スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「いいとも」終了

 「せいぜい3年といわれ」「おれはタモさんだけ駄目になればいいなと…」

 『3月31日、フジテレビ系バラエティー番組「笑っていいとも!」の最終回のテレフォンショッキングのゲストとして登場したビートたけしさん。司会のタモリさんが普段通り「今日のゲストはビートたけしさんです」と紹介すると、会場は一気に盛り上がった。』

 いやあ、たけしさんの表彰状冒頭「すべてゴーストライターが書いたものであり私は一切関係 ないことをご了承ください」
でもう爆笑です。
 毒舌でありつつも、全体としてギリギリ感を守ってるあたりさすがのバランス感覚。
 私もこういうつつき方が出来るようになりたいと思います。

 例えば旬の人間を扱うにしても、小保方晴子氏じゃなくて佐村河内氏の方を持って来るでしょう?
 私的な感想なんですけれど、ここで小保方氏のほうをつついてしまうと、笑っていいのかどうかわからない微妙な雰囲気になってしまうと思うんですよ。
 
 この辺は事件の性質の違いとかいろいろありますが、最終的には「嗅覚」だと思うんですよね。
 自分の発言に対してどんな反応が還って来るかを予想する勘の良さ。
 いえ、単に勘の良さなのか観察や勉強の成せる技なのかはわかりませんが、この鋭さがあればこそ何十年も芸能界の第一戦でやって来れたんだろうなと思います。
 「それを聞いたとき私はショックのあまり耳が聴こえなくなりました 」とか「私は思わず聴こえなかった耳が回復し」のくだりなんて、私は怖くてとても使えないフレーズです。

 でもやっぱり、滑舌は衰えられましたねえ。 
 DVDの「北野ファンクラブ」なんかであの全盛時のマシンガンみたいな話し方を聞いていると、やっぱりちょっと寂しいです。
 
 一方のタモリさんは32年間、本当に変わりませんねえ。
 子供時代の私にとって、タモリさんは「オレたちひょうきん族」とかで目にすることの多かったたけしさんやさんまさんと比べて、「いつの間にか大御所になっていた不思議なタレント」でした。
 最も、当時のタモリさんは眼帯やサングラスの特異な風貌が漫画で描かれることが多く、存在の認知はしていたんですけどね。
 主な活動の場が深夜番組だったから、漫画家はよく見ていたんですかねえ。

 80年代は日本中が笑うことに貪欲な時代でした。
 その象徴が「いいとも」であり「ひょうきん族」であり「フジテレビ」だったのだと思います。
 今、その時代がひとつ終わりを告げたということでしょう。
 32年間、お疲れ様でした。
 願わくは、次の時代がもっと「心から、明るく笑える」時代であると良いですね。

 *

 日本の調査捕鯨は条約違反 国際司法裁判所
 
『【ハーグ=宮下日出男】反捕鯨国のオーストラリアが、日本による南極海での調査捕鯨は国際捕鯨取締条約に違反するとして中止を求めた訴訟で、国際司法裁判所(オランダ・ハーグ)のトムカ裁判長は31日、日本の調査捕鯨は「研究目的ではない」と述べ、条約違反と認定、今後実施しないよう命じた。』

 う〜ん。
 今後竹島問題や、いわゆる従軍慰安婦問題にも影響を与えそうな判決ですね。
 
 まあ私も、現在の調査捕鯨の有り様は中途半端だと思います。
 ノルウェーやアイスランドのように堂々と穫るか、すっぱりやめるか、どちらかにすべきではないでしょうか。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

豪州人も莫迦ですよねえ。

公然と我ら有色人種を誹り、糾弾し、蛮族呼ばわりする口実を投げ捨てるとは。
シーシェパードの活動目的を減らしてしまうとベイル=ジャンパー、ポール・ワトソンの逃亡資金を募るのも難しくなるでしょうに。
ソースは失念しましたがミンククジラだったかの体脂肪量が減少すなわち餌が不足しており、総数は実質飽和状態にあるという話も。
ソースが出せれば良かったのですが、これを調査と呼ばずに何と呼ぶのか。
いやー、言葉の壁って凄いですねー(棒)

シーシェパードはクロマグロの保護も訴えていますのでまだ日本叩きは可能でしょうが、世界中が「SUSHI」の美味さを知ってしまった今、「魚」に対してどこまで「動物愛護主義者」の皮を被ったレイシストが銭を出してくれるものやら。

Re: No title

> 豪州人も莫迦ですよねえ。
>
> 公然と我ら有色人種を誹り、糾弾し、蛮族呼ばわりする口実を投げ捨てるとは。
> シーシェパードの活動目的を減らしてしまうとベイル=ジャンパー、ポール・ワトソンの逃亡資金を募るのも難しくなるでしょうに。
> ソースは失念しましたがミンククジラだったかの体脂肪量が減少すなわち餌が不足しており、総数は実質飽和状態にあるという話も。
> ソースが出せれば良かったのですが、これを調査と呼ばずに何と呼ぶのか。
> いやー、言葉の壁って凄いですねー(棒)
>
> シーシェパードはクロマグロの保護も訴えていますのでまだ日本叩きは可能でしょうが、世界中が「SUSHI」の美味さを知ってしまった今、「魚」に対してどこまで「動物愛護主義者」の皮を被ったレイシストが銭を出してくれるものやら。
 
 中国も結構すごい勢いで水産資源を漁ってるみたいですからね。
 近海はすでに枯渇状態らしいですし。
 なじみの魚もいつまで食卓に上っているかわかりません。

 人間がバランスを崩している以上、人間が管理しないといけない気がするんですが。
来訪者数
愉快な仲間たち
プロフィール

藤栄道彦

Author:藤栄道彦
漫画家 藤栄道彦です。
月刊コミックゼノン
「コンシェルジュ
 インペリアル」

月刊コミック@バンチ
「最後のレストラン」

くらげバンチ
「妖怪の飼育員さん」
連載中です。

「コンシェルジュ」全21巻
「コンシェルジュプラチナム」全10巻
「コンシェルジュインペリアル」1〜4巻
「最後のレストラン」1〜8巻
「妖怪の飼育員さん」1巻
発売中。

Twitter「@michihikotoei」
michihiko1971@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。