スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザザン ザーザザン♪

 ザザン ザーザザン♪

 私と同年代でこの歌い出しを聴いてトラウマのうずかない人はいないでしょうが、この作品て今だったらとても地上波で放送できないでしょうね。
 いや、当時でも最終回を見たスポンサー達が青くなったそうですが。

 なんで突然こんな話題を振るのかと言うと、ここの所例の改正法がらみで「漫画と表現」を巡る議論がまた少し賑やかになって来てるから。

 私としてはこの改正法が可決されても、それほど大きな変化は無いんじゃないかと思いますけどね。
 なにせ何を以って児童ポルノと認定するのか、「明確な基準」が存在しません。
 ということは判断する人間に、裁量に伴う大きな責任が発生することになり、うっかりした真似をすれば訴訟やメディアによる袋叩きも考えられます。
 まあ見せしめみたいに何作か槍玉に挙げられて忘れられるんじゃないかなと。

 *

 このへん「ヘイトスピーチ」なんて定義も出来ないものを法律で取り締まろうとしてる人たちもそうなんですが、最終的に誰がどんな権限で「ヘイト」だと判断するのか考えてるんですかねえ。
 毎日の社説でも「出て行け」がヘイトスピーチ認定されているということは、沖縄で「米軍出て行け」と言ってる人たちもヘイトですし、「原発いらない」もヘイトになります。
 よしんば一部に「殺せ」と発言する人がいたとしても、その人個人を取り締まるならともかく、団体を規制することは憲法・法律からいっても無理です。

 共通して言えるのは、法律を万能の妙薬か何かと勘違いしてないかなと。

 毎日は以前確か、日本人を侮蔑するような記事をネットで配信していたことがありましたが、こちらもヘイト認定されていいんじゃないのかな?
 あ、そうなると、国際的に日本の信頼を失墜させるような記事を量産している朝日も駄目か(笑)
 病気をネタに政治家を中傷しているコメンテーターや漫画家も駄目ですね。

 表現に携わる仕事をしている人たちが、自分たちと相容れない思想であるからと言って安易に法規制で対応させようなんて考えてしまうあたりに、この国のメディアってもう駄目なんだなとしみじみ思います。

 * 
 
 引用した記事の趣旨とはちょっと違う話になりますけれど、私は基本的に表現て自由であるべきと思うんですが、やっぱり見せる対象のことは考えておくべきだとも思うんですよね。
 冒頭のアニメとかも果たして対象となる少年たちに見せていい作品だったか?となるとやや考えてしまいます。
 子供が殺人現場をウロウロするような作品もそうなんですけれど。

 じゃあどうすれば良いのかと言うと、「そんなものを見ていたらろくな大人にならん!」と叱り付ける人間がいるべきだと思うんですよ。
 で、どうしても見たい子供は隠れてこっそり見る。

 私も好き勝手に描いているように思われるかもしれませんが、結構編集部から規制はくらってるんですよね。
 例えば台湾を国としてアジアのひとつに数えたり、毛沢東の虐殺について触れたり、キリスト教の持つ排他的な姿勢を批判したりとまあ色々。
 安徳天皇なんて、「天皇をキャラクター化するのはどうか」という理由で危うく描けなくなる所でした。
 
 私は基本的にどうしても我慢できなければいつでもやめるつもりでいますけれど、そう覚悟すると逆に柔軟に編集部からの注文に答えられるようになった気がします。
 妙な話ですが。
 それに何より、楽しみにしてくれてる読者さんのことを考えるとね。

 作品ていうのは世に出した瞬間に、作家だけのものじゃなくて編集部や出版社・読者や視聴者のものになります。
 「一緒に素晴らしい時間を共有しましょう」というのがクリエイターのあるべき姿だと思うので、自主的にせよ受動的にせよ、規制がかかるのはしょうがないかなあと。

 
 なんともとりとめの無い話になってしまいました。
 サッカーは勝利おめでとうございます。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

勝ったわけじゃなかったんですね。
「本田 決めた」とあったからてっきり。
まあいいや、とにかくおめでとうございます。

No title

おお!ザンボット3!!!最終回は自己防衛本能により記憶から消去してましたwww
あの終わり方には制作側のどんなメッセージが込められていたんでしょうかね…


ところで参院選が近づくにつれ、マスコミの世論誘導が酷くなってきたせいか
自重されていた政治ネタが若干増えてきたご様子ですが←個人的には大歓迎www
上から目線の批判コメント対応に追われることのないよう、お祈り申し上げます(´・ω・`)

No title

ああ、何か懐かしいテーマが・・・・
この作品については、富野監督の ”皆殺しの富野” という観点でおっしゃてるんだと思います。
観点は2点、死生観を大事にして欲しい、というメッセージがあっても、
社会的にそういう風潮がなければ次期を考えるべきだ。
もうひとつは、おっしゃる通り 叱る大人 = 取締機関 が必要だという事でしょうね。
前出については、クリエイターの良識でオッケーとしても、後者が難しい。
そもそも反対する人って、真剣にこういうこと考えてるんじゃなく、政治的なパフォーマンスが多いですから、とにかく反対!ってだけで、そこまで考えてないでしょうね。
赤松先生など、一般、成年誌の先生方が枠を超えて頑張ってらっしゃいますが、
コレ、本来は出版社が頑張らなきゃいかんのでは?って気もしてますが・・・
どんな仕事も苦労はつきものですが、どうぞ挫けずに頑張られて下さい。

PS.最後のレストラン、次巻が待ち遠しいです。

No title

毎週見てたわけではないですが、愛と勇気と力とが静かに眠るリアルタイム世代です。
懐かしくなってググってみたらサンライズ+ロボット=ザンボットなんですね。
子供心にザンボット3よりもキングビアルの方の合体の方にワクワクしました。
分離しておじいちゃん達は特攻してしまう訳ですが・・・

判断力の乏しい子供が見るならともかく、漫画に限らず、映画やドラマでも大人が現実か虚構か見分けつかないなら閉じ込めておいた方が良いのではないかと。

サッカーは良かったと思うのですが、渋谷で騒ぐだけの奴らも一斉検挙して留置所に放り込んでほしいと思いました。
表現規制すればこうなると証明されたわけじゃないし。


No title

上記のコメント、下記の通りです。

判断力の乏しい子供が見るならともかく、漫画に限らず、映画やドラマでも大人が現実か虚構か見分けつかないなら閉じ込めておいた方が良いのではないかと。表現規制すればこうなると証明されたわけじゃないし。

サッカーは良かったと思うのですが、渋谷で騒ぐだけの奴らも一斉検挙して留置所に放り込んでほしいと思いました。

Re: No title

> おお!ザンボット3!!!最終回は自己防衛本能により記憶から消去してましたwww
> あの終わり方には制作側のどんなメッセージが込められていたんでしょうかね…

 御大の「戦争の悲惨さ・怖さを伝える」という意図はわからんでもありませんが、アニメという媒体で描いている以上、もう少し…こう…何というか手心というか。

> ところで参院選が近づくにつれ、マスコミの世論誘導が酷くなってきたせいか
> 自重されていた政治ネタが若干増えてきたご様子ですが←個人的には大歓迎www
> 上から目線の批判コメント対応に追われることのないよう、お祈り申し上げます(´・ω・`)

 いや、かなり酷くなってきました。
 一般の人達にはマスコミに踊らされず、長期的視野に立った判断をしていただきたい所です。

 人間て自分の理解力の範囲内でしか物事を量れませんからね。
 知識ネタで10年もものを描いている漫画家が、そんじょそこらの知識人より少ない「工程」でものを考えているはずもなく。
 まあ、教養が無いと思われようがどうしようが、仕事には一切影響ありません(笑)

Re: No title

> ああ、何か懐かしいテーマが・・・・
> この作品については、富野監督の ”皆殺しの富野” という観点でおっしゃてるんだと思います。
> 観点は2点、死生観を大事にして欲しい、というメッセージがあっても、
> 社会的にそういう風潮がなければ次期を考えるべきだ。

 ですねえ。やっぱり、創り手の独りよがりになっちゃダメなんですよ。
 
> そもそも反対する人って、真剣にこういうこと考えてるんじゃなく、政治的なパフォーマンスが多いですから、とにかく反対!ってだけで、そこまで考えてないでしょうね。
> 赤松先生など、一般、成年誌の先生方が枠を超えて頑張ってらっしゃいますが、
> コレ、本来は出版社が頑張らなきゃいかんのでは?って気もしてますが・・・

 共通して言えるのは、「自分達が取り締まろうとしているものをよく理解できていない」ということですね。
 「児童ポルノ」「ネット右翼」「ヘイトスピーチ」と、レッテルを貼って理解できた気になっている。

 出版社って基本的にサラリーマンですから、余計な事はしたくないんですよ。
 それはそれで仕事の形態なんですが、寂しいですねえ。

> PS.最後のレストラン、次巻が待ち遠しいです。
 
 ありがとうございます。
 年内にもう一冊出したい所。

Re: No title

> 分離しておじいちゃん達は特攻してしまう訳ですが・・・

 映画「ヤマト」で古代達が特攻することに松本零士先生は反対していたそうですねえ。
 「若者が死んでどうする」と。
 本来なら、大人が子供達だけは守らないといけないと思うんですが。

> 判断力の乏しい子供が見るならともかく、漫画に限らず、映画やドラマでも大人が現実か虚構か見分けつかないなら閉じ込めておいた方が良いのではないかと。

 実際の人物を漫画化した作品なんか見ると、思わず本物もそうなのかと思ってしまうことはありますけどね。
 「空手バカ一代」とか(笑)
 
> サッカーは良かったと思うのですが、渋谷で騒ぐだけの奴らも一斉検挙して留置所に放り込んでほしいと思いました。
> 表現規制すればこうなると証明されたわけじゃないし。

 なんか「DJポリス」とか話題になってましたね。
来訪者数
愉快な仲間たち
プロフィール

藤栄道彦

Author:藤栄道彦
漫画家 藤栄道彦です。
月刊コミックゼノン
「コンシェルジュ
 インペリアル」

月刊コミック@バンチ
「最後のレストラン」

くらげバンチ
「妖怪の飼育員さん」
連載中です。

「コンシェルジュ」全21巻
「コンシェルジュプラチナム」全10巻
「コンシェルジュインペリアル」1〜4巻
「最後のレストラン」1〜8巻
「妖怪の飼育員さん」1巻
発売中。

Twitter「@michihikotoei」
michihiko1971@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。