スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1975年

 私が持っている「ザ・テレビ欄」(TOブックス)から引用。
 1975年10月13日のテレビ欄です。

 2012-2-25.jpg

 ああ、この頃に戻りたい。
 戻って一日中テレビを見ていたい。
 朝から深夜まで、テレビを消しておく時間がもったいない。
 こんな時代もあったんですよねえ。

 「ピンポンパン」の酒井ゆきえおねえさんは、ひょっとしたら私の初恋の女性かもしれません。
 その後「ひらけ!ポンキッキ」と子供向け番組が続いた後に、突然小川宏ショーの「女子高生売春の実体」とか「ポルノ紙芝居」とか、刺激的な単語が並ぶ鬼畜。

 こうしてみると、時間帯の住み分けがよくわかるんですよね。
 14時・15時はお昼の後片付けを終え、夕飯にもまだ時間がある主婦向け。
 夕方になって、主婦層が見ないときは老人向け再放送。
 ゴールデンにはアニメ・ドリフ・キックボクシング・プロレスといったキラーコンテンツが並ぶ。
 
 夜になってお父さんしか見ない時間帯時間帯になると、「プレイガールQ」などのセクシー路線。
 本当、はっきりしてます。

 現代はなかなか、これだけはっきりした分け方は難しいでしょうねえ。
 当時私は四歳。
 弟は生まれてたはずだなあ。
 テレビ番組って、思い出の付箋ですよね。

 *

 書店さん向けペーパーの作業に、思ったより時間がかかりました。
 ネームもとりあえずまとまったので、これに大急ぎでラフを入れ、突貫工事で仕上げないといけません。
 
 睡眠時間を短縮するのは無理そうです。
 四時間半くらいの睡眠でもリフレッシュできるはず…なんですが、我が家の場合、必ず猫どもが起しに来ます。
 無理に起きても、机の前でダウンしている時間が発生してしまって、作業にかける時間はトータルでは変わらないです。

 あえて 寝る!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お疲れ様ですm(_ _)m
しかしすごい本があるんですねえw 私は1980年ぐらいに思い入れが強い(´∀`)
ドリフかひょうきん族か&Gメンか熱中時代か迷ってた頃www
あの頃はテレビに憎しみなど持つことなかったなあ……

No title

朝のみどりの窓口情報・・・確か、特急とかの発券状況をつらつら流してただけだと思うのですが、好きでした。
この後80年代半ばには、この番組パターンが崩れていたような気がしますね。

昔の日本家庭の形態最後の時期ってとこかなぁ。
本当、おっさんになってしまったなと感じるブツでもありますね(笑)

No title

ズンズンズンズンズンズンズンズン、ピーンポーンパーンポーン!!
懐かしいですね~。あの頃は、お姉さんというものに、純粋な憧れや恋心を抱いていたものです。女性は、ぼくらをやさしく包んでくれるんだ~!!♡・・・なんて、思っていたものです。
今じゃ、欲望むき出しの女子高生やおばさんたちにげんなりさせられっ放しですがwwwwwww。

確かにこの頃は、ずーっとテレビを見ていましたね。ドリフのエンディングの曲が流れるころになると、今日も寝なきゃいけないのか~。この後のGメンは見せてもらえないから、すっごく気になって仕方がなかったような気がします。
我が家では、「太陽にほえろ」は見せてもらえたのに、「Gメン」は何でダメだったのか、いまだに不明です。

そんな私だったのに、今じゃテレビはほとんど見ない生活。教養のないコメンテーターが、世論に受けるような発言ばかりして、嘘ばっかり言っているので腹立つばかりです。

Re: No title

> お疲れ様ですm(_ _)m
> しかしすごい本があるんですねえw 私は1980年ぐらいに思い入れが強い(´∀`)
> ドリフかひょうきん族か&Gメンか熱中時代か迷ってた頃www
> あの頃はテレビに憎しみなど持つことなかったなあ……

 各局とも、裏番組を意識して鎬を削っていましたからね。
 「良いものを作り、結果として視聴率が取れる」じゃなくて、「とにかく視聴率さえ取れれば」と安易なごまかし手法が幅を利かせるようになってしまいましたからねえ。
 開始時間を中途半端にしたり、山場にCMを入れたり…。

Re: No title

> 朝のみどりの窓口情報・・・確か、特急とかの発券状況をつらつら流してただけだと思うのですが、好きでした。
> この後80年代半ばには、この番組パターンが崩れていたような気がしますね。
>
> 昔の日本家庭の形態最後の時期ってとこかなぁ。
> 本当、おっさんになってしまったなと感じるブツでもありますね(笑)

 当時は何の魅力も感じなかった番組でさえ、こうして見ると興味をそそって仕方ありません。
 パターンが崩れてしまったのは、ビデオの普及も大きかったんでしょうね。

 泣こうがあがこうが、若返るものではありません。
 なんとかしておっさん化を楽しめる方法は無いものか。

Re: No title

> ズンズンズンズンズンズンズンズン、ピーンポーンパーンポーン!!
> 懐かしいですね~。あの頃は、お姉さんというものに、純粋な憧れや恋心を抱いていたものです。女性は、ぼくらをやさしく包んでくれるんだ~!!♡・・・なんて、思っていたものです。
> 今じゃ、欲望むき出しの女子高生やおばさんたちにげんなりさせられっ放しですがwwwwwww。

 「アイドル」に幻想を持たせるマネジメント方法も無くなって、市場は壊滅しましたからね。
 AKBとかも批判はありますが、あれはあれで正しいんだとも思うんですよ。

> 確かにこの頃は、ずーっとテレビを見ていましたね。ドリフのエンディングの曲が流れるころになると、今日も寝なきゃいけないのか~。この後のGメンは見せてもらえないから、すっごく気になって仕方がなかったような気がします。
> 我が家では、「太陽にほえろ」は見せてもらえたのに、「Gメン」は何でダメだったのか、いまだに不明です。

 「Gメン」はやや生々しいからですかねえ。
 「西部警察」なんて、ほとんどヒーロー物のノリですし。

> そんな私だったのに、今じゃテレビはほとんど見ない生活。教養のないコメンテーターが、世論に受けるような発言ばかりして、嘘ばっかり言っているので腹立つばかりです。

 ここ数年、ネットで検証ができるようになったために、わが国の知識層が薄っぺらな存在でしかないことがバレてしまいましたからねえ。
 視聴者のほうが作り手より賢いということに、いい加減気づくべきなんですよ。
来訪者数
愉快な仲間たち
プロフィール

藤栄道彦

Author:藤栄道彦
漫画家 藤栄道彦です。
月刊コミックゼノン
「コンシェルジュ
 インペリアル」

月刊コミック@バンチ
「最後のレストラン」

くらげバンチ
「妖怪の飼育員さん」
連載中です。

「コンシェルジュ」全21巻
「コンシェルジュプラチナム」全10巻
「コンシェルジュインペリアル」1〜4巻
「最後のレストラン」1〜8巻
「妖怪の飼育員さん」1巻
発売中。

Twitter「@michihikotoei」
michihiko1971@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。