだけは義務化しようと思って。
 今年は勉強の一年になりそうです。

 *

 去年出し損ねた「お年玉つき懸賞ハガキ」を普通のハガキに交換してもらいました。
 このまま放っておいても一生使いそうにないので、毎月購入している雑誌の懸賞に送ることにします。
 どの懸賞に出したかなどは随時報告して行きますので、どれくらい当たるものなのか参考にして下さい。
 
 それにしても、「面白かった・つまらなかった漫画(記事)」を答えると言うのは神経に来ますねえ。
 自分もやられている立場ですし。

 *

 今年のおみくじ

 小吉

 軒のはの 嵐の風は さわげども 春を覚ゆる 家の内哉

 心を和にもちて親類縁者に交はれば 争ひ事なくなりてよく 一家和合し他所には困り事ありても自分の家のみは春風吹く様に楽しみ集まる他人のために尽せ

 ●願望 思ひのままなり
 ●待人 時後れて必ず来る
 ●失物 男にとひて探せ 
 ●旅行 早くしてよろし
 ●商法 利ありて損はなし
 ●学業 怠らず学べ
 ●方向 何れもよろし
 ●争事 勝、人に頼むが吉
 ●同居 年古きものが吉
 ●転居 さしつかへなし
 ●お産 さわりなし信心せ
 ●病気 なほる よき医師にたのめ
 ●縁談 心和やかに待てば疑ひ晴れて思い叶ふ

 今年から縁談は関係ないね。

12月分アップ

 やっと去年の12月分の仕事が終わりました。
 ここから本当のお正月…と行きたいですが、もうすぐに今月分の仕事にかからないといけません。
 真の正月は二月までお預けですね。
 なあに、お相撲さんだって本当の正月は初場所が終わってからと言うじゃありませんか。

 *

 有明の中の人・漫画家のたみさんから結婚祝いのイラストをいただきました。

 

 私一人でしまっとくのはもったいないので公開です。
 ありがとうございます。

 ところで、姪や甥には「義理」という言葉は遣わないそうですね。
 その場合は夫・妻方の姪・甥という表現になるのでしょうか。
 知らないことが多いなあ。

 *

 餌を食べるので気づきませんでしたが、きじしろの口内炎も結構ひどそうです。
 前足で口の周りを引っ掻くような仕草をします。
 
 獣医さんの話では「治療は餌が食べられなくなってから」らしいので、現在は見てるしかありません。
 消臭剤の「きえ〜る」はいまひとつ効果無しと見えます。
 あとは「マヌカハニー」待ちですが、まだ届きません。

 *

 なぜ日本は福島原発で作業するロボットを創れないのか…技術「お家芸」なのに原発事故では「米国製」の“屈辱”

 『東京電力福島第1原子力発電所事故を機に、原発施設で作業するロボット開発が加速している。日本でも世界に先駆けた技術も登場しているが、市場は実績のある大手企業や有名大学が独占し、ベンチャー企業は画期的な技術を開発しても参入は困難なのが実情。福島の事故では原子炉建屋に初投入されたロボットが米国製という屈辱を味わい、米IT大手がロボット関連企業の買収を進めているのも脅威だ。日本のお家芸といえるロボット分野の発展には、優れた技術ならベンチャーや中小企業にも門戸を閉ざさない度量が必要だ。(板東和正)』

 困りましたねえ。
 ロボット技術は将来、家電や車なみに大きな市場を持つ産業になると思うんですが、このままだとアメリカが本場ということになってしまいそうです。
 閉鎖的な市場の他にも、例えば電波や道路交通法など、行政の壁が高すぎるというのもあるんでしょうけどね。
 
 まあそこはおいおい取り組むとして、まずは原発の後処理を早くして欲しいものです。

謹賀新年2014

 皆さん、あけましておめでとうございます。
 今年もよろしくお願いします。

 と、言いつつまだ先月分の仕事を引っ張ったりしているんですけどね。
 大丈夫、仕事始めまでには何とかなるはずですから。

 *

 元旦は埼玉にある「越谷レイクタウン」まで、お嫁さん一家のお買い物にお付き合いして来ました。

 

 先月からこっち、「闇に隠れて生きる」暮らしをしていた私が普通の人間の生活をしています。
 ただやっぱり、この生活はやや仕事の遅延を招くようですねえ。
 就寝はともかく、起きる時間を早くして作業時間を確保することにします。
 「朝は寝床でグーグーグー」というわけにはもういきませんねえ。

 *

 ウチのお袋がスマートフォンからガラケーに戻したようです。
 高齢者向けのスマホが恐ろしいほど使い辛いらしく、電話に出ることもままならなかったのだとか。
 道理で通話がつながらないと思った。

 *

 今年の目標

 仕事がそこそこきっちりできているだけに、ちょっと難しいですねえ。
 「大ヒット作を描こう」ということになると、じゃあ現在の連載はどうするんだということになりますし。
 
 う〜ん。
 
 全体的な仕事量をやや増やすこと。
 現在の連載は維持しながら新企画用のネームを何本か立ち上げ、編集さんに渡すこと。

 こんなとこから始めますかね。
 それでは、今年もよろしくお付き合い下さい。

 藤栄道彦
 
来訪者数
愉快な仲間たち
プロフィール

藤栄道彦

Author:藤栄道彦
漫画家 藤栄道彦です。
月刊コミックゼノン
「コンシェルジュ
 インペリアル」

月刊コミック@バンチ
「最後のレストラン」

くらげバンチ
「妖怪の飼育員さん」
連載中です。

「コンシェルジュ」全21巻
「コンシェルジュプラチナム」全10巻
「コンシェルジュインペリアル」1〜4巻
「最後のレストラン」1〜8巻
「妖怪の飼育員さん」1巻
発売中。

Twitter「@michihikotoei」
michihiko1971@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。