スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

状況は厳しい

 しかし厳しいなりにひとつずつ作業は消化しています。
 いろいろと大切な何かを削りながら。

 

 コミックスのカラーはひとまず上げましたが、どうも出来上がりに納得いきません。
 こういう時は出来上がったものをジロジロただ眺めている時間が長く、その時間は丸々ロスになるわけです。
 
 皆さん学生の頃、数学で「わからない問題は放っておいて先へ進め」と言われませんでしたか?
 私はそれができず、解けない問題をいつまでもいつまでも考えているタイプでした。
 研究者向きかもしれませんが、限られた時間で作業をこなすタイプではもともとありません。
 描き上げたものにミスや荒さを見つけると引きずるんですよね。

 でも、数学の問題って大抵一問解けないと連鎖して解けないようになってますよね。
 始めのほうで間違うと最後まで間違うようになっている。
 あんな底意地の悪い教科無いです。

 私は数学は苦手でした。
 解けないことはないんですが、解くのが遅いんですよ。
 まあこれは問題を解く反復練習をまったくやらなかったせいもあるでしょうが。

 人生がテストと違う所は、解くのにいくらでも時間を使えるということですかね。
 正解は出せなくても良いし、そもそもどれが正解かすらわかりません。
 さしあたって注意深く丁寧にやれば、学生時代追いつけなかった秀才達とそんなに差はつかないです。
 
 学校の勉強なんてやったって無駄とは言いませんけどね。
 むしろ勉強できる時にしておくべき。
 「明日死ぬものと思って生き、永遠に生きるものと思って学べ(ガンジー)」です。

 *

 桜塚やっくん事故死、高速道ではねられ心臓破裂

 『「スケバン恐子」のキャラクターで知られるお笑いタレント、桜塚やっくん(本名・斎藤恭央=さいとう・やすお)さんが5日、山口・美祢市の中国自動車道で車にはねられ、心臓破裂のため死亡した。37歳だった。やっくんは4人を乗せたワンボックスカーを運転中、中央分離帯に衝突。路上に降りたところ、後続車にはねられたという。ボーカルを務めるバンド「美女♂men Z」の公演のため熊本県荒尾市に向かう途中、悲劇に見舞われた。
』 


 私は「エンタの神様」って全く見てなかったんですが、当時活躍してた芸人さん達は結構覚えてるんですよねえ。
 人間の運命なんて本当にわからないものです。
 お父さんの毅然としたコメントが印象的でした。

 合掌。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

学校の数学は大変ですねぇ。
受験ともなれば、チャート式の数学の問題2500題近くを解いて、解法を覚えないといけないですから。楽しい作業では決してないですね。
でも、若い頃に学んだことって、いろいろな形で役立っているんですよね〜。むしろサボってしまったことを大人になってから、後悔することの方が多いです。

No title

私は数学好きでしたね。
まあ それがこうじて建築士なんかやってるわけですが。
数字というのは本来実際に起きていることを数値に表すことなのですから
まず その問題の映像的なイメージを考えると数式が意味を持ってきます。
たとえば以前先生が一点透視の描き方を書いていましたよね。あれをPCにやらせるための数式をかんがえるのが数学なのです。だから数学って言うのは解くんじゃなくてイメージで理解するんです。

「エンタの神様」は子供たちが好きでよく見てました。ショートコントが主体でピン芸人のちょっとシュールなネタが多かったので面白かったですよ。ヤックンはいつもトリでしたね。
若い人が亡くなるってさびしいことですね

合掌

がんばってください

トイレが落ち着くので昔からトイレにはマンガ本とかが常備されています。

田舎に住む高齢(77歳)の母が大病を患い、術後経過のために定期的に上京し次男の我が家でしばらく過ごすのですが、普段マンガを読まない母が、トイレにある「コンシェルジュ」を読み、「面白いからこっちにいる間貸して」と。
なので「ほか田舎の近くの商店街があの状態だから、こっちの方がいいんじゃない?」と「コンシェルジュプラチナム」を貸し、面白く読んでいました。
もっともマンガ自体を読み慣れてないからか、異なる二つの事象を提示しそれが絡んで一つに繋がる、という手法が読みにくかったらしいのですが。

マンガを読まない77歳の母が興味を持ち面白いと言わせる先生の力量に改めて感服いたしました。

締め切りで状況は厳しいようですがファンを増やしましたので頑張ってください。(とはいえ母がコミックスを買うことはないようですけど・・・)

Re: No title

> 学校の数学は大変ですねぇ。
> 受験ともなれば、チャート式の数学の問題2500題近くを解いて、解法を覚えないといけないですから。楽しい作業では決してないですね。
> でも、若い頃に学んだことって、いろいろな形で役立っているんですよね〜。むしろサボってしまったことを大人になってから、後悔することの方が多いです。

 「パズルみたいで好き」という人も多いですからね数学。
 ロボットを作りたいとか医者になりたいとか、そっち方面に進むつもりだったらもっと身が入っていたと思うんですけどね。

Re: No title

> 私は数学好きでしたね。
> まあ それがこうじて建築士なんかやってるわけですが。
> 数字というのは本来実際に起きていることを数値に表すことなのですから
> まず その問題の映像的なイメージを考えると数式が意味を持ってきます。
> たとえば以前先生が一点透視の描き方を書いていましたよね。あれをPCにやらせるための数式をかんがえるのが数学なのです。だから数学って言うのは解くんじゃなくてイメージで理解するんです。

 算盤をやっていた人のほうが「そうそう」と納得できるでしょうが、私にはなかなか。
 訓練が必要な教科ですから、飽きっぽいと不向きなんですよねえ。

> 「エンタの神様」は子供たちが好きでよく見てました。ショートコントが主体でピン芸人のちょっとシュールなネタが多かったので面白かったですよ。ヤックンはいつもトリでしたね。
> 若い人が亡くなるってさびしいことですね
>
> 合掌

 太く短く。
 芸人らしい人生だったと言えば言えるのかもしれませんねえ。

Re: がんばってください

> トイレが落ち着くので昔からトイレにはマンガ本とかが常備されています。
>
> 田舎に住む高齢(77歳)の母が大病を患い、術後経過のために定期的に上京し次男の我が家でしばらく過ごすのですが、普段マンガを読まない母が、トイレにある「コンシェルジュ」を読み、「面白いからこっちにいる間貸して」と。
> なので「ほか田舎の近くの商店街があの状態だから、こっちの方がいいんじゃない?」と「コンシェルジュプラチナム」を貸し、面白く読んでいました。
> もっともマンガ自体を読み慣れてないからか、異なる二つの事象を提示しそれが絡んで一つに繋がる、という手法が読みにくかったらしいのですが。
>
> マンガを読まない77歳の母が興味を持ち面白いと言わせる先生の力量に改めて感服いたしました。
>
> 締め切りで状況は厳しいようですがファンを増やしましたので頑張ってください。(とはいえ母がコミックスを買うことはないようですけど・・・)

 いや、本当にありがとうございます。

 売り上げ的にはあまり恵まれない作家ですけれど、老若男女・少しでも多くの人が読んで楽しめる物をと思って描いています。
 年配の人がスムーズに読めるよう、文字も20Qで統一してるんですよ。
 こういうメッセージをいただけることが何よりの支えです。はい。

来訪者数
愉快な仲間たち
プロフィール

藤栄道彦

Author:藤栄道彦
漫画家 藤栄道彦です。
月刊コミックゼノン
「コンシェルジュ
 インペリアル」

月刊コミック@バンチ
「最後のレストラン」

くらげバンチ
「妖怪の飼育員さん」
連載中です。

「コンシェルジュ」全21巻
「コンシェルジュプラチナム」全10巻
「コンシェルジュインペリアル」1〜4巻
「最後のレストラン」1〜8巻
「妖怪の飼育員さん」1巻
発売中。

Twitter「@michihikotoei」
michihiko1971@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。