スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

枕マニア

 かぎしっぽのお腹では飽き足らず、きじしろの背中まで枕にし始めたようです。
 この二匹、普段仲が悪いんですけどね。
 
 

 猫って寝る時に枕使いますよね。
 昔、「コンシェルジュ」のコミックスを机の上に積んでおいたら、いつの間にかかぎしっぽが枕にしていたことがあります。

 その時の写真。

 457534224_24.jpg

 韓国版のコミックスですが、何か気に入らなかったのだろうか。

 *

 宮﨑駿「大部分のアニメーションがなくても良いのではないかと思える」

 『宮﨑監督は、「アニメーションは美しい夢だと思う」と話し、「アニメイターになって50年が過ぎた。私にとってアニメーションは夢なのに、今は夢ではないビジネスの手段になる場合が多い」とし、「大部分のアニメーションがなくても良いのではないかと思える」と率直に考えを明らかにした。続けて「創造の時間を10年と表現したのは、私の創造的な時間が既に終わったと思うからだ」と告白し視線を集めた。監督は、「20~30代が私の創造的な時間だった」「この世界の秘密が何なのか分かったような気分になった瞬間、既に創造的な時間は終わったと思う」と語った。

監督は、「写真やレンズではなく目で、神経で、直接何を見て頭の中に記憶して絵を描いてこそ大きな絵を描くことができるようだ」「人々の感覚が便利になったことでどんどん劣悪になるようだ。若いスタッフたちを見てそれをしばしば感じる」と打ち明けた。』
 


 う〜ん、これは当然「自分が作るものも含めて」でしょうねえ。
 特に最近のジブリ作品はビジネスとしての意味合いが強いように思います。

 プロとしてやって行く以上、「作品」ではなく「商品」を作る必要があります。
 「商品」というのはつまり「お客さんが求めるもの」ですが、この「お客が求めるもの」と「自分が作りたいもの」をいかに一致させるかというところにプロの本道があるんですよね。

 私が好きな時代劇に「斬り抜ける」という作品があります。
 内容は大変面白いんですけれど、当時全然視聴率が取れなかったらしくて、二十話ほどで終わってしまった。
 あとでプロデューサーの山内久司氏のインタビューを読んだんですが、無意識のうちに「作品」を作ってしまったといった趣旨のことが書いてあって、なるほどなと思ったことがあります。
 
 新人さんの原稿に目を通す時も、「商品価値」をどう作るかといったアドバイスをいつもするんですが、ピンと来る人はほとんど居ませんね。
 「作品」の完成度をいくら上げても、「商品価値」の無いものは売れないんですよ。

 実際、宮﨑監督も「ぱんだこぱんだ」とか、マニアックな部類に入るクリエイターさんでしたしねえ。

 でもまあ、「無くても良い」ものならあったほうが賑やかで楽しいんじゃないのかな。
 洗練されたわずかな作品だけしか存在を許されない世界なんて楽しくないですよ。

 ああ、それにしても手塚先生が生きておられたらなあ。
 ジブリ作品とさぞ凄まじい戦いを繰り広げる姿が見られただろうに。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今は、優れたパトロンが居なさそうなので、「商品」以外を作っていける天才は存在しにくいでしょうね。
社会全体の精神的な余裕の無さ=物を持ちすぎて失うことを恐れている状態 VS 何も持っていないから、勝負連発できる=貧乏だけど昇るしかない夢だらけ状態・・・の差ですかねぇ。

手塚先生なら執拗に喰らいついたでしょうね。でも、商業的に勝つことはない気がします。きっと「作品」作りに邁進されるでしょうから。

Re: No title

> 今は、優れたパトロンが居なさそうなので、「商品」以外を作っていける天才は存在しにくいでしょうね。
> 社会全体の精神的な余裕の無さ=物を持ちすぎて失うことを恐れている状態 VS 何も持っていないから、勝負連発できる=貧乏だけど昇るしかない夢だらけ状態・・・の差ですかねぇ。

 クリエイティブな才能というのは、子供の頃にどれだけ豊かな環境に接していたかが決定する気がしますね。
 金銭的なものだけじゃなく、感受性をどれだけ刺激されたかというような。

 まあ貧乏なら貧乏で磨かれる感性もあるので、意外に世の中バランスが取れている感じです。
 
> 手塚先生なら執拗に喰らいついたでしょうね。でも、商業的に勝つことはない気がします。きっと「作品」作りに邁進されるでしょうから。

 見える…散々悪口を言った後、こっそり真似ている手塚先生の姿が。
来訪者数
愉快な仲間たち
プロフィール

藤栄道彦

Author:藤栄道彦
漫画家 藤栄道彦です。
月刊コミックゼノン
「コンシェルジュ
 インペリアル」

月刊コミック@バンチ
「最後のレストラン」

くらげバンチ
「妖怪の飼育員さん」
連載中です。

「コンシェルジュ」全21巻
「コンシェルジュプラチナム」全10巻
「コンシェルジュインペリアル」1〜4巻
「最後のレストラン」1〜8巻
「妖怪の飼育員さん」1巻
発売中。

Twitter「@michihikotoei」
michihiko1971@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。