スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面白そう

"Er ist wieder da"

 現代に蘇った「感じの良いヒトラー」が70年前と同じ主張を繰り広げる、興味深くも危険なベストセラー
 
 『私なら、「ヒトラーの復活」と訳すだろうか。原題は"Er ist wieder da"、そのまま英語にすれば、"He is here again"となる。去年出版されて、秋のフランクフルトのブックフェアで話題になり、今年1月、12刷が出た。驚愕のベストセラーだ。

"彼"というのはヒトラーのことで、なぜか2011年の夏に、ベルリン市内のとある空き地で忽然と目を覚ます。頭上には青空。敵機襲来の気配はない。横になったまま考えるが、状況が把握できない。夕べは何をしていただろうか。エファと一緒にソファに座って、そうそう、古いピストルを彼女に見せたっけ。でも、それからが思い出せない・・・。

ようやく起き上がる。総統のユニフォームの埃を払う。ちょっと頭痛がするが、けがもない。それはそうと、なぜユニフォームがこんなにガソリン臭いのだろう(注:ヒトラーの遺骸は、死後、すぐにガソリンをかけて焼却された)。

サッカーをしていたヒトラーユーゲントの少年たちに、ボルマン(ヒトラーの側近)の居所を聞いても埒が明かない。それよりも、誰も"総統"に気づかず、ハイル・ヒトラーの敬礼も忘れているとはどうしたことか!

ベルリン市街のがれきはすでに撤去されたようだ。静かで、平和で、外国人が我が物顔に歩いている。トルコ人!あれほど中立を守ると言い張ったトルコを、我々の味方に付ける説得がやっと実ったらしい。デーニッツ(海軍元帥)の功績か?いずれにしても、この明るいムードからすると、トルコ人の投入は戦況を決定的に好転させたに違いない。そうだ、まずは情報が必要だ。

そして、売店で新聞を見たヒトラーは愕然とする。2011年8月30日!!』


 日本語版はまだ出てないみたいですが、出たら読んでみたいですねえ。
 なかなか面白そうです。
 
 もともと私が人生で始めてヒトラーの存在を知ったのは、Xライダーのヒトデヒットラーだと思います。
 当時の特撮やアニメでは、敵役としてナチスドイツやナチス残党が登場する作品が多く、どこで「ナチス」という存在を認識したかは定かではありません。
 安孫子先生の「ひっとらあ伯父さん」や「魔太郎が来る」。
 鴨川つばめ先生の「マカロニほうれん荘」でもナチスドイツの服装やらなんやらが印象的な使われ方をしており、他にもあれやこれやとまあ変な話ですが、日本人には馴染みの深い題材なんじゃないかと思ったりします。

 ですのでヒトラーの描き方も多種多様、脚本家や漫画家がいろんな解釈を入れる事ができて、日本における「ヒトラー像」はステロタイプな悪人になりがちな欧米のそれと比べても面白いと思うんですよね。
 でも、こういう作品が出て来ると言う事は、少しずつ違って来てるのかなと。

 「最後のレストラン」を描く時にもちょっと調べましたが、晩年のヒトラーって病気のせいもあるのか、性格が変質しているような気がするんですよね。
 若い頃のヒトラーって、さぞかし魅力的な人物だったんだろうなと。
 言ってる事・やってる事にも皆が共感したんだろうし、だから支持された。
 そこに恐ろしさがあるんだと思うんです。

 まあできればその辺もじっくり描きたかった所ですが、いかんせんページ数が足りませんし。
 でもこの作品、題材とか切り口は面白いですけれど、映像化できるのかなあ?

 *

 ナチスドイツで思い出しましたが、「ジョジョの奇妙な冒険」アニメの評判はなかなか良いみたいですね。
 ブルーレイを買うかどうか迷うなあ。

 「うる星やつら」のブルーレイも発売されますが、ドラマでも特撮でもアニメでも、すでに自分の血となり肉となってしまってる作品のソフトって買いにくいんですよね。
 何回も見直して覚えてしまってますし。

 でも「うる星〜」は背景その他にスタッフのお遊びがたくさん入ってる作品なので、ブルーレイの高画質で見たらまた新しい発見があるかもしれません。
 そう、ドラえもんDVDのように。



 税理士さんに見てもらう書類をまとめようと思ったら、入力ができません。
 ひとまずこれは後回しにして、ネーム作業に入ります。
 
 やることが多過ぎて、いろんなことを忘れてしまってます。
 関係者の皆さん、すみません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

面白そうと言えばなかよし3月号の付録が熱いですね
先生には必要ないかと思いますが、思わず買ってしまいました、これで…



訪問お疲れさまでした、来年テンション上がる子供がたくさんいると面白いですね

No title

ヒトラー自身は何がしたかったんでしょうね?
世界征服?虐殺? ハリウッド映画じゃないからそれはないですよね。
負けっぱなしのドイツをナントカしたかっただけかと、だからドイツ人も熱狂したのでは。

現代でも負けっぱなしの国が少し勝ち始めると「わが国の〇〇は世界一ィィィィィ。」とやり始めますしねえ。


ヨコレスなんですが、たしかにあの付録はスゴイかも。

No title

スプリガンの蘇生したヒトラーは割と好きでした(^-^)

Re: タイトルなし

> 面白そうと言えばなかよし3月号の付録が熱いですね

 これからはデジタルに移行する作家さんが増えますから、失われた技術になってしまうかも…。

> 訪問お疲れさまでした、来年テンション上がる子供がたくさんいると面白いですね

 メーターが正確に表示されるようになったり、格段に完成度はアップしているんですが、違いが細か過ぎてわかってもらえるかどうか。

Re: No title

> ヒトラー自身は何がしたかったんでしょうね?

 外交的にはとりあえず、第一次世界大戦での失地の回復ですかね。
 ポーランド侵攻時に英仏との戦争に突入したのは計算外だったでしょう。

> 現代でも負けっぱなしの国が少し勝ち始めると「わが国の〇〇は世界一ィィィィィ。」とやり始めますしねえ。
 
 本当に勝ち組の国って、あまり他国に関心無いですよね。
 日本人もそうですし。

Re: No title

> スプリガンの蘇生したヒトラーは割と好きでした(^-^)

 私は水木御大の貧乏臭いヒトラーですかねえ。
来訪者数
愉快な仲間たち
プロフィール

藤栄道彦

Author:藤栄道彦
漫画家 藤栄道彦です。
月刊コミックゼノン
「コンシェルジュ
 インペリアル」

月刊コミック@バンチ
「最後のレストラン」

くらげバンチ
「妖怪の飼育員さん」
連載中です。

「コンシェルジュ」全21巻
「コンシェルジュプラチナム」全10巻
「コンシェルジュインペリアル」1〜4巻
「最後のレストラン」1〜8巻
「妖怪の飼育員さん」1巻
発売中。

Twitter「@michihikotoei」
michihiko1971@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。