スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マッハロッド・ボップ!!

 「ダットサン」、インドで復活=低価格車市場に投入-日産

 『日産自動車は15日、インドの首都ニューデリー近郊で、新興国向けに復活させた「ダットサン」の第1号モデル「GO(ゴー)」を公開した。同ブランドの復活は約27年ぶり。価格を約40万ルピー(約66万円)以下に抑え、自動車メーカー各社がしのぎを削る低価格車市場に投入する。
 カルロス・ゴーン社長は新モデル公開イベントで「日産や顧客にとって歴史的な瞬間であるとともに、インド国内の消費者にとって、車を所有する夢の実現に一歩近づいた瞬間だ」と表明した。』


 マニアックな話題になりますが、このダットサンのフェアレディって「超人バロム1」に登場する「マッハロッド」のベース車なんですよね。
 他にも「快傑ズバット」のズバッカーや「正義のシンボルコンドールマン」のマッハコンドルがこれだと言われています。
 
 この「ブランドを復活させる」って具体的にどういうことなんでしょうね?
 車を見ると、別にそのまま日産の看板で売れば良いのにと思うんですが、販売の基本理念とかターゲットとするユーザーが違うとか、そういうことなんでしょうか?
 よくわかりません。

 アメ車は一部カマロとかマスタングで復古趣味というか、レトロデザインを現代風にアレンジした車種が出ていますが、「ルパン三世」に登場する「フィアット・チンクチェント」も復活して販売されてますよね。
 フォルクスワーゲンのビートルも復活してるし。

 それぞれ過去のデザインを踏襲しつつ、今風なものを作ってると思いますが、なんで日本はこういう「レトロデザインの復活」をやらないんですかねえ。
 せっかくの財産をうまく活用できていない気がします。

 70〜80年代の日本車って、基本的にカクカクしてましたよね。
 現代の車って皆丸っこいですが、強度的に有利とか何か意味があるんですかねえ。
 トヨタの86だって、「これじゃない」と思ったお父さんたちはいっぱいいたんじゃないのかな。

 ものをデザインする時って、基本的にいらないものを削って行くそうですが、最近の車っていらないものが多すぎる気がするんですよねえ。
 プレスラインとかも無駄に複雑だし。

 もしもナイト2000を買わなかったら、その金でどんな車に乗れたか…と考えないわけじゃないですが、自分にとってあの車のデザインが究極なんですよね。
 あれ以上何も削れず、何も足せない。
 「ナイトライダー ネクスト」もあれをベース車にすれば少し違った…わけないか。
 ストーリーがつまらなかったもんなあ。

 国産車だと、「西部警察」の「マシンX」が好きなんですよね。
 クーペボディで、フロントガラスがぐっと後ろに退がったデザインが好きみたいです。
 戦艦大和を彷彿とさせるからかな?

 *

 そのナイト2000は、夏場に入ってエンジンの始動が悪くなった感じがします。
 バッテリーが不足しているというわけでもないんですが。

 キャブレターのセッティングをいじってませんから、そのせいかもしれませんねえ。
 酸素が足りてないのかも。

 あと、「タイヤノータッチ」を使ってみました。
 タイヤはノータッチで済んでも、ホイールやタイヤハウスはそうもいかないようです。
 それから駐車場の床も当然ノータッチというわけには行きませんでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

所有する喜び

こだわりの無い人はあまり気にしないんでしょうが、車とか楽器とか趣味性の強いものって、所有する喜びというか充足感に直結する部分ってあると思います。
私はまさにFIAT500(現行型)乗ってますが、大して高級な車でも無いですし凄い機能も有りませんが、人に見せる度に「(カワ)イイ車ですね!」と言われます。これはやはりデザインの力かなと。
先生のナイト2000も道行く人が振り返る車ですし。
そういえば昔の500やMINIは曲面加工によって薄い鉄板でも強度が保てるよう丸っこい形状になったという話です。

バイクとかだと今でもレトロデザインが好まれたりしますが、今の国産車は無闇に最先端を意識し過ぎてる気がして何だか味気ないですね(´・ω・`)
温故知新、一見無駄に見えてもそこに意義が見いだせればそれは無駄じゃないという事で日本のデザイナーさん達ガンバ(`・ω・´)

Re: 所有する喜び

> こだわりの無い人はあまり気にしないんでしょうが、車とか楽器とか趣味性の強いものって、所有する喜びというか充足感に直結する部分ってあると思います。
> 私はまさにFIAT500(現行型)乗ってますが、大して高級な車でも無いですし凄い機能も有りませんが、人に見せる度に「(カワ)イイ車ですね!」と言われます。これはやはりデザインの力かなと。
> 先生のナイト2000も道行く人が振り返る車ですし。
> そういえば昔の500やMINIは曲面加工によって薄い鉄板でも強度が保てるよう丸っこい形状になったという話です。
>
> バイクとかだと今でもレトロデザインが好まれたりしますが、今の国産車は無闇に最先端を意識し過ぎてる気がして何だか味気ないですね(´・ω・`)
> 温故知新、一見無駄に見えてもそこに意義が見いだせればそれは無駄じゃないという事で日本のデザイナーさん達ガンバ(`・ω・´)

 いくらお金をつぎ込んでもあの世まで持って行けるわけじゃありませんが、ま、「こんなライフスタイルを過ごしていた人なんだなあ」という記憶に残ればいいやと。
 車や家だってファッションとか身だしなみのひとつだと思うんですが、普段生活しているとそこに何らかの形で自分らしさを反映しようってあまり思いませんよね。
 だから駐車場にズラッとプリウスが並んじゃう。
 面白そうに思えないんだけどなあ。
来訪者数
愉快な仲間たち
プロフィール

藤栄道彦

Author:藤栄道彦
漫画家 藤栄道彦です。
月刊コミックゼノン
「コンシェルジュ
 インペリアル」

月刊コミック@バンチ
「最後のレストラン」

くらげバンチ
「妖怪の飼育員さん」
連載中です。

「コンシェルジュ」全21巻
「コンシェルジュプラチナム」全10巻
「コンシェルジュインペリアル」1〜4巻
「最後のレストラン」1〜8巻
「妖怪の飼育員さん」1巻
発売中。

Twitter「@michihikotoei」
michihiko1971@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。