スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホワイトデー

 や、もう、日記の更新期間が開いてしまって申し訳ありません。
 描くことが無いわけではないのですが、いかんせんここの所仕事がぎゅうぎゅう詰めでして。
 ほら、ブログとかTwitterを更新しているとやっぱり「原稿が遅れているのに、webは更新する時間があるのか」という話になるでしょう?

 いや、それにしても二月の作業量は異常でしたよ。
 「最後のレストラン」「コンシェルジュ インペリアル」の通常連載に加えて「妖怪の飼育員さん」、芳文社さんの「満点飯」。
 加えてコミックスとペーパー、確定申告。
 そんなに儲かっている訳じゃないんですが、作業量だけなんでこんなに多いのかなあ。

 かといって今現在、仕事が楽になってる訳じゃないです。
 三月分の仕事はまだこれからですからね。

 *

 息子君がインフルエンザにかかってしまいました。
 特効薬は年齢的にまだ使えないのでかわいそうです。
 私は予防接種してますけれど、流行中のはタイプが違うみたいですね。
 うちの仕事場からも二人患者が出たし、大丈夫かな?

 仕事が忙しい、どうしようもないくらい大変な時に限って必ずトラブルが起こります。
 怒ったって仕方ないんですが、まあ当然心中穏やかではありません。
 原稿を締切に間に合わせる責任は作家にある訳ですし。

 イライラというか、怒りが溜まっているのは自分でもわかるんですよね。
 爆発が導火線を通してなら途中で気がつけば消火できるんですが、何かの拍子にドカンと行きそう。
 もうちょっと自分の心とうまく向き合う工夫が必要です。

 *

 今年のバレンタイン、嫁さんのお母さんからいただいたチョコ。
 天体がモチーフです、奇麗ですねえ。

 

 こちらは嫁さんからもらったチョコ。

 2016-3-15-2.jpg


 あとは姪っ子たちからももらえました。
 ごちそうさまでした。

「最後のレストラン」ドラマ化決定

 遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
 今年もよろしくお願いします。

 19日に催された「コミック@バンチ」の新年会に参加してきました。

 

 毎年参加しているんですが、今年は描き手にだいぶ男性作家が増えてきましたね。
 「ゴーゴーバンチ」や「くらげバンチ」の作家さんもいて賑やかになりました。
 
 まあそれでも、私と「BTOOOM!」の井上先生が作家陣では一番年上なのかな?
 私はもともと作家として活動を始めたのが32の時ですから、最初から若手という意識はあまり無かったんですが、若い作家さんが多いと危機感ありますね。
 
 *

 で、すでにTwitterのほうでは告知されていますが、この春から「最後のレストラン」がドラマ化されます。

 2016-1-22.jpg

 話自体は二年くらい前に聞いてたんですが、その後動きが無かったので駄目だったのかなと思っていたんですよ。
 新年最初の日記で良い報告ができて良かったです。

 まあドラマはドラマ、私は内容に干渉するつもりはないので、どんな風に料理されるのか楽しみといった感じですね。
 追加の情報が入ったら随時お伝えしていきます。

 今年は本当、連載貧乏にならないと良いんだけど。

たぬきケーキ

 以前話していたのをお嫁さんが覚えていて、出かけたついでに買って来てくれました。

 

 おいしかったですが、私の思い出のたぬきケーキとは違いますね。
 詳しくはこちらにまとめてありますが、私の子供時代は当たり前に見かけたものです。
 町のケーキ屋さんはもちろん、ちょっとした食品を扱う商店にも並んでいました。
 たっぷりのバタークリームをチョコレートでコーティングした超こってりケーキ。
 半分くらい食べて気持ち悪くなった記憶があるんですが、たまに食べたくなる時があるんですよ。

 栃木県ローカルだと思っていたんですが、意外と全国にあるようです。
 「絶滅危惧種」と表現されていますが、まあ、そうでしょうねえ。
 ほぼバタークリームの塊だもんなあ。

 *

 「妖怪の飼育員さん」一巻と「最後のレストラン」七巻は12/9に同時発売です。
 「妖怪の飼育員さん」は自分で読んでも面白く仕上がってると思うんだけどなあ。
 新シリーズもうまく転がるようによろしくお願いします。

遅ればせながら

 

 44歳になってしまいました。
 今年は嫁さんに買ってもらったケーキをスタッフの皆でつつきました。
 今年はまだ無理ですが、来年は息子がハッピーバースデーを歌ってくれますかねえ。
 今月いよいよ一歳ですよ。

 今まで乳幼児と身近に接する機会が無くて、一歳くらいになるとあれこれ喋り出すようになるのかなと思っていたのですが、まだ無理ですねえ。
 でもこちらの言葉には反応してくれます。
 まあやっぱり、常日頃接している母親のほうが成長に気がつくの早いですよね。
 私が「○○をやった!」と喜んでいると、「前からやってたよ」と言われることの繰り返しです。

 *

 ここひと月、オリンピックのエンブレム・安保関連法案とじつに賑やかでしたね。
 ネットで新聞記事を読んでいるだけでもかなり「どうなるんだろう?」と好奇心をそそられました。
 
 個人的な所見ですが、佐野研二郎氏のオリンピックのエンブレム、あれそのもの自体は別に劇場のロゴを真似たわけではないと思います。
 ただ、疑惑が提起されてからの一連の流れがひど過ぎたと言うか、普段の仕事に臨む姿勢が安易すぎましたかねえ。

 いや、軽々に他人の仕事を批判するつもりは無いのですが、記者会見時に「世界に類の無いエンブレム」だとか「自分のデザインの集大成」だとか大言壮語してしまったり、いつ作ったのか・何のために作ったのか分からないアルファベットを掲げてみたりと国民に「何かこいつ怪しい・信用できない」と思われてしまったのが最大の失敗だったのではないかと思うわけです。
 
 ただ今回の場合、その失敗をしなかったら自体が収束したかと問われると、まったくそんなイメージわかないわけでして。
 遅かれ早かれ、破綻はやって来てたのではないかと思うんですよ。
 
 *

 もう少し詳しいことが決定したらご報告しますが、「コンシェルジュ」が職業漫画としてまたちょっぴり光栄にあずかれることになりました。
 お金にはならないけれど、良い仕事はする漫画家なのかな(笑)

ふるさと納税

 

 あまりまとまった文章じゃなくて、ちまちま出来事を書くくらいのほうが更新頻度上がりますかね。
 流行の「ふるさと納税」というやつをやってみました。
 メインはお米ですけれど、特典として味噌とか甘酒とかもついて来ます。
 これはきな粉。
 早速バニラアイスにかけていただきました。
 シリアルにかけて、牛乳と一緒に食べるのも良さそうですね。

 *

 元来野次馬の私は、ここの所のオリンピックのエンブレムの騒動について興味津々です。
 私個人の感覚からすると、あのエンブレムのデザインはあまり良くありません。
 変えられるなら変えてしまったほうが良いと思います。

 漫画家はエンドユーザーの読者を無視したらもう創作はできませんが、デザイナーはクライアントだけを見ていれば良いんですよね。
 つまり企業の担当者だけ誤魔化せれば、適当な仕事をしてもお金にはなるわけで。
 その業界の歪みみたいなものが出て来たんじゃないですかねえ。
 
来訪者数
愉快な仲間たち
プロフィール

藤栄道彦

Author:藤栄道彦
漫画家 藤栄道彦です。
月刊コミックゼノン
「コンシェルジュ
 インペリアル」

月刊コミック@バンチ
「最後のレストラン」

くらげバンチ
「妖怪の飼育員さん」
連載中です。

「コンシェルジュ」全21巻
「コンシェルジュプラチナム」全10巻
「コンシェルジュインペリアル」1〜4巻
「最後のレストラン」1〜8巻
「妖怪の飼育員さん」1巻
発売中。

Twitter「@michihikotoei」
michihiko1971@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。