スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぎゅうぎゅう詰め

 五月ももうすぐ終わり、来月が過ぎればもう今年も折り返しですよ。
 早いものです。

 現在コミックスの作業中なのですが、このアイデア出しに半日ほど潰してしまいました。
 なかなか考えながらは他の仕事をしにくいですからね。
 仕方無いと言えば仕方無いんですが。
 
 思いついたネタは箇条書きにしてメモにしていきます。
 しかしこのうちの一本、「分配方法」とだけ書いてあるメモがどうしてもどんなネタだったのか思い出せません。
 これは参った。

 一本一本絞り出すようにして考えてるだけに、ここでまた一本考えるとなるとそれだけ時間がかかります。
 弱りましたねえ。
 なんだろう、誰のネタだったかなあ?
 
 ちょっと思い出せないので、さらに悶絶は続きます。

 *

 コミック「孤独のグルメ」の主人公がアクションフィギュア“figma”に!
 
 孤独のグルメ」というコミックがある。原作・原案:久住昌之氏、作画:谷口ジロー氏で、扶桑社から1997年に最初の単行本が出版された。中年にさしかかろうという独身男性の主人公・井之頭五郎が様々なところで“ご飯”を食べ、その感想を独り言で語るという形式だ。

 五郎が立ち寄る店は大衆食堂のような店が多く、個人輸入業という仕事の合間での食事がほとんどだ。非常に地味な作品だが、久住氏の様々なこだわりと、谷口氏の緻密な作画で独特の味わいのある作品となっている。このコミックがネットを中心に人気を博し、2012年からはテレビドラマも制作され、現在でも新たなファンを増やし続けている。


 「figma!そういうのもあるのか!」
 もう何でも有りですね(笑)
 お店を模したジオラマとかも欲しくなっちゃいますね、これだと。

 *

 「人造人間キカイダー」のBlu-rayが発売になってますね。

 今の若い人は知らないでしょうが、この番組は当時夜中の8時から放送してたんですよ。
 「8時だヨ!全員集合」の裏番組だったんです。
 「キューティーハニー」とか「デビルマン」もそうでしたね。
 子供が観るには少々グロテスクな容姿だったので、その辺に配慮されたそうです。
 

 当時私は二歳なのでいくらなんでもリアルタイムで観てるはずないんですが、祖母の家で見たような気がするんですよね。
 まあ後天的な記憶の操作なのかもしれませんが。

 ただ後々この番組は再放送で何度と無く観ました。
 いえ、もちろん私は大好きなんですが、異様に予算無いんですよね「キカイダー」は。

 もう、第一話の「ダーク破壊部隊」が勢揃いするシーンからして悲惨。
 シルエットでの登場なんですが、どう見てもただの看板。
 しかも元がおそらく石ノ森先生のラフスケッチか何かなので、実物と似ても似つかないと言う。
 後年のリメイク的作品、「メタルダー」は良く出来てたんですが。

 でも、日本特撮会の金字塔的作品のひとつであることは間違い無いと思います。
 ネタ番組としても楽しめますし、未見の方はぜひ一度ご覧になって下さい。
 

 それにしても、あと一本どうしよう…。
スポンサーサイト

窓際のキャットちゃん

 油断すると間が開いてしまいますね。
 そうは言っても、現在修羅場進行中なのでなかなか時間が作れなくて。

 

 朝のうちは気持ちの良い季節ですが、日中はそろそろエアコンをつけないと厳しくなってきました。
 何せ私の書斎は家の一番角にあり、隣家の陰になることも無く西と南からじりじり熱されるのです。
 
 ナイト2000も黒いボディが激しく熱を持つので、毎年夏場は朝と夕方以外走らせません。
 停めておくとあっという間に車内がサウナですし。
 キャブレターにも厳しい時期になりました。
 本来は季節によって調整しないといけないんですけども。

 ちびが脱走する可能性があるので猫どもは普段ベランダに出さないようにしているのですが、出してやると本当に気持ち良さそうなんですよねえ。
 最近歳のせいかちびもベランダの縁に登らなくなったんですけどね。

 *

 艦これ「生みの親」 週刊誌掲載の元乗組員の感想に感慨無量

 『 昨年4月からサービスが開始されたオンラインゲーム『艦隊これくしょん=艦これ=』が、若者たちを中心に大ヒットし、新たな「軍艦ブーム」の火付け役となっている。ゲームの内容は、帝国海軍の軍艦を擬人化した「艦娘(かんむす)」と呼ばれる美少女キャラクターを戦わせながら育てるものだが、1月14日発売の週刊ポスト(1月24日号)の16ページ特集『日本史上最高の軍艦ランキング』内において実現した、軽巡洋艦「矢矧(やはぎ)」元乗組員の池田武邦氏(90)と艦娘「矢矧」の対面企画が話題となっている。
 艦娘「矢矧」と対面した池田氏は「かわいいじゃないか。うん、いい子だよ」と、非常に好意的な感想を漏らした』

 
 う~ん、良い話なんだかどうだか、感動していいんだかどうかわかりません。
 申し訳なさも感じたり感じなかったり。
 日本でしか無いでしょうねこんな話。
 まあ感動しておいたお得だと思うので、じ~んと来ておくことにします。

 私は「艦これ」やってないんですが、自分で乗るなら雪風が良いですね。

 確か水木御大も戦艦の模型作りが趣味でしたっけ。
 「水木しげる伝」に奥さんと作ってるエピソードがありました。
 「艦これ」ブームで戦艦模型も思わぬ特需となってるみたいですし、日本は遊べるものが多くて良いですねえ。

 まあ、今の私には何をする時間もありませんが。

久しぶりの銀行

 「小規模共済」というやつをご存知でしょうか?
 まあ簡単に言うと、個人事業主が事業を続けられなくなった時に掛け金に応じて支給される退職金みたいなものなんですが、収入から控除を受けられるので今年から加入しておくことにしました。
 その申請に必要な手続き諸々含めて銀行に用事があったので、昨日久しぶりに新宿まで出かけました。
 初めて「車で」です。

 家からだと車で十分くらいの所に有料入り口があるので、やってみると電車より早いです。
 懸案の駐車場も銀行の入っているビルの地下にかなり大きなものがあるので問題ありませんでした。
 
 難点はお金がかかること。
 有料道路に620円、高速に乗るのに910円。
 これが往復、プラス駐車場の代金です。
 ちょっと頻繁には使えませんね。

 *

 「あ。真犯人です」 片山被告、メールに詳細な手口、墓穴掘る

 『パソコン(PC)遠隔操作事件への関与を主任弁護人に認めた片山祐輔被告(32)。自らを追い詰めた「真犯人」を名乗るメールが報道関係者らに届いた16日午前11時40分ごろには東京地裁で公判が開かれ、被告本人が出廷していた。

 メールは表題に続き、「あ。真犯人です。お久しぶりですね」と切り出した。「何でこのタイミングで登場かというと、片山氏が報道番組に出ているのを見てかわいそうになったからです」と書かれていた。』


 今年に入ってこんな具合にニヤニヤと笑みを浮かべながら連行されていく被疑者を何人か見ましたが、このタイプの犯罪者ってこれからどんどん増える気がするんですよねえ。
 たとえそれが犯罪行為であっても、注目されることに愉悦を感じる…というような。

 *

 「美味しんぼ」“鼻血は被曝”を検証 構内見学した記者に異常なく…放射線の影響「量で判断が必要」

 『小学館『週刊ビッグコミックスピリッツ』の漫画「美味(おい)しんぼ」で、東京電力福島第1原発事故による放射線被曝(ひばく)が原因で、福島で鼻血が出た人がたくさんいるなどの描写があった。放射線の体への影響は既に多くのことが分かっており、漫画に描かれたような事実はあるのか。被災地の復興のためにも合理的な判断と冷静な対応が求められている。(平沢裕子)』

 「○○を食べて放射線障害が治った!」「福島の大地は素晴らしい力を秘めているのね!」…というような展開を期待していたんですが、さすがに無理でしたか。

スターダストクルセイダーズ

 書斎に隠りっきりだと「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダーズ」をなかなか視聴できないので、ニコニコ動画のポイントを購入してみました。
 かなり良く出来ていますね。
 作画も違和感ありませんし、よく動きます。
 二十五年経ってようやく当時の荒木先生の作品をアニメに出来る所まで技術が追いついた訳です。
 感慨深いものがありますね。

 「黄金バット」のときもそうでしたが、こういう作品は他の視聴者のコメントを眺めながら見ると楽しさが増します。
 こんな時代が来るなんて当時は考えもしませんでした。

 第一話でスタンド登場時に「ペルソナ?」というコメントがありましたが、あれはゲームのほうがスタンドをパクったものです。
 ゲーム業界もそうですが、「ジョジョ」が他の作品に与えた影響は小さくありません。
 キャラクターデザインなどは置いておいても、漫画では特に「能力バトル」と言われるジャンルを確立したのが大きいですね。
 業界で長いこと不治の病とされていた「強さのインフレ」を克服できたんですから。
 抗生物質が登場したくらいのインパクトはありましたよ。

 まあでも、未だにこれに苦しんでる作家さんはいますけど。

 その「ジョジョ」も「北斗の拳」が無かったらおそらく無かったでしょう。
 そんな漫画の歴史をリアルタイムで見て来たのは幸運だった…んですかね。
 幸運だったと思うほうがお得かもしれません。

 ヒット作が時代を生むのか時代がヒット作を生むのか。
 この辺はよくわかりませんが、ヒット作が生まれるのにはその作品を受け入れる土壌みたいなものが用意されているという気がします。
 「ドラゴンボール」を生んだのは、「ジャッキー・チェン」のブームでしょうし。
 「沈黙の艦隊」の大ヒット時はアメリカに対する反感みたいなものがありました。

 この土壌が見えるようになると漫画家は楽なんだろうなあと思います。
 そんな土壌どころか、最近は原稿用紙の線も見えません。
 いや、老眼とかそういう訳ではなく「絵の引くべき正解のライン」が見えないんですよ。
 若い時は見えてたような気がするんですが。

 なんか寂しい話になってしまいましたね。

 でも、「描けるもの」は年々増えていってるんですよ。
 連載用の企画会議とかに一度に二・三本くらいずつ出せるほど。
 年齢とともに増えるアドバンテージって、そんなことくらいしかないんですかね。
 人生の残り時間を予想して、あとどれくらいの作品が描けるのかなと考えたりもします。

 やっぱり寂しい話になってしまいますねえ。 

睡眠時間と仕事効率

 あまりに睡眠時間をとらないと、日中朦朧として作業効率が下がります。
 わかってはいるんですが、仕事が立て込んで来るとどうしても夜更かしや徹夜をしがちです。
 結果かえって作業が遅延する訳で、なんとかなりませんかね本当に。

 一応、眠気覚ましに「エスタロンモカ」みたいな錠剤やドリンクは市販されてますが、ああいうのは基本的にそれなりの睡眠時間をとっている人達のものです。
 もともとの睡眠時間が足りなければいくら服用してもダメです。
 カフェインの耐性も付いてる気がしますしね。

 時代が時代ならヒロポンとかに手を出していたかもしれません。
 覚醒剤が店頭で市販されてたというのも凄い話ですが、確か東南アジアのどこかでは「ヤーマー」とかいう名前で似たようなものが普通に薬局で売っているとか読んだ記憶があります。
 「ドラえもん」に出ていた「ねむらなくてもつかれないくすり」とか実はヤバいものじゃないんですかね。
 一時間寝れば十時間分の睡眠がとれる「睡眠圧縮剤」というのも、本気でどこか研究するべきだと思います。

 *

 「美味しんぼ」鼻血描写 環境省が反論「除染効果は確認している」

 『漫画「美味しんぼ」で「福島に住んではいけない」などと福島の除染効果を疑問視する描写が描かれたことを受け、環境省は13日、ホームページに見解を発表し、除染の効果は確認しているなどと反論した。石原伸晃環境相は同日の閣議後会見で「福島県の人の気持ちを考えると非常に遺憾。正しい情報発信をするしかない」と述べた。』
 


 ずっと自宅で仕事をしているとニュースでしか世の中の反応が見られませんが、結構大きな話になってるんですかねえ。
 作品の内容に関してはノーコメントですが、福島の方達の迷惑にならないことを願います。

ジョギングシューズ

 膝を痛めたので買ってみました。
 値段は4000円ちょっとです。
 スニーカーなんてほとんど買ったことありませんが、安いほうじゃないかな。

 

 一年くらいで中の緩衝材がダメになるらしいので、あまり高いもの買っても仕方ありませんしね。
 買ったは良いんですが、忙しくて肝心のジョギングする時間が取れません。
 十分でも走ったほうが良いんですかね。

 *

 テレビでは花粉情報も流さなくなりましたが、私はどうもこの時期に発症するようです。
 くしゃみが止まらないので耳鼻科に出向いた所、一昨年もこの時期に来ていると言われました。
 カモガヤという植物の花粉がこの時期飛ぶそうです。
 杉花粉はあまり影響無かったんですけどねえ。

 さあ、今晩も徹夜でネームです。

追い込み中

 南シナ海でのベトナムと中国の衝突やら「美味しんぼ」の鼻血騒動やら世間では色々と事件がありますが、私の現在の最大の関心事は、今晩中に現在手がけている原稿を仕上げることであります。
 今回、そんなに作画は大変じゃないかなと思ってたんですが、意外と手間取りました。 
 今月は「最後のレストラン」の作画も大変だったんですよね。

 そんなわけで今日はとりあえず「更新するだけ」です。
 色んなものを少しずつ軌道に乗せていかないと。

自動車税

 睡眠時間を四時間にしても、日中二時間くらい朦朧とする時間が発生するんだから、きっぱり六時間寝たほうが良いんじゃないだろうか。

 今年も自動車税の季節がやって来ました。
 我がナイト2000は排気量が5000ccもあり、さらに旧車ということもあって一般の普通車に比べてかなり割高な税金です。
 国産車だとトヨタのセンチュリーか、レクサスの一部車種が相当ですかね。
 車種にもよりますが、車を二台持ってるのとあまり変わらないかもしれません。
 旧車やアメ車の愛好家は毎年心が折れそうになる時期といった所でしょうか。

 
 いや、色々考えることが出てくるんですよ。
 家庭を持ちますとね。
 同様の悩みを持つ旦那さんたちのご意見、お待ちしています。

 *

 4月の新車販売、軽「タント」が初の首位

 『日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が8日発表した4月の車名別国内新車販売台数は、ダイハツの軽自動車「タント」が前年同月比で約2倍の1万9390台となり、初の首位に立った。軽がランキングでトップを獲得するのは昨年4月のダイハツ「ムーヴ」以来、1年ぶり。一方、上位の常連だったトヨタのハイブリッド車(HV)「プリウス」は11位に急降下した。』

 実際近所を歩いていても、軽のボックスはよく見ますよね。
 車内のスペースも小型車以上にありそうだし、街乗りならこれで十分は十分かもしれません。

 TPPが締結されて車を所持する制度や維持費がアメリカ並みになってくれると助かるんですけどね。
 もっと安く車を所持できるように、圧力をガンガンかけて欲しいものです。

 アメリカは規制を撤廃させることには熱心でも、「売る」ことについてはそんなに熱心じゃないのが不思議です。
 「ガイアの夜明け」でホンダがN-BOXを作るとき、女性社員の意見を聞いて仕様に反映させたということを紹介していましたが、「消費者のニーズに合わせる」ということが彼らは意外と苦手なんですよね。

 日本の制度をアメリカ並にしても、日本人のニーズに合う車を作ろうとは絶対にしませんから、国内のメーカーにもそんなに打撃は無いと思います。
 この辺は肉や農産物も一緒じゃないでしょうか。

 …とりあえず今年は頑張って車検の費用を稼ぐことにします。

自主規制

 「めちゃイケ」、小保方氏をパロディーに? 放送予告の「阿呆方さん緊急会見」がネットで物議

 『「STAP細胞」論文の不正疑惑に揺れる小保方晴子氏が、2014年5月3日に放送されるバラエティー番組「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)で笑いの「ネタ」にされるようだ。
公式サイトの次回オンエア情報で明らかになったもので、インターネット上では問題視する声も少なくない。』


 結局放送されなかったみたいですが、先月の「いいとも」最終回のテレフォンショッキングで、たけしさんが佐村河内氏はいじっても小保方氏はいじらなかったのをご記憶でしょうか。
 共に旬の話題でしたが、たけしさんは「小保方氏では笑いは取れない」と判断した訳です。
 こうしてみるとやっぱりその嗅覚は正しかったということでしょうねえ。

 いえ、私は現在STAP細胞に関しては様子見と言うか、かなり懐疑的に見ているんですが、それは別としてこのネタが「有りか無しか」と聞かれれば「有り」ですかねえ。
 例の「美味しんぼ」の件に関しても、有り無しで言えば「有り」だと思うんですよ。
 表現て基本的に自由であるべきだと思うので。
 まあ時と場合、手段は考えたほうが良いのはもちろんでしょう。

 ただ、全ての意見とか表現が公正に発表する機会を与えられているならともかく、現実には資本力によって機会も規模も差が出て来る訳です。
 批判はその「不公正さ」にも向けられてるんじゃないかなと思ったりします。
 
 他には昔萩本欽一さんが言ってましたが、舞台で女性の芸人さんを叩いたり突き飛ばしたりするのは非常に難しいらしいです。
 例えば押されて倒れる時も、派手かつ痛くないようなリアクションが要求されるわけです。
 そうしないとお客さんが引いてしまうらしいんですよね。
 そんなことも思い出しました。
 
 *

 電子書籍で桜玉吉さんの「漫喫漫玉日記 四コマ便」を購入しました。
 なんとかこのまま復活して欲しいんですが、何かの拍子にまたガクンと行きそうな綱渡り感が。
 励ますとかえってまずいような気がするので、購入して応援します。
 

お金というものは

 普通に生活していても突然出て行く時は出て行く。
 しかも決まってそういう時は集中してやって来ます。

 コピー機のトナーが無くなったので注文した所、なんとこの機種のものはもう生産中止になっており、あとは在庫のみだそうです。
 2005年製のものだから、もう9年働いてくれたわけですね。
 故障らしい故障も無く、未だ現役で働いてくれていますが、消耗品が無くなってはお手上げというもの。

 

 ここの所データの作業になって、コピー機の重要性ってあまり無くなってるんですよね。
 重要なのはスキャナのほうで。
 
 インクのカートリッジも安くないですし、リースを検討してみましょうかねえ。
 さしあたってギリギリまでは使いますが、こういうのってメーカーに強制的に買い替えさせられているようで嫌だなあ。

 *

  阪神が20勝に到達した。
 
 『1-1の七回に代打関本の中越え二塁打で勝ち越し、九回は代打今成の1号2ランで突き放した。鶴は今季初先発で6回1失点と粘り、今季初勝利。ヤクルトのナーブソンは打線の援護がなく2敗目を喫した。』

 気がつけば関本もベテランですね。
 10年前、当時の濱中と並んでタイガースを背負って立つ選手になるのではと思ってたんですが、考えてみればこれだけ長くプロの世界で食べていけるというのは凄いことなんですよねえ。

 余人は色々と言うでしょうが、スター選手にはなれなくともバント職人の川相昌弘選手みたいに「要求された仕事をきっちりこなす」こともプロの姿のひとつでしょうね。
 私はどちらかというとこんな選手のほうに共感してしまいます。

 に、しても今年のタイガースは微妙に強いですね。
 開幕前は不安要素しかなかったんですが、蓋を開けてみると意外とまとまっていると言うか。

 しかし、カープのほうが強くて目立たないというのがまた不思議。

膝痛

 なんとなく痛みも引いたので早速ジョギングに出かけたのですが、公園を一週もしないうちに違和感を感じて来て断念しました。
 治りかけにすぐ負担をかけていると回復が遅いかなあ。
 
 体重は微増。
 500gくらいであれば日常生活で変動する範囲でしょうが、気を付けないといけません。

 *

 「エンターブレイン」が電子書籍のサイトeBookで販売を開始したので、早速唐沢なをき先生の「まんが極道」を購入して読んでみました。
 前から興味あったんですが、これがとても面白い。
 笑って読んでるうちになんだか胸が痛く・悲しい気分になってきます。
 「ここで描かれているのは自分であって、やがて自分もこんな末路が待ってるんだろうなあ」という感じ。
 永島慎二さんの「漫画家残酷物語」も読んでみましたが、こちらはさらに鬱。
来訪者数
愉快な仲間たち
プロフィール

藤栄道彦

Author:藤栄道彦
漫画家 藤栄道彦です。
月刊コミックゼノン
「コンシェルジュ
 インペリアル」

月刊コミック@バンチ
「最後のレストラン」

くらげバンチ
「妖怪の飼育員さん」
連載中です。

「コンシェルジュ」全21巻
「コンシェルジュプラチナム」全10巻
「コンシェルジュインペリアル」1〜4巻
「最後のレストラン」1〜8巻
「妖怪の飼育員さん」1巻
発売中。

Twitter「@michihikotoei」
michihiko1971@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。