スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三ヶ月ぶりの休日

 ようやっと…。
 「最後のレストラン」のコミックスの作業を終えて、三ヶ月ぶりの休日です。
 細かな仕事はまだ残ってるんですが、とにかく五月分の仕事は終了。
 皆さん、お疲れ様でした。

 ナイト2000の右ウインカーが接触不良を起こしたらしく、Ten-Oneさんに運んで見てもらいました。
 修理自体は簡単に終わったのですが、今年は回転計の設置や車検など、ダッシュボードを付けたままだとちょっと色々面倒なイベントが控えています。
 ヒビも入ってしまっているので、そちらも修理したい。

 で、一旦下ろしてもらいました。
 今後ナイト2000にはお金をできるだけ掛けないことにしているので、DIYの修理です。
 手先が器用だとこういう時に得ですね。
 
 ただ修理するだけというのも面白くないので、自分流にカスタムすることにしました。
 まず左右にエアコンのダクトを新設。
 そしてボイスインジケーター上のカウントダウンゲージを改造します。

 2014-6-18-2.jpg

 これですね。

 

 これは結構、皆思い思いの位置に設置してしまうようです。
 Ten-Oneさんだと前詰めです。
 このパーツは(も)ショップによって形状が違うので、そのままダッシュに乗せてしまうと上部が飛び出したり下に隙間ができてしまったりとうまく行かないようです。

 ちなみに劇中ではこんな風に設置されています。

 2014-6-18-3.jpg

 かなり後ろ詰めですね。
 これも劇中に合わせることにしました。
 ここはKITTの顔になる部分ですから、細かく手を入れて仕上げて行きます。

 *

 長年働いてくれていたOLYMPUSのデジカメにとうとう不調が発生しました。
 ストロボが光りません。
 とりあえず修理に持って行きますが、2005年製なので部品がもうあるかどうか。
 早く戻って来てくれないと、仕事にも差し障りが出ますねえ。

現在のナイト2000

 12月 もう今年は終わり。今年はチャンスが無かった。来年から本気出す
 年々一年が短くなって行きますね。

 七月からずっと仕事漬けで、ナイトライダー関連の作業もなかなか進められません。
 冷えて各パーツが縮まって来るためそろそろオイル漏れの気になる季節ですが、車自体は元気に走ってくれています。
 夏場よりもエンジンのかかりがスムーズになった感じですね。
 やはりあのじめっとまとわりつくような空気は、キャブレターにも良くないのでしょう。

 2013-12-1.jpg

 今年はエアコンを修理したくらいで車にはいまひとつ手を入れられていませんが、回転計を設計してもらっています。

 2013-12-1-3.jpg

 これからレプリカを作ろうという人(いるのか?)には注意が必要ですが、海外のレクトリック・ジュピター社製の計器はどちらもきちんと作動してくれません。
 イギリスにもう一社あるみたいですけどね。
 (シーズン3・4のものです。1・2のものは不明)

 特に難儀したのはスピードメーターですが、水温計も油圧計もまともに動いてくれず、唯一あてになるのは回転計と燃料計のみというお粗末さ。
 Ten-Oneさんのお客さんも水温計などを別に設置しているようです。

 夏場は特に水温計は重要になるので、「排気温」「水温」「燃料」「油圧」「油温」「kmあたり燃料消費」の計器を作ってもらっています。
 さあどんな仕上がりになるか。

続きを読む

あと一息

 

 なかなか時間はありませんが、ナイト関連の作業もこっそり進めてたりします。
 現在は懸案のスピードメーターの作業中。

 問題は低速走行時や停車時に、正体不明のノイズを拾ってとんでもない数字が表示されてしまうことなのですが、このノイズをカットするのがなかなか梃子摺る作業です。
 新たに調整した基板ではノイズはカットする事に成功。
 
 しかし、低速走行時にパルスを拾い損ねると、そのままフリーズしてしまうという問題が発生。
 一旦、表示された速度近くまで落としてやると再度動き出します。
 これを直せば今度こそ完璧なはず。

 今後カスタムを進める前に、ダッシュは一度下ろしてしまう事にします。
 ダッシュ自体に手を入れたいのもありますが、電装品はダッシュがついていないほうが手を入れやすいんですよ。
 エレクトロニクス関連がきちんと動いてこそのナイト2000ですし。

 とは言っても最初にどこの基板から手を入れるかです。
 なにせ全てまともに動いてくれませんからね、あちらさんの仕事は。

 *

 ところで、「ナイトライダー」にはオートバイも登場する事をご存知でしたか?
 シーズン4・新レギュラーRC3のバイクです。
 
 2013-5-11.jpg

 ヤマハの1980年型XT250だそうですね。
 劇中でもゴミ扱いされていましたが、すでに6・7年くらいの型落ちだったわけです。
 
 これ、セカンドカー代わりにと思ったんですが、どうですかね?
 検索しても数台しかヒットしないような機種ですが、これならレストアの必要ありません。
 ボロボロのまま乗っていれば良いわけです。

 ビンテージバイクとしての価値も無いようですし、使えなくなったらコレクターズアイテムとして飾っておけば良し。
 乗り潰すつもりで買ってしまうのもアリかなあ。

漸近線



 ほら、どんどん座標軸に近付くというあれです。
 いくら近付いても決して交わらない。
 現在のナイト2000はそんな状態です。
 いつまで経っても軸(完成)に届かない。

 今回新たに不具合が発生したのはこのカウントダウンゲージ。
 劇中では奥のほうから順次四つのゲージが転倒していきます。
 ところが、四つ目のゲージが点きません。
 漫画で言うなら「起承転結」の「起承転」まで来て、オチが空白、そんな感じ。

 このゲージは劇中にイメージが近いので、私がe-bayで購入したんですけどね。
 以前のものとは幅が違ってたらしいんですよ。
 Ten-Oneさんでわざわざ幅に合わせて設置する溝を整形してくれたんですが、作り直す事になったら整形してもらった意味が無くなってしまうような気が。

 いや、それでもLEDの交換とかで済めばいいですが、基板とか回路の不具合の可能性もあります。
 向こうの基板てとにかく作りがいいかげんですし。
 なんでこうなるのかなあ。

 それでも…。

 2013-1-25-3.jpg
 
 以前より格段に完成度はアップしています。
 スピードメーター。

 2013-1-25-2.jpg

 回転計。

 2013-1-25-5.jpg

 この基板はレクトリック社、化粧板はジュピター社のものです。
 スピードメーターは穴の位置が合わなかったのですが、その他はだいたい流用が利きました。
 まあいずれもっと頑健なものに作り替えますが。

 車に載せてスイッチオン。

 2013-1-25-1.jpg

 ほ〜ら、点いてない(涙)
 そんなにLEDなんて簡単に切れるものじゃないだろうに。
 まさか作ったヤツがプラスとマイナスの端子を間違えているとか、そんなんじゃないだろうな。
 海外製品てそういう間抜けな事もあり得るからなあ。
 緑色の「NORMAL CRUISE」のランプもちょっと気合いが足りてないし、ここの基板も新造しないとダメかもしれません。

 2012-1-25-6.jpg

 これが今回の最大の目玉、KNIGHTOUEI式スピードメーターです。

 既製品では一番下に並んでいるのは、何の意味もない9桁の数字なのですが、時計と累積走行距離計にしました。
 こっちのほうが便利ですよね。

 まあ、すぐに完成してしまったら面白くないですよ。
 ライフワークとしてコツコツやっていきます。

 *

 今月号の「月刊コミックゼノン」に「コンシェルジュ プラチナム」28話掲載です。
 今回のお話は映画「レッド・ライト」とのコラボ企画になっています。

 初めての経験でしたが、こういうのも面白いですね。
来訪者数
愉快な仲間たち
プロフィール

藤栄道彦

Author:藤栄道彦
漫画家 藤栄道彦です。
月刊コミックゼノン
「コンシェルジュ
 インペリアル」

月刊コミック@バンチ
「最後のレストラン」

くらげバンチ
「妖怪の飼育員さん」
連載中です。

「コンシェルジュ」全21巻
「コンシェルジュプラチナム」全10巻
「コンシェルジュインペリアル」1〜4巻
「最後のレストラン」1〜8巻
「妖怪の飼育員さん」1巻
発売中。

Twitter「@michihikotoei」
michihiko1971@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。