スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ようやっと

 仕事の終わりが見えてきました。
 見えてきたと言ってもまだかなり先ですし、今頃見ている場合じゃないんですが、なんとか今後の日程を立てられる段階に来ただけでも御の字というもの。

 仕事がアップしたらあれもしたい・これもしたいといつも思うんですが、大抵の場合十のうちひとつくらいしか手を着けられずにインターバルが終わります。

 とりあえず先週の「世田谷ベース」を見ていたら、焼き鳥の軍鶏だの鴨だのがやたらとおいしそうだったので、ひとつ食べに行ってみたい。
 軍鶏は食べたことが無いですねえ。

 子供のころに憧れていた料理に「豚の丸焼き」があって、たいていの場合漫画ではデフォルメされてユーモラスに描かれているんですが(目が「×」になっていたりとか)、本物はまあグロいことこの上ありません。
 死肉をむさぼるという表現がふさわしい感じです。

 すっぽんなんかもおいしいことは間違いないんですが、鍋の中に頭だの手足だの、生前の形を残したまま入っているのを見ると、食べながら気持ちが高揚しないんですよね。
 食後、なにやらしんみりしてしまう。

 まあ、ここら辺はいずれ「最後のレストラン」で扱いたいところ。

 *

 月29万円の生活保護でも苦しい 2児の母が訴える朝日記事に疑問噴出

 『 それによると、母親は2012年7月に夫と離婚し、中2の長女(14)、小5の長男(11)と3人で借家に暮らしている。しかし、養育費はもらっておらず、長女が不登校ぎみで、なかなか働きに出られないという。
生活保護は、司法書士の勧めで月に29万円ほどを受給するようになった。このうち、家賃5万4000円を除いた額で毎月やりくりをしている。
12年12月の家計簿を見ると、習い事などの娯楽費に4万円を使っているのが目立つ。長女は体操、長男は野球を習っており、月謝や道具、ユニホーム代、遠征交通費などに消えているそうだ。
また、被服費が2万円、交際費が1万1000円の出費がある。携帯電話代は2万6000円とかさんだが、これは子どもの携帯解約による違約金や自分の働き先探しにかかったと説明した。ただ、別に固定電話代2000円も支払っている。
習い事をさせるため食費は1日1500円以下に切り詰め、月に4万3000円に留めている。ただ、おやつ代7000円は別にねん出した。
それでも、1万5380円が手元に残った。これは、毎月1~3万円を長女の高校進学に備えて貯めているためだそうだ。』


 う~ん。

 字面と数字だけ見ているととても「貧困」という状態からはほど遠いように思われますが、実際に取材で接した朝日の記者さんの目から見るとまた違う何かがあった…ということなのかもしれません。
 
 この場合、親が養育できないのですから子供たちを施設に預け、母親本人はもっと安い物件に引っ越して職探しをするのがベターな選択肢ですかねえ。
 「親の貧困を子供に負担させるな」という意見もありますが、古今東西、貧しい環境から偉人や英雄、スターが出てきた逸話なんて数知れないわけで、貧困は確かに選択肢を削るけれど、完全に将来を閉ざすわけでもないんですよね。
 逆に選択肢を増やす要因になることもあるし。
 家が貧乏で、とりあえずお腹一杯ご飯が食べられれば良い→力士になる→横綱になる とか。
 
 持たざるものの負い目がハングリー精神を養い、将来多くのものを与えてくれるかもしれません。
 今目の前の貧困をとりあえず回避したために、将来もっとひどい貧困に苦しむようになったら、さらに悲劇です。

 まあやっぱり、フードスタンプなんかの現物支給に移行したほうが良いでしょうね。

 *

 さあさしあたって、今夜寝るかどうか、それが問題だ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お仕事お疲れ様です。
先生!少しは体を休めてくださいね(笑)。
休めるときに休まないと、お金はたまらないのに疲労だけがたまっていくことになりますよ。んでもって、厄年あたりで、どどっと体が壊れてしまうこともありますので、ご注意を!!!

食べ物で、原型をとどめたもので我慢できるのは、魚類くらいかな?魚の塩焼きは、人によっては死体という人もいますが、私の場合はあまり気になりません。
でも、魚類以外となると・・・・、食欲が一気に失せてしましますね。目のない豚の顔なんかがこっちを向いていた時には、コッポラ監督のB級ホラー映画ジーパーズ・クリーパーズのエンディングのようで・・・はわわわっ。

生活保護をもらって生活する人には、いろいろと理由があるのでしょうから、私なんかが偉そうなことをいえる立場にはないかもしれないけど・・・。
他人からお金をいただいて、生活する姿を自分の息子や娘に見せてしまうことに恥を感じないようではいけないと思います。子供が、自分は親に育てられているのではなく、社会に食わせてもらっていることを当然のように考えていたら、とんでもない勘違い人間のできあがりですよ。
私は貧乏でつらくても、体さえ動くなら、頑張って働きつづけますね。

No title

 『最後のレストラン』3巻、購入しました。御奴さんと園場の考え方の違いには、考えさせられました。正論だけではいけないということはもちろんですが、現代では「清濁併せ呑む」という言葉に甘えて少し秩序が乱れているように思えるところもあるので、あんまり御奴さんを嫌いにはなりませんでした。もっとも、実際に付き合ったら大変な気もしますが。ただ、こういう人は、自分を成長させてくれる人だとも思います。偉人達についての先生の考え方も興味深かったです。また、『最後のレストラン』のクオカードも当たりました。サイン入りなのが嬉しかったです。大事にさせていただきます。

No title

言っても仕方ありませんが、生活保護・・・この月収以下の家庭も沢山あるでしょうに・・・。娯楽・被服・交際で7万なんて自由になりませんがな(笑)

一応個室ありの共同生活・現物支給・ちょっと小遣い程度の待遇で、可能者は就職活動・ボランティア参加義務づけくらいはしないとダメでしょう。
働く生活より余裕を持たせたら、やる気がもともと不足してる奴の場合、働くわけがない。働くと支給が減らされるって言って、動かない奴が実際居ますしね。
やれやれ・・・。

仕事してから寝るか、寝てから仕事をするか、それが問題だ(笑)

Re: No title

> 休めるときに休まないと、お金はたまらないのに疲労だけがたまっていくことになりますよ。んでもって、厄年あたりで、どどっと体が壊れてしまうこともありますので、ご注意を!!!

 休んで自律神経が正常に働くようになると、それまで気づかなかった体の異常が「認識」されるようになって、かえって不調になるという話を聞いた事が有ります。

> 食べ物で、原型をとどめたもので我慢できるのは、魚類くらいかな?魚の塩焼きは、人によっては死体という人もいますが、私の場合はあまり気になりません。
> でも、魚類以外となると・・・・、食欲が一気に失せてしましますね。
 
 孵化途中の卵とかも私には食べられません。否定はしませんが、無理。

> 生活保護をもらって生活する人には、いろいろと理由があるのでしょうから、私なんかが偉そうなことをいえる立場にはないかもしれないけど・・・。
> 他人からお金をいただいて、生活する姿を自分の息子や娘に見せてしまうことに恥を感じないようではいけないと思います。子供が、自分は親に育てられているのではなく、社会に食わせてもらっていることを当然のように考えていたら、とんでもない勘違い人間のできあがりですよ。
> 私は貧乏でつらくても、体さえ動くなら、頑張って働きつづけますね。

 そのへんの感覚を麻痺させるのが「権利」という概念です。
 形の無いものを、さも当然に存在しているかのように語れる人達の気持ちは理解不能です。

Re: No title

>  『最後のレストラン』3巻、購入しました。御奴さんと園場の考え方の違いには、考えさせられました。正論だけではいけないということはもちろんですが、現代では「清濁併せ呑む」という言葉に甘えて少し秩序が乱れているように思えるところもあるので、あんまり御奴さんを嫌いにはなりませんでした。もっとも、実際に付き合ったら大変な気もしますが。ただ、こういう人は、自分を成長させてくれる人だとも思います。偉人達についての先生の考え方も興味深かったです。また、『最後のレストラン』のクオカードも当たりました。サイン入りなのが嬉しかったです。大事にさせていただきます。

 ありがとう&おめでとうございます。
 マイナー誌の懸賞って、本当に狙い目なんですよ。

 御奴=芸術家
 園場=漫画家

 といった感じです。

Re: No title

> 言っても仕方ありませんが、生活保護・・・この月収以下の家庭も沢山あるでしょうに・・・。娯楽・被服・交際で7万なんて自由になりませんがな(笑)

 携帯も要りませんし、おやつも要りません。
 砂糖水でも飲めばよろしい。
 習い事等もっての他です。

> 一応個室ありの共同生活・現物支給・ちょっと小遣い程度の待遇で、可能者は就職活動・ボランティア参加義務づけくらいはしないとダメでしょう。
> 働く生活より余裕を持たせたら、やる気がもともと不足してる奴の場合、働くわけがない。働くと支給が減らされるって言って、動かない奴が実際居ますしね。

 偽装離婚の可能性もありますから、住居を指定して管理するのはアリでしょうね。
 「最低限の文化的生活」というのは、休日に図書館で読書できる程度ですよ。
来訪者数
愉快な仲間たち
プロフィール

藤栄道彦

Author:藤栄道彦
漫画家 藤栄道彦です。
月刊コミックゼノン
「コンシェルジュ
 インペリアル」

月刊コミック@バンチ
「最後のレストラン」

くらげバンチ
「妖怪の飼育員さん」
連載中です。

「コンシェルジュ」全21巻
「コンシェルジュプラチナム」全10巻
「コンシェルジュインペリアル」1〜4巻
「最後のレストラン」1〜8巻
「妖怪の飼育員さん」1巻
発売中。

Twitter「@michihikotoei」
michihiko1971@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。