スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スターダストクルセイダーズ

 書斎に隠りっきりだと「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダーズ」をなかなか視聴できないので、ニコニコ動画のポイントを購入してみました。
 かなり良く出来ていますね。
 作画も違和感ありませんし、よく動きます。
 二十五年経ってようやく当時の荒木先生の作品をアニメに出来る所まで技術が追いついた訳です。
 感慨深いものがありますね。

 「黄金バット」のときもそうでしたが、こういう作品は他の視聴者のコメントを眺めながら見ると楽しさが増します。
 こんな時代が来るなんて当時は考えもしませんでした。

 第一話でスタンド登場時に「ペルソナ?」というコメントがありましたが、あれはゲームのほうがスタンドをパクったものです。
 ゲーム業界もそうですが、「ジョジョ」が他の作品に与えた影響は小さくありません。
 キャラクターデザインなどは置いておいても、漫画では特に「能力バトル」と言われるジャンルを確立したのが大きいですね。
 業界で長いこと不治の病とされていた「強さのインフレ」を克服できたんですから。
 抗生物質が登場したくらいのインパクトはありましたよ。

 まあでも、未だにこれに苦しんでる作家さんはいますけど。

 その「ジョジョ」も「北斗の拳」が無かったらおそらく無かったでしょう。
 そんな漫画の歴史をリアルタイムで見て来たのは幸運だった…んですかね。
 幸運だったと思うほうがお得かもしれません。

 ヒット作が時代を生むのか時代がヒット作を生むのか。
 この辺はよくわかりませんが、ヒット作が生まれるのにはその作品を受け入れる土壌みたいなものが用意されているという気がします。
 「ドラゴンボール」を生んだのは、「ジャッキー・チェン」のブームでしょうし。
 「沈黙の艦隊」の大ヒット時はアメリカに対する反感みたいなものがありました。

 この土壌が見えるようになると漫画家は楽なんだろうなあと思います。
 そんな土壌どころか、最近は原稿用紙の線も見えません。
 いや、老眼とかそういう訳ではなく「絵の引くべき正解のライン」が見えないんですよ。
 若い時は見えてたような気がするんですが。

 なんか寂しい話になってしまいましたね。

 でも、「描けるもの」は年々増えていってるんですよ。
 連載用の企画会議とかに一度に二・三本くらいずつ出せるほど。
 年齢とともに増えるアドバンテージって、そんなことくらいしかないんですかね。
 人生の残り時間を予想して、あとどれくらいの作品が描けるのかなと考えたりもします。

 やっぱり寂しい話になってしまいますねえ。 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

初めまして。
私は現時点での藤栄先生の漫画、大好きですよ。
加齢の影響はあるものだとは思いますが、
荒木先生が現役という事実もありますw
藤栄先生も、ぜひがんばってください。ずっと応援しています。

No title

後半wwなぜそんなに寂しくwww

先日、松本大洋先生の「ピンポン」を視聴していたら
主人公のペコが言っていた台詞にドキリとしまして。
『反射が反応へ変化して、現実に冒された』
これ、以前自分が感じてたイメージそのままだったんですよ。衰えを自覚して。

ですが最近は単なる「劣化」ではなく「変化」ととらえています。

以前は「反射」的にしていたことを、状況に「反応」して対応できる力を得た、と。

年齢を重ねるにつれ「クオリティをハイレベルで維持する」ことが重要になってきますね(・∀・)

No title

はるかに低いレベルでですけど、共感してしまいますね・・・。

まぁそれこそ能力変化で、能力バトルを戦いぬけということでしょう・・・。

Re: No title

> 初めまして。
> 私は現時点での藤栄先生の漫画、大好きですよ。
> 加齢の影響はあるものだとは思いますが、
> 荒木先生が現役という事実もありますw
> 藤栄先生も、ぜひがんばってください。ずっと応援しています。

 ありがとうございます。
 描くものに合わせて細かくマイナーチェンジするかもしれませんが、一貫して「読後感の良いもの」は描き続けていると思います。
 水木先生の年齢まで、現役でいたいですね。

Re: No title

> 後半wwなぜそんなに寂しくwww
>
> 先日、松本大洋先生の「ピンポン」を視聴していたら
> 主人公のペコが言っていた台詞にドキリとしまして。
> 『反射が反応へ変化して、現実に冒された』
> これ、以前自分が感じてたイメージそのままだったんですよ。衰えを自覚して。
>
> ですが最近は単なる「劣化」ではなく「変化」ととらえています。
>
> 以前は「反射」的にしていたことを、状況に「反応」して対応できる力を得た、と。
>
> 年齢を重ねるにつれ「クオリティをハイレベルで維持する」ことが重要になってきますね(・∀・)

 自分でこれから体験してみないとわかりませんが、まず老眼が来るでしょう?
 歳とって絵が歪んでくる作家さんがいるのはこれが原因じゃないかなと。
 
 宮崎駿監督みたいに、絵を自分の「ブランド」にできると良いんですけどね。
 福本先生の絵とか、もう様式美になってますし。

 デジタルが老化を救ってくれますかねえ。

Re: No title

> はるかに低いレベルでですけど、共感してしまいますね・・・。
>
> まぁそれこそ能力変化で、能力バトルを戦いぬけということでしょう・・・。

 こんなハードな能力バトル、漫画で見たこともありません。
 ハードなわりに展開は地味だったり(笑)
 
来訪者数
愉快な仲間たち
プロフィール

藤栄道彦

Author:藤栄道彦
漫画家 藤栄道彦です。
月刊コミックゼノン
「コンシェルジュ
 インペリアル」

月刊コミック@バンチ
「最後のレストラン」

くらげバンチ
「妖怪の飼育員さん」
連載中です。

「コンシェルジュ」全21巻
「コンシェルジュプラチナム」全10巻
「コンシェルジュインペリアル」1〜4巻
「最後のレストラン」1〜8巻
「妖怪の飼育員さん」1巻
発売中。

Twitter「@michihikotoei」
michihiko1971@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。