スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一歩進んで二歩下がる

 ダッシュボードはだいたい形になったので、塗装することにしました。
 下地のサーフェイサーを吹く時に意外と簡単にできたので、缶スプレーでもそこそこ綺麗に仕上がるかもと。

 これが甘かった。

 2016-8-2-2.jpg

 すでに何回か失敗して、スプレー缶を何本も無駄にしています。
 何が良くなかったのかというと、まず「エナメル塗料」を選んだこと。
 この塗料は溶剤の揮発と、酸素と反応することで硬化していくのですが、乾くのが異様に遅い。
 そしてもう一つ大問題なのですが、重ね塗りした塗装を割と簡単に溶かしてしまうんですよ。

 ダッシュボードの形状も問題で、面に垂直になるようにスプレーを当てていると、必ずどこかに「流れ弾」ならぬ「流れ塗料」が当たってムラを作ってしまいます。
 仕方がないので面を部分で区切って、塗装とマスキングを繰り返して少しずつ塗っていくことにしました。
 現在第一段階終了くらいです。

 まあエナメルの塗膜はかなり分厚く丈夫なので、乾くとそれなりに綺麗になりますね。
 全体に樹脂を被せているようなものなので、下地に多少ヒビが入ってもわからないと思います。多分。

 ❇︎

 そしてもう一つ、ステアリングもカスタム中です。

 2016-8-2-3.jpg

 ナイトライダーを当時見ていた人もあの独特のステアリングの形状は覚えているでしょうが、実はシーズン1・2と3・4では少々形状が変わっています。
 シーズン3・4はグリップ部分に3本の筋彫りとグリーンの発光部分があるんですよ。

 運転席

 レプリカに乗っている人も、筋彫りはともかく意外と発光ギミックは気づいていない人が多いんですよね。
 オープニングでも一部確認できますが、劇中ではほとんどわかりません。
 結構それっぽく出来たと思います。
 あとはクリアパテで発光部分のカバーを作り、塗装して完成です。

 時間が全く足りないー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

この調子でいけば、お子さんには英才教育ができますね。
物心ついた時には、ナイトがある・・・
後は、資金と時間を作れる漢になるかどうかですね(笑)

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: コンシェルジュ インペリアル4巻

> 伊丹谷定介さんの章 大変面白かったです
> ナイト2000も楽しんでくださいな

ありがとうございます。
再登場させる機会ありますかねえ。

Re: No title

> この調子でいけば、お子さんには英才教育ができますね。
> 物心ついた時には、ナイトがある・・・
> 後は、資金と時間を作れる漢になるかどうかですね(笑)

残念ですが、木製の汽車のおもちゃに夢中です。
将来は鉄道マニアかな?
来訪者数
愉快な仲間たち
プロフィール

藤栄道彦

Author:藤栄道彦
漫画家 藤栄道彦です。
月刊コミックゼノン
「コンシェルジュ
 インペリアル」

月刊コミック@バンチ
「最後のレストラン」

くらげバンチ
「妖怪の飼育員さん」
連載中です。

「コンシェルジュ」全21巻
「コンシェルジュプラチナム」全10巻
「コンシェルジュインペリアル」1〜4巻
「最後のレストラン」1〜8巻
「妖怪の飼育員さん」1巻
発売中。

Twitter「@michihikotoei」
michihiko1971@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。