スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水漏れ

 今日は雨のせいか、朝のうちはやや寒かった気がします。
 
 灯油をうちのお袋がもう片付けてしまったので、久しぶりに電気ストーブを使いました。
 これが五月に入ると、とたんにクーラーでもつけようかという日が出て来るわけですよね。
 一年なんてあっという間です。

 *

 二階のトイレのタンクから水漏れがするので、業者さんに来てもらいました。
 犯人は「消臭スプレー」だそうです。

 これを用を足した後に便器に噴霧すると、水に溶けた成分がだんだんタンク内部に溜まり、キクラゲのようなゼリー状の物体になるようです。
 これが水の通り道を塞ぎ、溢れ出すということらしいですね。

 うちはスタッフがいるので、一般家庭よりもスプレーを使用する頻度が高いはずです。
 なので一般家庭よりも詰まるのは早かったんじゃないかと思うんですが、同じようにスプレーを使っているご家庭では便器に直接噴霧するような使い方は避けたほうが良いでしょう。
 水を流した時、キクラゲのようなものが流れて来たら要注意。

 *

 久しぶりに手塚先生の「どろろ」が読みたくなって、電子書籍で購入してみました。
 やっぱり面白いです。

 特に「魔物に全身を奪われた主人公が、戦ってひとつひとつ取り返していく」という設定は秀逸だと思います。
 私は小学生の頃に文庫で初めて読んだんですが、この作品は連載当時人気が無くて打ち切られてるんですよねえ。

 手塚先生は少年誌で思いの外人気が取れないことを強く意識されていたそうですが、藤本弘(藤子F不二雄)先生も短期で終わってしまう作品が多かったようです。
 「キテレツ大百科」「パーマン」「21エモン」…。
 
 今でこそどれも名作とされてますが、もしも「ドラえもん」の大ヒットが無かったら藤本先生やこれらの作品の運命も違って来ていたかもしれません。
 「良い作品」「面白い作品」を描いても必ずしも「ウケる」「売れる」わけではないというのは事実だと思います。
 このことは私に希望と絶望の両方をくれます。

 「売れないからといって面白くないというわけじゃない」というのが希望。
 「面白い漫画でも売れないことはある」というのが絶望。

 結局の所は「やってみないとわからない」というのが結論ですね。
 こればっかりは「案ずるより産むが易し」です。

 *

 最近、「作画しながら字コンテを切る」ことが出来るようになりました。
 これが完璧に出来るとネームにかかる時間が一日短縮できます。
 たかが一日ですが、月二本ある時は二日の余裕ができるわけです。
 意外と大きいんですよねこれ。
 二日あればネーム一本できるわけですし。

 まあそこまでやってもスケジュールはハードなままなんですけどね。
 とりあえず今日は朝まで徹夜作業です。 
スポンサーサイト

風評被害

「美味しんぼ」に「風評被害を招く」と批判 スピリッツ編集部がコメント

 『4月28日発売の「ビッグコミックスピリッツ22・23合併号」(小学館)に掲載された「美味しんぼ」について、福島第1原発の見学から帰ってきた主人公らが原因不明の鼻血を出したとする描写に対し、風評被害を招いているとして批判が集まっている。

 作中では主人公らが鼻血を出したり疲労感を覚えたという描写があり、双葉町元町長の井戸川克隆氏も登場して同様の症状があるとして「福島では同じ症状の人が大勢いますよ。言わないだけです」と語った。作中では医師が「放射線と鼻血を関連づける医学的知見はありません」と語る場面があり、両者を直接関連づけてはいないものの、「福島に行くようなってからひどく疲れやすくなった」と登場人物が話すシーンなどがあり、不安をあおっているとも受け取れる描写がネットユーザーから批判されている。批判の声はTogetterなどにまとめられている。』


 どうなんでしょう?
 「取材で鼻血を出した」というのは著者の経験ですから事実としても、作品でそのシーンを描写するということは「意味のあるシーン」ということになるんですよね。
 つまり「そのシーンを描くことで読者にこういうメッセージを伝えたい」という意図があることになるんです。
 あくまでも「私の作劇方法では」ですけどね。 
 
 違うケースだと「空手バカ一代」で大山倍達が「指による硬貨二つ折り」を疲労した時、「蕁麻疹が吹き出る」というシーンが追加で描かれていたように、「リアリティを出すための演出」として挿入されることはあります。
 
 まあ、これ以上は直接読んでいないのでコメントの仕様がありませんが、このエピソードが世に出ることで迷惑する人よりも救われたり・感謝してくれたりする人間が多いのであれば良いんですけどね。

 私自身は放射線・放射能に関しては「被曝量と時間」が重要だと考えているので、現在はそんなに神経質になっていません。
 機会があれば一度福島に行ってみたいとも思っています。
 
 むしろ徹夜や無理なダイエットのほうが寿命を縮めてる気がするんですが。

 *

 ジョギングができないので、体重は65kgジャストを行ったり来たりしているようです。
 今朝保険屋さんが来て健康診断をやったのですが、身長は163cm・お腹周りは75cmでした。
 三月よりも8cmほど減ったことになります。
 血圧や脈拍は正常。

 去年の今頃は62kg台まで落として「やった!」と思ってたんですよねえ。
 
 膝はまだ外を歩くと痛みがあるので、分厚い中敷きをスニーカーの中に入れています。
 これで走ると今度は足首を捻りそうな感じですが。

検査結果

 前回の記事のまま更新が途絶えていると、まるで重篤な病気が発見されたみたいですね。
 結果は異常ありませんでした。

 もともと消化器系はやや弱いほうでよくお腹を壊すのですが、ポリーブのひとつも無かったようです。
 となると腸内の環境に問題があるんですかね。 
 しばらく整腸剤を飲んでみることにします。

 *

 今月号の「コンシェルジュ プラチナム」の表紙。

 43-01.jpg

 構図的にどうしようもなかったのですが、このコスチュームのなごみの正面を描けなかったのが残念でなりません。
 コミックスのおまけとかでどうかなと思うんですが、これは「見えない」のが良いような気もするんですよね。

 *

 「標準体重」に近づけるために三月くらいからジョギングを始めたんですが、1.5kgほど減らした所で左膝を痛めたようです。
 現在湿布してサポーターを付けていますが、なかなか予定通りに行かないものですね。
 うちの中だと大丈夫なんですが、外に出てアスファルトやコンクリートの上を歩くと痛みがぶり返します。
 痛む場所からすると鵞足炎(がそくえん)というやつみたい。

 スニーカーの中に分厚い中敷きを入れてみましょうか。
 ストレッチって大切なんですね。

検査準備

 前回の記事にいきさつは書いてありますが、明日は便潜血の精密検査です。
 今日は朝から検査食というやつを食べ、夜に下剤を二回飲みました。

 この検査食というやつですが、ただのお粥です。
 
 朝・お粥と薄い味噌汁(具は小ちゃい豆腐のみ)
 昼・お粥と吸い物(具は同じ)
 間食用のチョコクッキー
 夜・コーンスープのみ
 
 この他にジュースを二杯分

 まあジュースは飲めているので糖分は補充できているせいか、それほど空腹感は感じません。
 胃袋の中は空なので、グウグウ鳴りますけどね。
 お腹は空いているのに空いていない、そんな不思議な感覚です。

 *

 仕事をしながらも合間にジョギングは続けています。
 なんとか一年ぶりくらいに64kg台に乗せることができました。
 去年の今頃は62、3kgくらいだったので、もう一息ですね。
 そこからは「標準体重」というやつに向けて未知の領域になりますが。

 とりあえずブートキャンプは「腹筋プログラム」以外できる場所が無いので、ジョギングと「腹筋プログラム」を交互にやっていくことにします。

 *

 乗客誘導怠り脱出? 船長らの逮捕状請求
 
 『【珍島=加藤達也】韓国南西部全羅南道の珍島沖合で旅客船「セウォル号」が沈没した事故で、韓国の合同捜査本部は18日、乗客の避難誘導を怠り先に船から脱出した可能性などがあるとして、特定犯罪加重処罰法違反の疑いで船長ら3人の逮捕状を請求した。一方、海洋警察は同日、船の運航会社を家宅捜索した。』

 ここの所大きなニュースが続きますが、先日のSTAP細胞についての笹井副センター長の会見とかもこの報道で影が薄くなった感じです。
 
 そう言えば朝鮮戦争のときも、いきなり李承晩が国民を放り出して逃げたんでしたっけ。
 直後、イタズラメールが届いたなんて話も目にしましたがなんともはや。
 
 事件の映像を見て「ポセイドン・アドベンチャー」を思い出した私は今年で43歳。
 船が転覆することは十分あり得る状況なんですから、それを前提にして脱出とか救助が容易にできるような設計にはできないものなんですかねえ。
 

生きてます

 ブログの更新頻度落ち過ぎですね(汗)
 
 いや、やる気が無くなったとか書くことが無くなったとかではありませんが、ただもうここの所忙しくて。
 ほら、原稿が遅れ気味なのにブログとか書いてると「なんで忙しいのにブログなんて書いてるんだ」と思われるでしょう?
 なかなかタイミングが難しいんですよ。

 前回のブログのネタは「いいとも」か。
 後番組の「バイキング」はちょっと見る気にならないですね。
 昼飯時に流し見するのすら躊躇われるレベルです。
 なんというか

 「視聴する理由が全く無い」と言う感じ。

 うちはスタッフの皆と昼食をとってるんですが、「とりあえず合わせておくチャンネル」が無くなりました。
 現在は「徹子の部屋」が第一候補のようです。

 *

 結婚した以上、これからは自分の健康管理もしっかりやろうと先日市の健康診断を受けました。
 徹夜明けで(笑)

 色んな数値がボロボロでしたね。
 まあ「健康指導」の範囲内に数値が留まってくれたのは幸いですが。
 とりあえず「メタボ気味」の評価が出たので、現在食事制限とジョギングの日々です。

 ちょっとここからはお食事中の方は要注意。


 
 二日ある検便の片方に「便潜血」が出てしまいました。
 座り仕事は肛門の周りが鬱血するのか、たまに血が滲む時があるんですよ。
 もう20年くらい付き合ってる現象なんですが、今回それにぶつかっちゃったんですよね。
 
 結局精密検査を受けることになりました。
 前日に「検査食」というなんだかまずそうなものをちょびっと食べ、さらに下剤を飲んで過ごさないといけません。
 えらい災難です。
 まあこれも何かのネタにはなるでしょう。

 それにしても、標準体重まであと8kgくらい落とさないといけません。
 なかなかきついなあ…。

「いいとも」終了

 「せいぜい3年といわれ」「おれはタモさんだけ駄目になればいいなと…」

 『3月31日、フジテレビ系バラエティー番組「笑っていいとも!」の最終回のテレフォンショッキングのゲストとして登場したビートたけしさん。司会のタモリさんが普段通り「今日のゲストはビートたけしさんです」と紹介すると、会場は一気に盛り上がった。』

 いやあ、たけしさんの表彰状冒頭「すべてゴーストライターが書いたものであり私は一切関係 ないことをご了承ください」
でもう爆笑です。
 毒舌でありつつも、全体としてギリギリ感を守ってるあたりさすがのバランス感覚。
 私もこういうつつき方が出来るようになりたいと思います。

 例えば旬の人間を扱うにしても、小保方晴子氏じゃなくて佐村河内氏の方を持って来るでしょう?
 私的な感想なんですけれど、ここで小保方氏のほうをつついてしまうと、笑っていいのかどうかわからない微妙な雰囲気になってしまうと思うんですよ。
 
 この辺は事件の性質の違いとかいろいろありますが、最終的には「嗅覚」だと思うんですよね。
 自分の発言に対してどんな反応が還って来るかを予想する勘の良さ。
 いえ、単に勘の良さなのか観察や勉強の成せる技なのかはわかりませんが、この鋭さがあればこそ何十年も芸能界の第一戦でやって来れたんだろうなと思います。
 「それを聞いたとき私はショックのあまり耳が聴こえなくなりました 」とか「私は思わず聴こえなかった耳が回復し」のくだりなんて、私は怖くてとても使えないフレーズです。

 でもやっぱり、滑舌は衰えられましたねえ。 
 DVDの「北野ファンクラブ」なんかであの全盛時のマシンガンみたいな話し方を聞いていると、やっぱりちょっと寂しいです。
 
 一方のタモリさんは32年間、本当に変わりませんねえ。
 子供時代の私にとって、タモリさんは「オレたちひょうきん族」とかで目にすることの多かったたけしさんやさんまさんと比べて、「いつの間にか大御所になっていた不思議なタレント」でした。
 最も、当時のタモリさんは眼帯やサングラスの特異な風貌が漫画で描かれることが多く、存在の認知はしていたんですけどね。
 主な活動の場が深夜番組だったから、漫画家はよく見ていたんですかねえ。

 80年代は日本中が笑うことに貪欲な時代でした。
 その象徴が「いいとも」であり「ひょうきん族」であり「フジテレビ」だったのだと思います。
 今、その時代がひとつ終わりを告げたということでしょう。
 32年間、お疲れ様でした。
 願わくは、次の時代がもっと「心から、明るく笑える」時代であると良いですね。

 *

 日本の調査捕鯨は条約違反 国際司法裁判所
 
『【ハーグ=宮下日出男】反捕鯨国のオーストラリアが、日本による南極海での調査捕鯨は国際捕鯨取締条約に違反するとして中止を求めた訴訟で、国際司法裁判所(オランダ・ハーグ)のトムカ裁判長は31日、日本の調査捕鯨は「研究目的ではない」と述べ、条約違反と認定、今後実施しないよう命じた。』

 う〜ん。
 今後竹島問題や、いわゆる従軍慰安婦問題にも影響を与えそうな判決ですね。
 
 まあ私も、現在の調査捕鯨の有り様は中途半端だと思います。
 ノルウェーやアイスランドのように堂々と穫るか、すっぱりやめるか、どちらかにすべきではないでしょうか。
 
来訪者数
愉快な仲間たち
プロフィール

藤栄道彦

Author:藤栄道彦
漫画家 藤栄道彦です。
月刊コミックゼノン
「コンシェルジュ
 インペリアル」

月刊コミック@バンチ
「最後のレストラン」

くらげバンチ
「妖怪の飼育員さん」
連載中です。

「コンシェルジュ」全21巻
「コンシェルジュプラチナム」全10巻
「コンシェルジュインペリアル」1〜4巻
「最後のレストラン」1〜8巻
「妖怪の飼育員さん」1巻
発売中。

Twitter「@michihikotoei」
michihiko1971@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。