スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラえもんトースター

 今まで毎朝、パンは焼かずにバター乗っけて食べてたんですが、やっぱり焼いたパンに溶けたバターのほうがおいしいですよね。
 そんなわけで買ってみました。

 2013-9-26.jpg

 結構綺麗にドラえもん浮き出るものですねえ。
 
 しかも、「大山ドラえもん」なのも良いですよね。
 大変満足度の高い商品だと言えましょう。
 朝が楽しくなりますね。
 
 寝られればの話だけどな。

 サイズ的にどのくらいの大きさまで焼けるのかな?
 
 *

 宮崎駿、『風立ちぬ』と同じ百田尚樹の零戦映画を酷評「嘘八百」「神話捏造」

 『 「今、零戦の映画企画があるらしいですけど、それは嘘八百を書いた架空戦記を基にして、零戦の物語をつくろうとしてるんです。神話の捏造をまだ続けようとしている。『零戦で誇りを持とう』とかね。それが僕は頭にきてたんです。子供の頃からずーっと!」

 「相変わらずバカがいっぱい出てきて、零戦がどうのこうのって幻影を撒き散らしたりね。戦艦大和もそうです。負けた戦争なのに」』 

 『「堀越さんの書いた文章っていうのは、いろんなとこに配慮しなきゃいけないから、本当のことは書かないんだけど、戦争責任はあるようだけれども自分にはないと思うって書いています。面白いでしょう? 僕はこの人は本当にそういうふうに思った人だと思います」と弁護。』

 『「僕は思春期の頃、親父と戦争協力者じゃないかってもめた経験があるんですけど。そうやって断罪していくと、ほとんどの人が戦争協力者だと言わざるをえない。隣の韓国とか北朝鮮とか中国とかフィリピンとかインドネシアとかね、そういう側から考えると、それは加害者であるという」と話し、「職業をもつということは、どうしても加担するという側面を持っている。それはもうモダニズムそのものの中に入ってるんだと思ってるんです」と、到底美談では語れない戦争の加害性について論及している。』


 「風立ちぬ」も嘘八百ですよね監督。

 う〜ん、この記事だけだと宮崎監督が「零戦に誇りを持とう」という考え方の何を批判しているのかわからないので、コメントの仕様がありませんね。
 「当時の日本は優れた技術力を持った工業国だった」とか、「優れた製品を作り出す日本人の優秀さ」といった考え方がいかんということなのかな?
 でも、それだと「負けた」から全て否定されるというのもおかしな理屈だし…よくわかりません。
 
 「架空戦記」が嫌いなのはわかりました。
 兵器マニアだもの、それはそうでしょう。

 私は戦争とは自然災害と同じく、「起こす」ものではなくて「起きる」ものだと考えています。
 「台風反対」と唱えてみたって台風が来ないわけじゃないですね。
 地震や津波だって誰に聞いても「いけないもの」と言うでしょうが、それは人間の都合で回避できるものじゃありません。
 だから「備える」わけです。

 組織や団体が大きくなればなるほど、個人の意志や都合とは違った所で動き始めます。
 それはもう、人の都合で回避できるようなものじゃないんですよ。
 左巻きの人達があらゆる「つながり」を破壊しようとするのも、ここらが基本思想にあるからじゃないかなと。

 人間の意志とは無関係な所で戦争が発生することを前提に据えれば、「兵器マニア」で「反戦」という、よく言われている監督のジレンマも解消できると思うんですけどねえ。
 
 まあ、こういう愚痴を「そうですねえ」と聞き流せるのが大人の態度でしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

大山ドラえもんいいっすよねぇ。
僕ら世代にとっては、あのなんとも言えない独特の声が魅力的なんだよなぁ。この声は、大山のぶ代だ!っていえる個性。他の声では、どうしても物足りない!現代は、こういうのが少なくなってきたのは残念ですね。

いい歳した老年なら、戦争が単純なもんじゃないくらい、わかっていても良さそうなもんですが、この手の人達はみんな同じようなことをいうものですねぇ。
勝手に反省でもしてください。僕は絶対に嫌です。

Re: No title

> 大山ドラえもんいいっすよねぇ。
> 僕ら世代にとっては、あのなんとも言えない独特の声が魅力的なんだよなぁ。この声は、大山のぶ代だ!っていえる個性。他の声では、どうしても物足りない!現代は、こういうのが少なくなってきたのは残念ですね。

 戦後の日本のポップカルチャーは別次元過ぎました。
 漫画だけじゃなく、主題歌や声・玩具とあらゆる業種の底知れない力を感じたものです。
 今は他の国のレベルからすると普通…なんですかねえ?

> いい歳した老年なら、戦争が単純なもんじゃないくらい、わかっていても良さそうなもんですが、この手の人達はみんな同じようなことをいうものですねぇ。
> 勝手に反省でもしてください。僕は絶対に嫌です。

 もう一旦頭の中で回路が出来上がってしまうと治療は無理です。
 左巻きの人って弱者救済を叫ぶ割に、自分の金は出そうとしないから嫌いですね。
来訪者数
愉快な仲間たち
プロフィール

藤栄道彦

Author:藤栄道彦
漫画家 藤栄道彦です。
月刊コミックゼノン
「コンシェルジュ
 インペリアル」

月刊コミック@バンチ
「最後のレストラン」

くらげバンチ
「妖怪の飼育員さん」
連載中です。

「コンシェルジュ」全21巻
「コンシェルジュプラチナム」全10巻
「コンシェルジュインペリアル」1〜4巻
「最後のレストラン」1〜8巻
「妖怪の飼育員さん」1巻
発売中。

Twitter「@michihikotoei」
michihiko1971@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。